ばんぶろ



カテゴリ:Surly Pacer( 93 )


更なるローギヤ比化(後編)

FC-5603ホローテックⅡ105クランク、BBをフレームから取り外す。テーパータイプのBBではチェンリングの反対側のフェイスカットして塗装を剥いだフレームの端面がむき出しになるので、後で塗料でカバーしなくてはならない。

以前、MTBで使っていた四角BBを再利用。ねじ部に付いた古くなって、固まったグリスを真鍮のワイヤーブラシで落とし、洗油できれいにして、エアを吹き付け、新らしいグリスをタップリ塗って、フレームに取り付ける。

この時、ねじは手で回せるくらいスムーズに回るのが本当。(最後はトルクを掛けないといけないのでレンチを使うけど)無理な力が必要なようなら、異物を噛んでる可能性が大きい。ジャリジャリした感じもよくない。この場合はもう一度バラして、異物を取り除いて組み立てる。
c0070609_2223073.jpg

さて、Truvativクランクの純正アウター52Tとインナー30Tを取り外しFSAの48TとXTRの26Tに交換。これでフロントのキャパシティは22となるので、FD5603 105トリプルフロントディレーラーのキャパシティ20を超えてしまうが、どうなることやら?この辺は試してみないと分からない。
c0070609_2452885.jpg

クランクにアウターを取り付けようとすると、チェーン脱落防止のピンがクランクアームと干渉している。このままでは取り付けられないので、ヤスリでピンを現物合わせしながら少しずつ削っていく。干渉しないことを確認して組み立て完了。
c0070609_246945.jpg

続いて、BBに組み付けチェーンライン確認。今のところフレームとの干渉などの異常は無し。ついでにキャパシティ不足のRD-5600GS(105ロングアーム キャパシティ37T)からRD-M570(2003年式LX キャパシティ43T)に、チェーンも新品の9速チェーンに交換。

フロントディレーラーを適当な位置に取り付けて、変速テスト。が!ここで異常発生!!フロントディレーラーの動きがどこかに干渉しているようで、明らかに変だ。調べてみるとアウター48Tとミドル42Tの歯数の差が少ないため、ディレーラーの羽とチェーンリングが干渉している。(文章では分かりにくいので動画を見てください)

FDの位置をアウターに合わせると・・・



FDの位置をミドルに合わせると・・・


色々試してみたが、あちらを立てれば、こちらが立たず。この組み合わせでは、まともな変速は無理のようだ。仕方なく、アウターを52Tに戻して再テスト。今度はアウター、ミドル間の変速は問題なし。ただしインナー側に落としたときのキャパシティはギリギリだが、なんとかいけそうな雰囲気。

しかしアウター52Tなんて、FC-5603の50Tよりもハイギヤードじゃないか!(笑)とりあえずBBは脱ホローテックⅡ出来たが、これじゃ改造する意味が半減。所詮メーカーのお仕着せギヤの束縛からは逃れられないってことなのか?

気を取り直してテストライド。アウターからミドル間はFC-5603に比べると劣るが、ほぼ満足のいく範囲で変速。しかしインナーからミドル間は、うーん・・・・ミドルに上げる際に一瞬もたつくことが多く、最悪の場合、チェーンが脱落してしまうことが何度かあった。

Wレバー仕様なので、フロント側の位置決めは、かなりいい加減なものなのだが、FC-5603では全く無かった現象だ。それくらい最新のシマノのフロント変速は卓越した性能を持ってるってことなのだが・・・・。やはり性能を維持するには、ギヤ構成はメーカー推奨を守らなくてはならないのか?ここでもメーカーの呪縛が・・・

ギヤ比の面はF26 X R32は軽すぎて、実際は30Tでも十分なような気がする。これは今度、純正の30Tに戻して再テストしてみよう。

あっ、そういえば初代XTRのフロントディレーラーを持ってたな。どこに仕舞ったかな?使えるなら48Tアウターも可能かもしれない。探してみよう。
c0070609_3162416.jpg

見た目はFC-5603より、こっちの方が好み♪なんだけどなー・・・・・
[PR]
by ban-g | 2008-05-29 03:25 | Surly Pacer | Comments(2)

更なるローギヤ比化(前編)

ここのところ病気ネタや夕飯ネタばかりでしたが、ようやくメカいじりができるくらいに回復してきました。やっぱり「ばんぶろ」は、こうでなくちゃね!(笑)

まずはパンクしていた前輪のパンク修理から・・・orz
パンクしたチューブを取り出してみると、以前パンクしたところと同じバルブの根元辺りに穴が開いた。ホイール(リムテープ)かタイヤに原因はないかと調べてみたが、それらしきモノは見つからず・・・とりあえず、パッチ張って、チューブ入れて修理終了。

さて、これからが本番!以前から交換したかったチェンホイールの交換だ。現在、使用中の「FC-5603」(105トリプル)は、50:39:30の絶妙なギヤ比と卓越した変速性能は気に入っていたのだが、BB一体式のダイレクトな踏み味が、俺の膝には強すぎるようだ。

長時間乗ると、ひとつ前のモデルの「オクタリンク」や、それ以前の「□型」のBBでは見られなかった膝の故障を連発している。これはBBとクランクが一体でないため、良い意味での「遊び」が、あるからではないだろうか?

というわけで、半年ほどかかってオークションでパーツを集めてきた。クランクは「Truvativ」の型番不明(笑)ギヤは52:42:30。コレに11-32tのスプロケットの組み合わせだと、かなりのワイドレシオ。しかしトップ側の52X11なんて、俺にとっては全くといっていいほど使い道がない!
c0070609_17552423.jpg

c0070609_17555262.jpg

そこでトップはFSAの48T、インナーは初代XTR26Tに交換して、更なるローギヤ比を狙ってみた。このインナーなら30Tで換算するとリアは37Tとなるので、かなりの効果だ。(ここまで必要かどうかは別として・・・)

後編につづくっ!
[PR]
by ban-g | 2008-05-27 17:59 | Surly Pacer | Comments(4)

禁断の32T@105使えるのか?

膝の調子が悪く、トルクが全くといっていいほど掛けられなくなった。桜らいどや平尾台クラスではフロント30、リヤ27Tで、なんとか上れたものの、回転数を上げて加速することはできず、長距離では不安だ。

そこでPacerを9速化した時からの構想には入っていたが、いよいよMTBのスプロケットを用い、よりワイドレシオ化(11-32T)に挑戦することにした。

まずは下調べ
現在使っている105リアディレーラーRD5600-GSのスペックは
対応リア・スプロケット最小/最大 11/27T
フロントギヤ歯数差 22T
トータルキャパシティ 37T


今回の仕様変更では
リア・スプロケット最小/最大 11/32T
フロントギヤ歯数差 20T
トータルキャパシティ 41T


の予定なので、どうやら使えそうもない。

使ってないMTBから11-32Tのカセット・スプロケット(CS-M750)とリアディレーラー(RD-M570)を取り外して、試しに使ってみることにした。

はじめにスプロケットを交換。XTクラスはスパイダーアームが採用され軽量には作ってあるが、やはり結構な重量がある。(300g弱?)中古なので歯の「返り」をヤスリで修正し、洗油で汚れや埃を落とすが、スパイダーアーム部は分解ができないので、清掃が面倒だ。
c0070609_17255157.jpg
歯数は11,12,14,16,18,21,24,28,32


現在取り付けている12-27Tを取り外し、11-32Tに交換。試しにリヤディレーラは105のままで装着してみた。

スペック上はキャパシティ不足で使用不可な105だが、実際試してみると、なんとかいけそうな雰囲気。試しに変速してみると、アウター(50T) X ロー(32T)でもなんとか入った。
c0070609_17315168.jpg


早速ジャージに着替えて畑-河内コースでテスト。いままでの27Tでも上れないことはなかったが、8速目が28Tになり、より楽に登れるようになった。試しに32Tも使ってみたが。こちらは更に楽チン。今まで膝が心配で失速しそうな場面でも、回転数を上げて加速することができた。これは大成果だ。

ただし1速づつの減速比が大きく、シフトチェンジの際のショックが大きいのが気になるところ。

下りでは、11Tが使えるので最高速が約10%伸びた。(もう少し直線が長いと更に伸びただろう)ちなみにリア12T換算すれば、フロントは54.54Tとなる。

注:今回の改造は膝を痛めている人にはお勧めの改造ですが、メーカー推奨の組み合わせではございません。これを参考に改造を考えてる方は「自己責任」にて行ってください。
[PR]
by ban-g | 2008-04-29 16:56 | Surly Pacer | Comments(10)

