ばんぶろ



キャンプ演習@Surly Pacer

1年ぶりにキャリアを取り付けてキャンプ装備を装着してみました。
2017年はウルトラライト・バイクパッキングと、まではいきませんが、
昨年のリヤ集中過積載で、前後のバランスが悪くて、挙動が危うい仕様を、
見直し、軽量化と前後のバランスの再構築を目指しました。
(↓2016年の満載の図www)
c0070609_114354.jpg
究極、タープ泊が最も小型軽量なんでしょうが、外から丸見えと言うのは、なんだかなー。
場所によっては、朝起きたら、イノシシと添い寝してた!なんて事もあり得ますからねぇ。
やっぱりシェルターくらいは欲しいわけですよ。

折角、何万年円もするモンベルのシェルターも持ってる訳だし。
使わない手は無いよね。

c0070609_04404400.jpg
で、パッキングしたのが↑
緑色のヤツが、今回、小型化したテント(モンベル U.L・ドームシェルター)です。
ハンドルには夏用寝袋をストラップで固定してみました。

この後、ホイールを交換したのが↓(上半分しか写ってませんがw)
リヤバッグはパニアバック風に拡張して、そこに衣類などを入れてます。

c0070609_04465299.jpg
この状態で試走してみると、前後のバランスは良い、とは言えませんが、
左右に振り子のように揺さぶられる事は少なくなり、昨年に比べると全然マシです。
これなら100km走っても平気な気がします。
c0070609_04564118.jpg
キャンプするなら静かな山林を想定して、グラベルっぽい道も走ってみました。
700x32cスリックタイヤでも、踏み固められた平坦な砂利道なら、そこそこ走れました。
もう少し突っ込んで、本格的な林道では、ブレーキが効かず、下りがダメでした。楽しめません。
本気でダートを攻めるなら、ディスクブレーキが欲しいところですが、素直にMTBにした方がよさそうです。

色々、試してみましたが、この程度の荷物ならば、
巨大サドルバッグよりも、リアキャリアを付けた方が、荷物も積めて、かつ安定性も高い気がします。
キャリアダボが無い本格的ロードバイクなら話は別ですが、Pacerはダボ付いてますからね。
いい勉強になりました。
本番が楽しみ!

[PR]
by ban-g | 2017-05-12 05:31 | Surly Pacer | Comments(0)
続 ウルトラライト バイクパッキング >>


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング