ばんぶろ



SURLY PACER

c0070609_1333982.jpg

いまさらながらの「SURLY PACER」。半年前、netでチェックしたときにはフレームのあまりの重さ(フォーク950g、フレーム単体で約2kg)に閉口し、全然気にも止めなかったが、正屋で実車をチラ見してから火がついた珍しいケース(笑)

SURLY(サーリー)といえばクロモリのシングルギヤや29インチMTBなど、一風変わったフレームを造っているんだけど、そこが出してるロードフレームがPACER。「RECER」ではなく「PACER」なのは洒落なのか?実際これをレースに使おうなんていうひとは稀かもしれない。実際レース使用を前提としなければ、実に魅力的に見えてくる、不思議なフレームである。

イマドキ珍しい泥除けのダボやWレバーの台座が直付けされていたり、推奨されるラージサイズのブレーキを装着すれば、28Cのタイヤを履いたうえに泥除けまで取り付け可能だ。(泥除け無しなら32Cまで入る)20年くらい前なら、どこにでも転がっていそうなフレームだが、そのまま使おうとするとエンド幅やヘッドやステムやピラーの規格が古く、現在ではパーツが入手困難だったりするが、その点Pacerはヘッド周りはオーバーサイズのA-HEADだったり、シートピラーの径は27.2mmで、現在の主流の規格に合わせているので、パーツは入手しやすいだろう。

あと、特筆すべきは、そのカスタム化だ。flickr(海外の画像投稿サイト)でキーワード「Surly」で検索すると、沢山のカスタムSurlyが見られる。オーナー各自、思い思いのパーツを取り付けて、ホントみんな楽しんでるなーって感心させられる。これだけ楽しめてフレーム&ホークで¥71400は安いよね。。走ることはもちろん「いじっても楽しいロードバイク」それがPACERなのかもしれない。

-----------------------------------------------------------------------

後日談・・・
結局2007年1月に購入し、センチュリーライドやブルベを中心に、あちこち走り回りました。
2008年、幾度のバージョンアップ(ダウン?(笑))を経て、メカ的にも楽しんでます。

ペーサーは本格的レースには向きませんが、タイムを競わない「のんびり&ちょっぴりハイペース」のツーリングにはお勧めの一台です。

Surly Pacerで検索して来てくれるひとが多いので、俺のPacerについてはココにまとめときます。

2008年の状態
http://banblo.exblog.jp/8162950/
Surly HP
http://www.surlybikes.com/

Surly 輸入代理店 
モトクロス・インターナショナル

福岡市のsurly取扱店 正屋(masaya)
http://www.masaya.com/


2008.2.1 追記
[PR]
by ban-g | 2007-01-06 01:33 | 新車ホスイ | Comments(4)
Commented by YuFuku at 2007-01-06 21:06 x
小学校の頃(ロードマンが5~6万で売っていたような)、新聞配達で貯めた2万6000円で、初めて買ったメーカ不詳のドロップハンドルを思い出しました。今思えば、全部、鉄。無茶苦茶、重いし、Wレバーのシフトなんて、全然決まらなかったけど、自分のお金で買った喜びに溢れていました。懐かしいなぁ~。
Commented by ban-g at 2007-01-07 04:00
★YuFuKuさん
俺も最初に買ってもらったスポーツ車は今でも印象深いですよ。あれで嫌な思いばかりしてたら30年も続いてないと思います。
Commented by charibaka at 2007-01-11 21:23
これもしかして買うんですか!?
Commented by ban-g at 2007-01-14 12:47
★charibakaさん
すでに・・・
<< 下関にふぐ食べに行くぞ!ツーリング リジッドフォーク >>


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング