ばんぶろ



初代XTR FD-M900発掘@これでどうだ!

前回の改造ではFD-5603との組み合わせで、仕方なくアウター52Tなんていう、でかいギヤを使う羽目になったのだが、やっぱりでか過ぎるよorzっ てんで、「自転車玉手箱」を1時間近く、探しまくってようやく「初代XTR FD-M900」を発掘してきました。

なにしろ我が家の「自転車玉手箱」は、俺がスポーツ自転車に乗り始めた頃からのパーツ(ざっと30年分)が詰まってて、探すだけでも一苦労だ。

出てきたFD-M900は螺子に少し錆が出てきているものの、まだまだ使えそうな状態。早速、磨き上げて注油して、Pacerに取り付けてみた。

アウター52T、ミドル42T、インナー26Tでも、特に問題なく変速。まずは合格だ。FD5603では、インナーに落としたときに、FDに擦れそうだったチェーンとのクリアランスに余裕がでてきた。そして問題のミドル42Tに合わせても、アウターとFDとの開き過ぎていない。これなら48Tでも、なんとかいけそうなので、早速アウター板交換。

実際に取り付けてみると、BESTとはいかないが、なかなかいい感じ。(50TくらいがBESTかな?)ただしアウター:ローやインナー:トップなどチェーンをクロスさせるとFDとチェーンが干渉してしまう。何度も調整を繰り返し、妥協点を見出し組み立て完了。この辺りはシマノの仕様かな?(涙)

ベンチテストでのミドル~インナーの変速がイマイチだが、42-26Tの落差を考えれば仕方ないか。

さて、変速の方は、まずまずの結果が出たが、今度は新たなる問題発生。FDのワイヤークランプ部とリヤタイヤとのクリアランスが狭いことに気づいた。26Cのタイヤなら問題ないが、32Cは微妙だな。これもそのうちテストしてみよう。
c0070609_20384664.jpg

[PR]
by ban-g | 2008-06-04 20:44 | Surly Pacer | Comments(4)
Commented by だい at 2008-06-05 00:22 x
30年分のパーツとは凄いですね~!
ひょっとしてそれだけで自転車が何台か組めたり?
Commented by taka at 2008-06-05 00:32 x
こんばんは。

ひとまずは取り付け成功おめでとうございます(笑)
私もセンター~インナー間のセッティングがどうしても決まりません。リアをローにした時にFDの内側プレートとこすれてしまいます。シマノの説明書だとそれでもいいみたいですが音が大きくてちょっと恥ずかしいのです(笑)ベストポジションにするとインナーからセンターへ移動させる時はレバー1回と半押しが必要です。それもすっかり慣れましたが・・・(笑)
Commented by ban-g at 2008-06-05 04:45
★だいさん
仕様がドンドン変わるので、使えそうで使えないパーツばかりですよ。それでも取っておくと、たまに使えることもあります。
Commented by ban-g at 2008-06-05 05:11
★ taka さん
俺の場合、ワイヤーを外してインナー:ローで音鳴りが出ないところを基準にセッティングを開始して、次はワイヤーを張ってアウター:トップで音鳴りしない位置に合わせています。
Wレバー仕様(フロント側はマニュアル)なのでアウター:トップとインナー:ローさえきちんと決めてしまえば、ミドルはなんとかなるんです(笑)とはいえ、満足できる当たりを出すまで1時間くらいかかりましたが・・・STIだとワイヤーの巻き取り量が決まっているので面倒ですね。FDの高さ、チェーンリングに対する平行度、ワイヤーの張り具合の3つの条件のちょっとした兼ね合いで随分フィーリングが変わるので、トライしてみてください。それでもだめならBBを交換してチェーンラインを変えるっていう技もスクエアBBの場合できます。
<< 疲れ果てました・・・orz DURA-ACE 7900シリ... >>


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング