ばんぶろ



Surly Pacer パーツ決定

フレームが届いて1ヶ月近く悩みに悩み抜いて、ようやく決定し、正屋さんにオーダーした。1ヶ月も考え抜いた割にはあまりに平凡な構成。むしろ、ボツとなった案の方が面白いものがあった。そのいくつかを挙げてみると・・・

カンパニョーロ
シマノよりは耐久性がありそう。特にアルミの材質は一枚上手。ただしチェンやスプロケット、ワイヤーなどの消耗パーツが高価だし、地方でトラブった時には入手困難であるため却下。

Wレバー+ブレーキレバー
手元変速全盛のこの世に、今更Wレバーかよってつっこまれそうだね(笑)確かに手元変速の便利さや安全性を一度経験してしまうと、戻れなくなる。Wレバーしかなかった時代から乗ってる俺でさえ、そう思う。正確に言えばWレバーを使いたいんじゃなくて、デカくて不細工なシマノのデュアル・コントロール・レバー(名前も長いな)を使いたくなかっただけ。

だって105なんか新型になって、さらに7mmも前方に伸びてるんだよ。ハンドルやステムの長さで調整するにしても、ちびっ子フレームじゃ限界があるし・・・そんなわけで目を付けていたのが「TEKTRO R100」。見かけはカンパのレバーそっくり。カンパのレバーと言えば、ハンドルバーとの、あのスムーズなつながり。あれはいいよね。

でも、最終的に安全性を考えると、デュアル・コントロール・レバーに落ち着いた。昔みたいにWレバーで変速中に、トラックに煽れれて吹き飛ばされそうになったりするのは、もうゴメンだよ。よって却下。

シマニョーロ
シマノの変速機にカンパのレバーを組み合わせて変速させるものだが、こういうのはどうも気に入らない。よって却下。

トリプルクランク
こちらは貧脚化が急ピッチで進む俺にとっては、甘い誘惑だった。フロント30T、リア27Tはかなり魅力的だが、コンパクトクランクの34Tと比較すると、トリプル30:24(1.250)はコンパクトの34:27(1.259)とほぼ同等であり、27T以外はカバーできてしまうのであえなく却下。ただしシマノのコンパクトドライブの味気ないデザインはいただけない。最も安価なティアグラグレードが一番キレイなデザインなのはなぜ?

スギノ コスペア(クランクセット)
最後まで悩んだ。美しいデザインのギヤ板とコンパクトクランクと微妙な長さの167.5mmクランク長で、ほぼ採用が決定だったが、あの精度と変速性能ではコストパフォーマンス悪すぎ。定価25000円は高過ぎるよ。

・・・・んで、結局、シマノ105(5600)とR600シリーズをメインにPacerらしさを出しながら、パーツを選んでみた。結果的には面白みに欠けるのかもしれないが、使い勝手は良いのではないかと思う。詳しいパーツの詳細はまた後日報告するとしよう。
[PR]
by ban-g | 2007-02-20 02:31 | Surly Pacer | Comments(4)
Commented by YuFuku at 2007-02-20 07:14 x
いよいよですね。新しい自転車。
私も、中古のフレームで快速街乗りロードを組んでみました。モデルチェンジで安くなったカンパの旧モデルのコンパクトクランクに105ベースです。
あれこれ悩んで、イジっているときが一番楽しいような。
Commented by amber at 2007-02-20 23:15 x
組み上がるのが楽しみです。
Wレバー、渋くていいんじゃないでしょうか?!
Commented by ban-g at 2007-02-22 13:00
★YuFuKuさん
mixiで新車拝見しましたよ。
カンパのクランクが細身でかっこいいです。
Commented by ban-g at 2007-02-22 13:01
★amberさん
結局Wレバーはストレスになるので使わないことにしましたよ。
<< おぐに500告知 石見ライド02 >>


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
お気に入りブログ
以前の記事
記事ランキング