やっぱええわ

c0070609_14564854.jpg

スギ花粉がほぼ終息したので、久しぶりにPacerでお出かけ。遠賀川河川サイクリングロードから波津に抜け、海岸線沿いのサイクリングロードを60kmほど走って帰ってきました。もうクシャミも鼻水も出ません。いい季節になりました。春だねぇ~。
[PR]
by ban-g | 2008-03-29 15:05 | Surly Pacer | Comments(0)

やじろべえとチンカンベル@懐かしのパーツで温故知新

先日、押入れを整理してたら30年位前の自転車のパーツを発見!
c0070609_1435680.jpg

右上:チンカンベル 左下:トモダの「やじろべえ」

トモダの「やじろべー」はバッテリーランプをフロントハブに取り付けるもので、当時としては画期的大発明。ロード系のフロントライトの取付場所がない車種には必需品だった。

チンカンベルは、昔、マスプロ車(一般に市販されているマスプロダクション(大量生産)の自転車)を買うと必ず付属品として付いてきていたが、いつの間にか見かけなくなった。当時の流行はステムの首のところにタップ穴を開けた直付け。

ブルベのルールに合わせ、Pacerにも似合いそうな赤アルマイトのベルを選んで、加工して取り付けてみた。コラムスペーサーにドリルで穴を開けて、タップを立ててできあがり。ハンドルはメーターやライト、GPSで一杯なので少しはすっきりして見える。使い勝手もまずまず。
c0070609_1444227.jpg

[PR]
by ban-g | 2008-03-17 14:49 | Surly Pacer | Comments(2)

Pacer@ブレーキチューン

Pacerのブレーキの規格はいわゆる「ラージサイズ」と呼ばれるもので、泥除けや太目のタイヤを履かせるためにアーチサイズが57mmという普通のロードレーサーに採用されるサイズより大きめな特殊なサイズとなっている。

したがって、選択肢も限られアルテグラや105などのコンポーネンツから外れた規格から選ぶことになる。シマノではBR-R650やBR-R600となっている。その違いは「トーイン調整」ができるか否かである。

「トーイン調整」とはブレーキシューをリムに対しハの字に取り付けることにより制動時にシューが、食い込むようにリムに対して平行になり、より強力な制動力が得られるように調整するものである。MTBのリムブレーキでは、かなり以前から採用されていた調整方法。

昨年、Pacerを組んだ時点ではBR-A550とBR-R600のラインナップだった。違いはカートリッジシューでのシューだけの交換ができるか否か。シューは、消耗パーツであるで交換は必須。後々のことを考えカートリッジ採用のBR-R600を選んでおいた。当時、105グレードでさえ採用されていた「トーイン調整」も当然採用されているだろうと思っていたのだが、甘かった。

最近特に停車寸前の低速でのブレーキの効きに不満が出てきたので、何とかできないかと思い、いざトーイン調整しようとすると、できないことが分かった。とりあえずブレーキシューをノーマルのR55C+1から少しは効くR55C2に交換してみたが、全く効果なし。

このままじゃどうしようもないな。と、諦めかけていたとき、去年、入手したサードパーティ製のブレーキシューを思い出した。早速、パッケージを開けてみると、トーイン調整用らしきスペーサーも付属しており、取り付けてみると、見事にトーイン調整可能となった。

試乗してみると、今までとは、まるで違う効き味。効き始めから、食いつきが良く、低速では更に効き味を増す。コントロールできる幅も広がった。(本体のたわみで生ずる効きの甘さは不満があるが・・・)確か、このサードパーティーのブレーキシュー(船、スペーサーつき)は500円以下だったのではないだろうか?この金額で、ここまで性能アップできれば大満足である。

ちなみにシマノではR600からR650への進化において、3000円以上の値下げとなり、おまけにトーイン調整までできるようになっている。
c0070609_249311.jpg

c0070609_2492855.jpg

とりあえず、制動力が必要なフロントブレーキだけを改造して、リヤはそのままにしておいた。カンパでは、わざわざリアだけシングルピボットとし、制動力を落としているので、こういうのもありなのでは?

これからPacerを組むひとは「トーイン調整」ができる「BR-R650」が絶対お勧め!
現在「BR-R600」や「BR-R500」を使用中で、ブレーキの効きに不満がある人は、シマノのスモールパーツでBR-R650用「カートリッジタイプブレーキシューセット」交換するといいかも。(自己責任でお願いします)
[PR]
by ban-g | 2008-03-03 02:50 | Surly Pacer | Comments(6)

申告ならず・・・・orz

天気が良かったのでPacerに乗って税務署まで書類を運ぶことにした。走り出すと天気はいいが、風が冷たく、しかも強い。この時期、スギ花粉や黄砂などアレルギー持ちには大敵がブンブン飛び出す。

1時間弱、走って税務署に着く頃には軽いアレルギー反応。目が痒い。今年は大丈夫かなって思っていたのにな。

署内に入って書類を提出。係りの女性が、書類をチェック。ものの見事に捺印が抜けとりました。再提出です。はい。orz

とぼとぼと帰路に着く。一体何にしに来たのやら???。そう、サイクリングだよ。サイクリング!いい天気じゃないか(笑)途中、バイクピット庄に寄る。買いたいものは無いが店内を物色。平日の昼間なのにお客さん多くて、庄田さん忙しそう。

初めて会う、数人の常連さんらしき方々としばし談笑。俺みたいに税務署帰りの人もいたよ。店の前には昔懐かしいYETI ULTIMATEが停めてあり、オーナーさんと話に花が咲いた。20年前くらいのフレームだが当時は目玉飛び出すくらいの価格だってのよね。これ。(実は俺も一台、まだ新品のフレーム持ってます。しかもYETIに直接オーダーした。多分日本に一台しかない赤フレームです)
c0070609_2405349.jpg


店を後にして家に帰り着く頃には、花粉症が爆発!目玉が痒くてたまらない!急いで耐アレルギー目薬とアイボンを買ってきた。アイボンは初めて使ったけど、なかなかいい感じです。物理的にアレルゲンを取り除くから、目玉もすっきり!いい感じ!
[PR]
by ban-g | 2008-02-29 02:40 | Surly Pacer | Comments(4)

ブルベ装備@pacer

先週のコソ練@200kmで使ってよかった装備など・・・
c0070609_1245792.jpg

1.グリコCCD http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/ccd_dr.htm
10年くらい前に全日本ロード選手権のときKing三浦選手率いるキナン・ソレイユのサポートをさせてもらったときにグリコさんがスポンサーに付いてて、使ってました。選手に使用感を聞くと「胃に負担が少なく、エネルギー切れがない」とのこと。

俺も昨年から使い出したけど、飲んでる間はハンガーノックにはなりにくいのを実感。味も飲みやすい。もうこれ無しでは走れないほど。

2.ボトル型ケース
ウエパーin北九州のときに入手したもの。いままで長距離走るときはジャージのポケットに補給食や携帯工具なんか入れてパンパンになっていたのが、これにいれることで解消。見た目だけじゃなくて、軽くなった分、お尻への負担も激減。

c0070609_12453878.jpg

工具は左上からパンク修理用パッチ(Panarecer イージーパッチ)、タイヤレバー、針金、タイヤの切れ端(対カットタイヤ用)、チェーンピン(9,10速用それぞれ1本ずつ)、携帯用工具(チェーン切り、6,5,4mm六角レンチ、ニップル回し付き)、六角レンチ(6,5,4,3mm),
ガムテープ。この他にGPSやライトの交換用単三、単四電池、各4本。など。
[PR]
by ban-g | 2008-02-27 12:54 | Surly Pacer | Comments(2)

ひとりブルベ@コソ練200km(後編)

16:51
添田町でロードレーサーで、こっちに走ってくるスタッフKさんと遭遇。ブログに「仕事がひと段落したら逆走でお出迎えに出撃します!どこで出会えるか楽しみです。」とのメッセージをいただいていいましたが、まさか本当に来られるとは(笑)近くのコンビニに移動して、補給を摂ることにした。

16:53
コンビニで、おにぎり3個セットとカップ味噌汁を買って、駐車場の片隅に座ってで食事。この分だと夜間走行は避けられそうも無い。日没後、ひとりで交通量の多い、遠賀川の土手の道を走るのは心配だったが、Kさんのお陰で少し安心。
c0070609_1771017.jpg


17:02
食事を済ませ、アイウエアのレンズをクリアに交換し再スタート。往路では追い風だったが、復路では向かい風になってしまった。思うようにスピードが乗らない。最高でも27km/hくらいか?両膝とも、ほぼ限界なのでこれ以上の無理は利かない。この際、タイムは無視してゴールできることを目標に走る。土手の道は意外と信号が多くて、同じ車に何度も抜かれては抜き返すを繰り返す。なんだか気の毒。ああ・・・段々と日が落ちていく・・・鬱

17:55
いよいよ日没だ。GPSの電池切れのアラーム点灯。一旦下車して、電池交換と夜走の準備にとりかかる。今日はフロント、リアともに2灯体制だ。スタッフKさんは明るい(3Wくらい?)ライトをヘルメットに装着。これだとコーナーリングでも視界が利くし、キューシートも読めるらしい。暗闇でキューシートを読むには必需品だね。
c0070609_1802924.jpg


18:03
再スタート。後ろをKさんが走ってくれているので、とても安心して走れた。実は俺、夜、後ろから車が走って来るのが嫌いなんです。いや、恐怖といった方が近いかも知れない。土手の道なんて特に!

18:25
鬱鬱と走った遠賀川の土手道とはオサラバし、直方市街地へ入る。Kさん曰く「街中なのに意外と街灯が少ないね・・・」うーん、北九州市と比べると確かにそうかもしれない。でも土手道に比べりゃ、あたしゃ天国でしたよ。

18:31
PCのセブンイレブンはふたりとも補給の必要がないので、そのまま通過。

18:37
直方市街地を抜け、天神橋を渡ったところでスタッフKさんとはお別れ。ここまでサポートしていただき、大変、心強かったです。自分ひとりだったら膝の痛みや、暗さにめげていたかも知れません。ありがとうございました。

ここまでくれば自宅まであと僅か!がんばれ俺!!再び橋を渡って北九州市に入ったのにとっても暗いよ(笑)市内といっても一番端っこだからしかたないか。こうなりゃライトだけが頼り。少しペースを落としてクールランしながら走る。

18:53
自宅到着!
走行距離207km 11時間49分
意外と時間がかかったな・・・前半の予想では、1時間くらい早く着けそうだったけど、前半追い風に助けられた分は、後半の膝の痛みで帳消しか?orz
今回、テストしてみたパーツやテーピングの評価も出たし、いろいろ勉強になった。次回のブルベも頑張ろう!
c0070609_18593543.jpg


最後にブログを通してや、実際に応援に駆けつけてくださったスタッフKさん、スタッフSさん、応援どうもありがとうございました。

このブログを読んでブルベに興味を持った方は是非一度参加してみてください。
福岡での次回開催は4/13(200km)です。
詳しくはAudax Randonneur 福岡(AJ福岡)までどうぞ!
http://aj-fukuoka.org/
[PR]
by ban-g | 2008-02-22 12:34 | Surly Pacer | Comments(8)

ひとりブルベ@コソ練200km(中編)

・・・つづき
13:07 116km地点
PC2 ローソン若宮インター店をブログだけアップして再スタート。追い風のためスピードが乗る。市街地に入り福丸郵便局から、出てくる軽1BOXに当てられそうになった。70を越えていると思わしき爺さんドライバーは、明らかにこちらを確認せずに飛び出してきた。危ないところだった。(最近、高齢ドライバーが、ろくに確認もせずに飛び出してくるパターンが非常に多い)
ブレーキチューンしてて助かったよ。気を取り直し、再スタート。二つの小さな峠を越えると飯塚に入った。

13:36 127km地点
小腹が空いてきたので、セブンイレブン庄司店にて、おやつの時間。メニューはパンケーキとガリガリくん。胃袋は空になったので、これからは小まめに補給しないと持たない。
c0070609_13462587.jpg


13:40再スタート
飯塚市内に入り遠賀川沿いの土手を走る。ここは色んな道が交差していて、市内でも最も交通量の多い箇所なのだが、地盤が緩いためか、路肩はガタガタに盛り上がっていて、とても走れたもんじゃない。幸い信号だらけで渋滞していたので良かったが、細いみちを車が走っている脇をすり抜けると思うとゾッとする。車は路肩が荒れてるから自転車が中央線側に出てくるなんて思わないだろうからね。

14:22
嘉麻市に入る。やや狭い2車線道路。稲築高校前で、何やら後方に車の気配。端っこを走ってつもりなのだが??ふと、振り返ると、AJ福岡スタッフSさんご夫婦の運転する車でした。ブログのメッセージは読んでいたのですが、まさか本当に来ていただけるなんて!信号待ちで、少しだけ会話して再スタート。デジカメで走行中の画像を撮っていただきました。

張り切りすぎてダンシングしたら、右ひざに違和感が出てきた。こりゃやばいかな?朝から調子は良くなかったののだけど・・・これから最大の峠、嘉麻峠だというのに、ここにきて爆発か?

14:33 143km地点
店名不明のセブンイレブンにてスタッフSさん御夫婦と合流。3人で画像を撮ってブログにアップするも、(後で知ったけど)うまくいかなかったみたい。峠までは補給は足りそうなので、ここでの補給は無し。激励を受けて再スタート。
c0070609_1611612.jpg


15:18
上りに差し掛かると、膝が左右とも痛み出した。無理は禁物。これ以上悪化させないために一度、自転車を降り補給を兼ねて一休み。トリプル化し30*25Tのギヤ比で望んだが、これでもまだ役不足か?やはり27Tにしておくべきだった。9速に交換しているので、MTBのパーツを流用すれば最悪34Tまでは使える。5分ほど休んで再スタート。気が付けば補給食は底を突き、水(CCD)も残り少ない。でも峠まで着けば自販機で補給できるだろう?

15:56
嘉麻峠到着。山頂付近は、まだ残雪があった。ここの土産物屋で何か補給でもと考えていたのだが、すでに閉鎖されていた。おまけに自販機はお金を入れる部分が見事に破壊されていた。(唖然)あとは下りなので彦山駅まで辿りつけばなんとかなるだろうと、再スタート。

本格的なくだりに入り気持ちよく下っていると、今度は工事中。この山の中の道をこんなに整備しなきゃならない理由はあるのか?工事区間を過ぎ直線のくだりを飛ばしていると今度は上ってくる車を追い抜かそうと、こちらの車線にはみ出してくる馬鹿ハイエースが向かってくる!こちらはフロントライトのLEDを点滅しているので気づかないはずはないのだが、そのまま加速直進してきやがる。

こちらは減速するが、とてもじゃないが自転車が停車できる距離じゃない。あわや正面衝突か、法面に叩きつけられるかの危ういところだったが、なんとかすり抜けに成功。すれ違いざまに「○×○×!」と罵声を浴びせてやったが、あのアホの脳みそには到底届くまい。逝ってよし!

一難去ってまた一難。今度はコーナー途中で工事中ですよ。いきなりの未舗装(笑)ここまでくると笑いが出る。

やっとの思いで下り終えると、今まで追い風だったのが、今度は向かい風に・・・くだりで冷やしたのか、余計に膝がギシギシ痛みます。

添田の町を抜けたあたりで向こうからロードレーサーが走ってきます。スタッフKさんでした。
後編につづーく!
[PR]
by ban-g | 2008-02-21 16:34 | Surly Pacer | Comments(4)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
> 別府広樹さん 返信..
by ban-g at 04:27
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
> GT500さん ど..
by ban-g at 16:48
詳しく解説ありがとうござ..
by GT500 at 22:35
> GT500さん 返信..
by ban-g at 06:08
こんにちは 同じくFT..
by GT500 at 07:27
住まいは福岡県なので20..
by ban-g at 17:44
瀬戸内海なんて、かなり下..
by Katana at 05:10
> lemond乗りさん..
by ban-g at 05:02
11速のフリーは1.85..
by lemond乗り at 18:23
> lemond乗りさん..
by ban-g at 18:53
ST5600でもスプロケ..
by lemond乗り at 17:19
お役に立てたようで何より..
by ban-g at 01:23
ありがとうございます ..
by 名無し at 15:53
きょうこさん どうもあ..
by ban-g at 15:04
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:42
たかぽんのMTBでも試し..
by ban-g at 17:00
ATFを使うとはビックリ!
by charibaka at 08:30
たかぽん そうだよね~..
by ban-g at 04:51
以前の記事
記事ランキング