ばんぶろ



更なるローギヤ比化(後編)

FC-5603ホローテックⅡ105クランク、BBをフレームから取り外す。テーパータイプのBBではチェンリングの反対側のフェイスカットして塗装を剥いだフレームの端面がむき出しになるので、後で塗料でカバーしなくてはならない。

以前、MTBで使っていた四角BBを再利用。ねじ部に付いた古くなって、固まったグリスを真鍮のワイヤーブラシで落とし、洗油できれいにして、エアを吹き付け、新らしいグリスをタップリ塗って、フレームに取り付ける。

この時、ねじは手で回せるくらいスムーズに回るのが本当。(最後はトルクを掛けないといけないのでレンチを使うけど)無理な力が必要なようなら、異物を噛んでる可能性が大きい。ジャリジャリした感じもよくない。この場合はもう一度バラして、異物を取り除いて組み立てる。
c0070609_2223073.jpg

さて、Truvativクランクの純正アウター52Tとインナー30Tを取り外しFSAの48TとXTRの26Tに交換。これでフロントのキャパシティは22となるので、FD5603 105トリプルフロントディレーラーのキャパシティ20を超えてしまうが、どうなることやら?この辺は試してみないと分からない。
c0070609_2452885.jpg

クランクにアウターを取り付けようとすると、チェーン脱落防止のピンがクランクアームと干渉している。このままでは取り付けられないので、ヤスリでピンを現物合わせしながら少しずつ削っていく。干渉しないことを確認して組み立て完了。
c0070609_246945.jpg

続いて、BBに組み付けチェーンライン確認。今のところフレームとの干渉などの異常は無し。ついでにキャパシティ不足のRD-5600GS(105ロングアーム キャパシティ37T)からRD-M570(2003年式LX キャパシティ43T)に、チェーンも新品の9速チェーンに交換。

フロントディレーラーを適当な位置に取り付けて、変速テスト。が!ここで異常発生!!フロントディレーラーの動きがどこかに干渉しているようで、明らかに変だ。調べてみるとアウター48Tとミドル42Tの歯数の差が少ないため、ディレーラーの羽とチェーンリングが干渉している。(文章では分かりにくいので動画を見てください)

FDの位置をアウターに合わせると・・・



FDの位置をミドルに合わせると・・・


色々試してみたが、あちらを立てれば、こちらが立たず。この組み合わせでは、まともな変速は無理のようだ。仕方なく、アウターを52Tに戻して再テスト。今度はアウター、ミドル間の変速は問題なし。ただしインナー側に落としたときのキャパシティはギリギリだが、なんとかいけそうな雰囲気。

しかしアウター52Tなんて、FC-5603の50Tよりもハイギヤードじゃないか!(笑)とりあえずBBは脱ホローテックⅡ出来たが、これじゃ改造する意味が半減。所詮メーカーのお仕着せギヤの束縛からは逃れられないってことなのか?

気を取り直してテストライド。アウターからミドル間はFC-5603に比べると劣るが、ほぼ満足のいく範囲で変速。しかしインナーからミドル間は、うーん・・・・ミドルに上げる際に一瞬もたつくことが多く、最悪の場合、チェーンが脱落してしまうことが何度かあった。

Wレバー仕様なので、フロント側の位置決めは、かなりいい加減なものなのだが、FC-5603では全く無かった現象だ。それくらい最新のシマノのフロント変速は卓越した性能を持ってるってことなのだが・・・・。やはり性能を維持するには、ギヤ構成はメーカー推奨を守らなくてはならないのか?ここでもメーカーの呪縛が・・・

ギヤ比の面はF26 X R32は軽すぎて、実際は30Tでも十分なような気がする。これは今度、純正の30Tに戻して再テストしてみよう。

あっ、そういえば初代XTRのフロントディレーラーを持ってたな。どこに仕舞ったかな?使えるなら48Tアウターも可能かもしれない。探してみよう。
c0070609_3162416.jpg

見た目はFC-5603より、こっちの方が好み♪なんだけどなー・・・・・
[PR]
by ban-g | 2008-05-29 03:25 | Surly Pacer | Comments(2)
Commented by taka at 2008-06-03 23:08 x
こんばんは、takaです。

通常のセッティング通りアウターの上でディレラーの位置を合わせると内側のプレートがセンターに当たってしまうということですよね?確かに48T~42Tというのは歯数差が小さすぎるみたいですね・・・。センターを越える位置にFDを合わせるとアウターのチェーンに引っかからず移動できないですかね?MITB用のクランクセットとFDは私も最初考えていたんですがシートチューブとリアタイヤの隙間が狭くFDをセットできないということで断念しました。ショップでも初期のXTR用ならもしかして取り付け可能かもということでしたがすでに手に入らない状態で試すことも出来ませんでした。48T-42T-26T実現するといいですね。
Commented by ban-g at 2008-06-04 20:04
★takaさん
ご指摘の通りです。
センターを越える位置に合わせると、ギリギリ変速可能なんですが、アウター48Tだとアウターとの隙間が、とんでもなく開きすぎてしまいます。

上の画像はセンターに合わせて、アウター52Tなのですが、これでも開きすぎでしょう?。
FD5603はメーカー推奨のアウター50T-ミドル39T(キャパシティ11)でないと、まともに機能しないようです。
ミドル39Tなんていうのがあればベストなんでしょうが・・・

実はXTRのFDが出てきたので今日試してみました。
これからレポート書きます!

<< ばんじーツアー(萩) 更なるローギヤ比化(前編) >>


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング