ばんぶろ



カテゴリ:MONGOOSE IBOC PRO( 20 )


新規開拓

里山の新規開拓してたら、いい感じのSTを発見。
新規の鉄塔用の道みたいです。
c0070609_19211628.jpg

c0070609_1922690.jpg

3時間ほど担いだり走ったりしてたら、ボトルが割れてるのに気が付き、本日はコレにて終了。
せっかく大き目のボトル持ってきたのになぁ orz
[PR]
by ban-g | 2011-02-27 19:26 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(2)

里山散策

今年はよく雪が降りますね。MTBerにとっては積雪(走れる程度)は大歓迎!ってことで近所の里山まで出かけてきました。数年前から年1ペースで通っているのですが、道らしきモノは既に廃道と化してましてw年々、自然に帰って行こうとしています。この道を通るのは、俺を含め、多分、数人ではないでしょうか?低い里山ですが、遭難したら誰も気付かれずに白骨化しそうですw
c0070609_815254.jpg

前日、スーパーディスカウントストア【トライアル】で2000円のダウンセーター。小さく畳んでスタッフバッグに入るのでMTBには持って来い!2000円なら汚れようが、破れようが構いませんよね?これがpatagoniaの2万円のダウンセーターだったら泣きますよ!当日は平地でも最低気温が氷点下だったので助かりました。
c0070609_8134259.jpg

今回は今まで使っていたルートをループにしたくて、別ルートからのアプローチ。ハンディGPSには目印を入れておいたのですが、目的地まで、道、いや地形が険し過ぎて辿りつけません。大きく迂回していると、小さな滝が現れました。半分凍ってる!

雪がだんだん深くなって(30センチくらい)、担ぎ上げでも限界になったので目的地迄登るのは諦めましたorz
c0070609_820352.jpg

一旦下山して、面白そうな枝道を片っ端から走りました。
大きな岩や風化した石碑などあり、大昔はこのあたりの山は宗教的な儀式とかに使われてたような気がします。
食料と水が尽きてきたので、今日はここまで!
半日、山に篭もって、結構収穫がありました。
家に帰ってGPSのデータをPCに移して、あーだ、こーだと反省会。
次回はループを完成させるぞ!
[PR]
by ban-g | 2011-02-15 08:26 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(0)

パンクしたので・・・

先日交換した通勤MTBの前輪がパンクしてました。
タイヤのせいというより、3年使ったチューブPanarecer XC AIRの劣化か?
とにかく、このチューブ装着時にリムに挟んでしまう事が原因のパンクが多い。
パンクしなく得ても、空気抜けも激しいチューブなので、通勤には不向き。
この際、交換することにした。
(乗り心地はいいので残念ですが・・・)

手持ちの在庫を調べると、シュワルベの新品チューブを一本発見。
5~6年前に正屋で買っておいたやつなのだが、バルブコアが外れるタイプ。
これなら、No-Tubesの注入も可能だ。

早速、バブルコアを外してタイヤに装着してNo-Tubesを注入してみると、バルブコア付とは比べ物にならない、ほぼ抵抗ゼロで注入完了。

今回は一般的XCタイヤの推奨量が60ccなのでやや大目の90cc注入しておいた。
もう一本あれば、リアも交換しておきたいところなのだが、手持ちの在庫が無い。
とりあえず、前輪だけで我慢しておくか。
これで、通勤中のタイヤトラブルはかなり防げそうだ。
(前輪だけだけど)
[PR]
by ban-g | 2009-10-29 13:53 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(0)

悲しいお知らせ@くじゅうツーリングレポート

デジカメで沢山画像を撮りまくったのですが、買ったばかりのメディアを初期化するの忘れてて、カメラで再生はできるものの、メディアから取り出せず・・・・

いろいろやっているうちに、全データが消えてしまいました。orz
もう書く気も失せましたorz
楽しかった思い出だけを心に仕舞っておきます。
[PR]
by ban-g | 2009-06-17 16:13 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(8)

プチツーリング@香月ウロウロ

昼食のお弁当を買いに行ったついでに、天気がいいので香月の町をMTでブラブラ走ってみました。
c0070609_14451747.jpg

c0070609_14454675.jpg

まずは、運動公園で昼ごはん。天気がよくてピクニック気分です。

c0070609_14461010.jpg
c0070609_14462570.jpg
c0070609_14464210.jpg

つづいて国鉄香月(かつき)駅跡を散策。1時間に1本くらいしかなかったけど、俺がまだ高校生の頃、、通学に使ってました。

特に土曜日は1本乗り遅れると3時間くらい無かったので大変でした。何が大変かって?土曜夕方5時から始まる機動戦士ガンダムが観れないからです!当時はガンダムみたさに、学校から駅まで全速力で走って帰ってたものでした。

c0070609_14531576.jpg

香月の商店街です。スーパーは2件ありますが、商店街はほぼ全滅してます。子供の頃は結構活気があったんですけどね。今じゃシャッター街です。
それでも酒屋だけは元気で、カクウチ屋の軒先で将棋をさしながら一杯やってる爺さんたちがいましたよ。

c0070609_14552739.jpg
c0070609_14554036.jpg

ついでに吉祥寺(きっしょうじ)まで足を伸ばしてみました。藤まつりは来週ですが、ほぼ満開の状態で出店も出てました。

c0070609_14574934.jpg
c0070609_1458267.jpg

畑ダム下流の黒川では、菖蒲が満開でした。
1時間弱のプチツーリングでしたが、十分楽しめました!
[PR]
by ban-g | 2009-04-23 15:00 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(4)

no tubes@サヨナラ パンク

正屋さんで面白いもの仕入れてきました。
ご存知、または、もう使ってる人もいるかもしれませんが、no tubesです。
いわゆるパンク防止剤なのですが、チューブタイヤをチューブレスタイヤ化できるという優れもの。
効果のほどはYouTube↓↓↓の動画をご覧ください。
目を疑いたくなる内容です。


実はJシリーズでも選手たちも、こっそり使ってるらしいです。
あれだけハードな乗り方しれてば、パンクだけでなくて、リムからタイヤが外れそうになることも多くて、隙間から一気に空気漏れなんてこともありますから。

半年前から使ってみたかったのですが、ようやく時間ができたので使ってみることにしました。

実験体1
ノーマルタイヤ+USTリム

Mongoose IbocでMivic Crossroc UST と HUTCHINSON PYTHON USTの組合わせで使っていますが、このタイヤ700gくらいあり、とても重量があります。

一方、ノーマルのPYTHON Air Lightというのがあって、こちらは500gくらい。激軽です。
これくらい差があると、担いでみるとその差歴然。
タイヤは自転車の両端にあるので軽量化すれば担いだときの効果は抜群です。

というわけで、ノーマルタイヤのAir LightをUST化してしまうことにしました。
(本当はノーマルリムをUSTリム化する、リムテープとバルブが一体になったキットも発売されてますが、見るからに重そうだし、高価なので諦めました。)
c0070609_1618090.jpg

用意したのは
1.ノーチューブ タイヤシーラント16 fl oz(黒いボトル)
2.タイヤシーラント インジェクター(注射器みたいなの)
3.UST チューブレス バルブステム 4本
4.ビニールチューブ(結局これは使いませんでした)

c0070609_16182158.jpg

Mavic Crossroc USTの初期型。これにノーマルタイヤを装着します。
c0070609_16182912.jpg
買ってから、まだ一度もパンクもなくUST特有のエア漏れもありませんでした。リムにはビートが、接着されてるんじゃないかと、いうほどガッチリ嵌まり込んでて、外すのが大変でした。
c0070609_16183765.jpg

何やらメモが書かれた紙のシールが貼られています。余計なものは剥がしておきました。
c0070609_16184688.jpg

no tubes製のバルブステム。バルブコアが取り外せる構造になっています。この構造のおかげでシーラントをスムーズに入れることができます。
c0070609_16185675.jpg
リムに取り付けてみたところ。
c0070609_1619977.jpg
上がノーマルタイヤのPYTHON Air Light(@500g)。下がPYTHON UST(@700g)。重量が、これだけ違うと手に持っただけで、ハッキリ違いが分かります。

ここで先にノーマルタイヤを嵌めてビートを上げるために手押しポンプで空気を入れてみましたが、入れてるはしから、タイヤとリムとの隙間から空気が、だだ漏れで使えませんでした。
ノーマルリム+ノーマルタイヤ+USTバルブでも同様。手押しポンプじゃ無理かもしれません。
今度、コンプレッサーで空気が入れられるような条件を整えて再度挑戦してみたいです。

実験体2
UTSタイヤ+USTリム

ノーマルタイヤは無理そうなので今回は諦めてUTSリム+USTタイヤの組み合わせで試してみました。
でもこれじゃあ、重量的なメリットはゼロどころか、デメリットなんですけどねorz

c0070609_16192223.jpg
シーラントをインジェクターに吸い上げます。
c0070609_16204795.jpg

今回、注入量はタイヤ1本あたり1.5ozにしました。
c0070609_16205877.jpg

いよいよ注入です。もう少し粘度があるのかなって想像していましたが、ほとんど抵抗なく注入完了です。

正屋@イワサキさんから注入時にバルブ口からシーラントが漏れ出すと忠告されていて、細めのビニールパイプを用意していましたが、漏れはなく、必要ありませんでした。インジェクターが改良されたのかもしれませんね??

注入後はホイールをグルグル回転させて、シーラントを満遍なく行き渡らせ完了です。

さて、無事に空気も入り翌日まで放置。
USTでは翌朝にはパンクしたように空気が漏れていることが多いのですが、空気圧の低下はありませんでした。これだけでも成果はあるようです。
[PR]
by ban-g | 2009-04-19 14:52 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(2)

動的リハビリ@調子に乗りすぎました orz

組み立てたら、やっぱり乗りたいですよね・・・(笑)
未だリハビリ中なのですが、Mongooseを山に連れ込んじゃいました!
水と補給食、工具。それに、いざというときのためにサバイバルブランケットを忍ばせて出発!
本格的MTBライドは事故以来初めてです。

場所は近所のトレイルなのですが、ここに入るのは10年ぶりくらいでしょうか?
この10年間で大規模な河川工事が行われたらしく、トレイルの入口が無くなってました。orz
辺りをグルグル走り回ってたら「XX山、登山口」と手書きの立て札を発見。

で、いきなり担いで登ってみましたよ。ジャングル状態の竹林を10mも行かないうち、崩れかかったお墓が出迎えてくれました。(恐)
c0070609_23335719.jpg

原生林の中、押し担ぎで登っていきますが、完全に廃道化しており、10数メートル置きに、木に巻かれているビニールテープだけが頼りです。Mongooseは前後のホイールが重いので担ぐと重さが気になります。やじろべえみたいに支点が遠くにあるから余計に重さを感じるのでしょう。

30分かけて、かつて山小屋が建てられていた所まで登ってきましたが、この山小屋も完全に廃屋と化し、跡形も無く壊れてます。この先からシングルトラックに入るのですが、先が思いやられます。

STに入ってみると、道は残っているものの崩れかかっていて、このままだと、あと数年で無くなりそうです。道幅は人ひとり歩くのがやっとの広さで、しかも谷底に向けてキャンバーが付いているので、MTBを押して歩くのも難儀します。実際、何度か谷底に落ちそうになりました。こんな廃道で滑落なんてしたら、白骨化しても見つけてもらえそうもありません。

増してやMTBに乗ったままだと、道幅が狭すぎて山肌にペダルがヒットするし、脆くなった路面は滑落してMTBごと谷底に落ちそうです。自然に帰ろうとするトレイルに横たわる倒木や落石を除去しながらの行進で、時間がかかります。しかも昼過ぎからの出発だってので、ただでさえ薄暗い北側斜面の林の中は、益々暗くなってきました。

思ったよりも進行速度が遅いのでタイムリミットを16時までとしました。いくつかのピークを越え、STはまだまだ続きますが、ここでタイムオーバー。引き返すことにしました。帰りは往路で使った山をぐるりと巻いたSTは、走れそうも無いので使わずに尾根伝いの別ルートで下ってみました。

このルートは、山の南側に面しているので、まだ日差しが当たっていて気分的に楽です。このルートにもビニールテープが所々巻かれているので、それを目印に進んで行きます。とても道とは言えない林の中を抜けると、ようやくトレイルに出ました。ここは鉄塔整備に使われているのか、比較的、人の通った形跡があります。

枯葉が沢山積もっていて気持ちよく走れますが、枯葉が多すぎてブレーキはタイヤがロックして全く効きません。

途中から、激下りになり、前後リジッドのMangooseでは、いよいよ乗車不可能になり、押して下りました。

勢い良く下りすぎて、ビニールテープを見失ってしまいました。日も暮れだしたので不安ですが、遠くに車が走る音がするので、麓までは近そうです。(高い木が多すぎて、林の中から下界は見通せません)

最後は崖を担ぎ下ろして、ジープロードの末端に出ました。この先は鉄塔の整備道になっていて、STになっています。どこに続いているのか不安でしたが、車が通れるなら麓まで通じているはずなので、JTを下ると、やっと農村に出て一安心。

時間にして約3時間。登り2時間半、下り30分の里山ライドでした。久しぶりだったので腕がパンパンに張ってます。ブレーキと押し担ぎで完全に遣られてますよ(笑)首もグキグキ言ってますし・・・orz

とはいえ、元通りの身体に戻るには、通らなければならない道です。動的リハビリとして筋力増加。痛みに耐えて頑張ります!
[PR]
by ban-g | 2008-11-23 23:37 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(4)

組み立て完了

またしても最終投稿から時間が過ぎてしまいました。(事故さえなければ・・・)
ようやく組み立てが完成したのでお披露目です。
c0070609_1355572.jpg

携帯電話のカメラの映像なので映りが悪いです。orz

フレーム:Mongoose Iboc PRO
フロントフォーク:メーカー不明のアルミストレート

ハンドル:Anser HyperLight
ステム:AZONIC 90mm

サドル:SDG ベンチュラーTi
ピラー:Mongoose オリジナル31.4mm

リヤディレーラー:XTR RD-M930SGS(改)
フロントディレーラー:LX FD-M570
ラピッドファイヤーレバーセット:XT ST-M750

クランクセット:XT FC-M750
BB:BB-ES70(スクエア)
ペダル:XT

カセットスプロケット:CS-M760(11-34T)9s
チェーン:CN-7700

フロントブレーキ:Avid
リヤブレーキ:XT BR-M750(シュー:クールストップ)

ホイール:Mavic CrossRock UST
タイヤ:HUTCHINSON PYTHON UST 2.1

当初ブレーキは前後XT BR-M750(パラレル)を取り付けていたが、アルミ製フロントフォークとの相性が悪く、耳をつんざくほどの、凄まじい音鳴りを起こすので、フロントだけAvidの非パラレルのブレーキに交換した。

この仕様で重量は約11kg
チューブレスタイヤをノーマルタイヤに交換するだけでも200g軽量化可能。
もう少し軽量化して10kg台を目指してみよう。
[PR]
by ban-g | 2008-11-23 14:57 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(2)

完成間近

パーツの組みつけが終了しました。
パーツの移植は新品で組むより時間がかかります。
ここ数日、やたらと蚊が多くて、組み立て中に10箇所ほど刺されました。
こうなると集中力が落ちてろくなことがありませんので、ガレージでの作業中止。
部屋に持ち込んで、作業再開。

深夜3時過ぎに組み立て完了。
早速、試乗に出るが、coolstopのFブレーキシューから
ぎぃぃぃいぃぃぃーっ!!!
と、凄まじい音が深夜の住宅街に響き渡り、自分でもびっくり。

こりゃ、いくらなんでも不味いので、XTのシューに取り替えました。少しは収まって「豆腐屋さん」こラッパくらいの音になりました。(それでも恥ずかしいな)

翌日、近所のトレイルに持ち込んで再テスト。
テスト前から蒸し暑さで人間の方がかなり参ってます。
久しぶりにキャメルバックなんか背負っちゃったりして、気分だけは本気です。

トレイルは日曜の午後ということもあり、散歩する人が多いので、スピードはかなり押さえ気味に走りましたが、リジッドだと、結構なスピード感があります。

以前乗っていたスペシャライズドS-Works(クロモリ)+タンゲ・スイッチブレードより剛性が高くて素直なハンドリングでした。

担いでみても、三角形の断面形状のトップチューブは、丸チューブよりも、肩にも優しい感じがしました。サイズも17インチなので腕を通すのも楽楽です。

残りはディレーラーやブレーキの微調整をしながらポジションを出して、ロゴステッカーを貼ってできあがりです。
[PR]
by ban-g | 2008-09-08 05:30 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(0)

パーツ仮組み!

c0070609_1681944.jpg

パーツを仮組みしてみました。
ここまでくると、だいぶMTBらしくなりました。
結構かっこいいじゃん!(自画自賛)
今日はここまで!
う~疲れた。
これから仕事だ・・・
[PR]
by ban-g | 2008-09-05 16:18 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(9)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング