ばんぶろ



カテゴリ:FTR223( 49 )


琴平温泉ツーリング@FTR223

c0070609_12244417.jpg
久しぶりにFTRに乗ってツーリング。
小石原峠を抜け日田市の琴平温泉へ。
北九州市の最低気温は5℃だけど小石原は雪が残ってたよ!
峠の道の駅に着く頃は指先の感覚が無くなってました。
c0070609_11401934.jpg
琴平温泉はぬっくぬくで、癒されまくりました。
c0070609_11455369.jpg
昼御飯は河原で鶏ぞうすいと栗ぜんざいをいただきました。
c0070609_11463688.jpg
鶏ぞうすいを食べてると、アヒルが寄って来ました!
c0070609_11473808.jpg
温泉にいたコイツらも、いつかは喰われるんだろうなw
2016年は骨折した左足首の後遺症で、あまり乗れなかったけど、今年は、もう、大丈夫みたい!

[PR]
by ban-g | 2017-01-21 11:33 | FTR223 | Comments(4)

FTR223@【片添ヶ浜オートキャンプ場】五条の千本桜【沖神室島】

大島へ渡り、いよいよキャンプ場まで、あと僅か。
(と、言っても島は広いので数10キロはあります)

周防大島のスーパーマーケットで夕食の買い出しをしようとして、そこは、やはり魚だろうと思っていましたが、普段から魚嫌いの私は、何をどう料理してよいか判らず、嫁に電話で尋ねるも、要領を得ず、結局、宮崎県産の和牛ロースを買う羽目になりましたw

午後2時くらいに片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場到着。(名前長すぎwww)
当日は気温が25度近くあり、キャンプ場に着くなり、テントを張って、焼肉大会と、相成りましたw
腐る前に食え!って事です。

食べてしまうと、やることもないので併設された温泉に直行。
2時間もプカプカ入ってました。

夜になると、漁船のディーゼルエンジンの音を子守唄代わりに、眠りにつきました。
ぐっすりと眠れた、と、言いたいところですが、夜中は風が強くて、よく寝付けませんでした。
しかも日の出とともにウグイスの大合唱!
うーん、ちょっと寝不足気味。

朝ごはんはアンパンとインスタントの卵スープをいただき。
このスープが、インスタントの癖に、また旨くって!
今後のキャンプのレギュラーメニューになりそうです。

さて、午前8時には撤収と荷造りも終わり、キャンプ場を後にすることが出来ました。
途中、楽しみにしていた「五条の千本桜」は七分咲きといったところで、ちょっと残念でした。
おまけに天気が崩れそうなので、温泉にも入らず、早々に高速道路にのって自宅を目指しました。
帰宅すると10分ほどで雨が降り出し、ギリギリのタイミングでした。

[PR]
by ban-g | 2015-05-01 06:22 | FTR223 | Comments(2)

FTR223@【大島大橋】 周防大島 【片添ヶ浜海浜公園】

ツーリング動画をYouTubeにアップロードしてみたとです。
瀬戸内海は湖みたいに静かですねー!
桜の季節ということもありワクワクツーリングとなりました。
海も綺麗だったですよー!

[PR]
by ban-g | 2015-05-01 05:51 | FTR223 | Comments(0)

FTR223@周防大島キャンプツーリング(柳井 白壁の町編)

2015.3.30
久しぶりのキャンプツーリング。
一昨年も桜の時期に訪れて桜が綺麗だった、周防大島 片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場へ行ってきました。

高速道路に載って一路、本州へ。
小まめに給油と休憩を繰り返しながら徳山西ICまで。
そこからGoogle mapをナビ替わりに使い、周防大島まで移動。
でも、なんだか遠回りをさせられてる気がするのは気のせいだろうか?
c0070609_20555881.jpg

途中、柳井市を通過中に「白壁の町並」の看板が気になって立ち寄ってみたら、いい感じの小道がありました。
軒先には金魚の提灯が、ずらりと並んでて壮観でした。

[PR]
by ban-g | 2015-04-01 21:46 | FTR223 | Comments(0)

FTR223@キャリア魔改造

c0070609_12301142.jpg

何ヶ月か前にヤフオクで落札した、中古のキャリア。
たぶんキジマのだと思いますが、オイラのFTRには細身のカスタムシートが取り付けてあるので、そのままでは取り付けられず、ステーを一部、金切鋸で切断して使っていたのですが、どう考えても強度不足。

走行中にキャリアが壊れて、道路に荷物をブチマケルなんて事は、想像すらしたくないので、補強ステーを追加することにしました。
c0070609_123183.jpg

とはいえ、うちには溶接機なんてありませんよ・・・
ネットで色々調べてると
ロウ付け
というのが、ヒットしました。
これなら、オイラにもできそうなので、早速、材料を揃えて、実行してみました。

はじめはパイプを曲げて、あーたら、こーたらと考えていましたが、フラットバーを使うのが一番簡単そうなので、とりあえず練習のつもりで、適当な長さに材料を切り、グラインダーと鑢でロウ付け面を整えて、ロウ付けしてみました。
c0070609_1232697.jpg

やってみると、意外と簡単!
一発目は大成功です。

ところが、これからがラビリンスw
欲を出して、肉盛りしようとしたら、かなりの難易度!
なかなか上手くいきません。
c0070609_12395218.jpg

c0070609_12413088.jpg

何度も手直ししながら、結局3時間ほどかけて、納得のいく形にできました。
仮組してみると、フレームとの干渉も無く、強度もいい感じです。
c0070609_12421594.jpg

あとは、スプレー塗料で下塗りと上塗り。
上塗りはつや消し黒で仕上げました。

耐久性のほうは、実践テストということで、駄目なら電気溶接でやり直しですなw
[PR]
by ban-g | 2014-09-17 12:38 | FTR223 | Comments(0)

FTR223@初、阿蘇方面キャンプツーリング

c0070609_16302334.jpg

2014/5/23
深夜に仕事が終わって、唐突にキャンプツーリングへ出かけたくなって、
ネットで色々調べてたら、阿蘇方面に行ってみたくなりました。

パッキングは、翌朝で、いいやと、いい加減な計画を立てたのが間違いの元。
翌朝は、しっかりと、寝坊してしまい、目が覚めたのが11時近く(汗)

それから、荷物をまとめ、バイクのシートに載せようとしたが、どうもうまくいかない。
あーだこーだ、やってるうちに、やっぱりキャリアを付けよう!ってことになるも、ねじ穴をナメてしまい、タップを立て直したりだとか、取り付けに手間取って、結局、載せ終わったのが13時半!

もう時間的にも、体力的にも、完全にアウトですわ!
てなわけで、荷物は、載せたままにしておいて、出発は翌朝に見送ることにしました。

5/24
黄砂が飛んでいるものの天気は最高!
今回はパンチングの開いた革ジャンと、ツーリングパンツの上下で出かけることにしました。
出発は8時。
やや肌寒いかなって感じですが、日が昇れば丁度いい感じです。

キャリアを使ったのは初めてですが、荷物にシート後部を占領されることは無くなったので、ゆったりポジションで乗れます。

ただし、恐らく20キロ近くあるであろう、荷物を最後尾に載せているので、ハンドリングや、ブレーキング、コーナーリングにかなり影響が出ています。

ハンドリングは弱アンダー、ブレーキングはワンテンポ遅れ、コーナーリングはバンクさせないと曲がらないなどです。

これでは、とてもじゃないけど高速で80km/h以上で走る気はしませんね。
まぁ、今回は下道を走っていくつもりでしたけど・・・

とりあえず日田市方面へ向けて走り出すと、土曜日ということもあって、結構な数のバイクが、阿蘇方面へ向け走って行きます。

さて、10:30には給油予定地の小国町に到着。
小腹が空いて、何か軽く食べておきたかったのですが、お店は11:00からというところが多く、かといってコンビにに寄るのも気が引けて、ガソリンスタンドで給油だけして、キャンプ場へ向かいます。

今日のキャンプ場は「坊中野営場」と、いうところにしようと思ってます。
出発前にネットで情報を集めてると使用料ったったの300円!

しかし・・・トイレットペーパー必須!!

との、超有益情報を発信されているサイトを発見!
さて、実際はどうなんでしょうか?

11:30坊中野営場到着
全く、区画別けされてない、原っぱのようなキャンプサイトでした。
早速トイレに行ってみましたが、情報どおり
トイレットペーパーはありませんでした!

ミニティッシュを用意してきてよかったです。
危うく阿蘇山大噴火の惨劇となるところでした(汗)
有益な情報をありがとうございます。

さて、だだっ広いキャンプサイトには俺のほかには、もう一張りのテントがあるだけで、主はお出かけされているようです。

今日は、まだ5月だというのに気温が30度近くあり、一刻も早く、暑苦しいツーリングウエアを脱ぎ捨てて、Tシャツ姿になりたい気分でいっぱいです。
c0070609_16341293.jpg

バイクをイチョウの木のそばに停め、テントを建て、宿営の準備。
日差しが強いので、イチョウの木の木陰が丁度いい、タープ代わりになってくれてます。
テント内でTシャツに着替えて、サンダル履いて身軽になると、楽!楽!

更に今回はブルーシートを敷いて、テント外でもゴロゴロできるようにしました。
いやー、これは楽だわ。
小さな椅子は持ってきたけど、あれじゃあ腰が痛くなっちゃうし、全然、癒されない。
c0070609_16293154.jpg

木陰にブルーシートを敷いて、その上に、エアマットを敷いて、お昼寝。
誰もいない、だだっ広いキャンプ場には、鳥たちのサエズリが、聞こえるだけです。

癒されるぅ

ゴロゴロしてるうちに、仕掛けておいた目覚ましが15:30に鳴りました。
いやー、気持ちよかった。

さて、これから夕食の買出しと、お風呂に出かけます。
麓の町まで5kmくらいかな?

先ずは、温泉へ。
夢の湯という立ち寄り湯に入りました。
施設の方が大変親切な方で、ヘルメットをフロントで預かっていただきました。

浴室に入り、掛湯をしていると、横から飛沫が飛んできました。
ふと横を見ると、こちらに背を向けた、90歳くらいの爺ちゃんが、こちらに背を向けてシャワーを浴びていて、そのトバッチリが、飛んできてたのでした・・・・

否、そんな可愛い物ではなく、立ち上がった姿勢で、開脚し、股間を覗きこむようにして当てたシャワーが、勢い余って、こちらに飛び散ってきているのでした。

これには、流石に周りにいた人たちも苦い顔でしたwwww
いやー、ほんと簡便して欲しいですわ。
爺さんの股間経由の飛沫なんてorz

全身を洗い、気を取り直し、温泉に入ります。
木々に囲まれた露天風呂が気持ちよかったです。

続いて買出し。
えびすぱーな、っていうスーパーがあり、そこで買い物をしました。
隣には100均やDIYのお店もあり、ちょっとしたショッピングセンターで、キャンプ用品も入手可能です。
献立は何にしようか迷いましたが、店内をグルグル回って、肉がおいしそうなので、焼肉用に豚と牛肉を購入。
冷却を心配していましたが、無料の氷を配布されていたので、一安心。
これで、キャンプ場までは持つでしょう。

さて、今回、買出し用に100均で買っておいた、ナップサックを使ってみたのですが、容量には問題は無く丁度いいサイズでしたが、いざ、口を閉めようと、紐を引っ張ったところ、

はと目がポロリw

一発で壊れました。orz
これだから、100均は怖い。
とりあえず、適当に応急処置をしてキャンプ場に戻ります。

戻ってみると、キャンプサイトには、、7,8張り、テントが増えてました。
さあ、日も傾いてきたので、夕食の準備にとりかかります。
準備といっても、鍋でレトルトのご飯を温めて、フライパンで肉を焼くだけですけどね。

今回は四角いタイプのケースに入ったレトルトご飯を用意してきたのですが、鍋で温めるには、丁度いいサイズ!
いつもの楕円形のやつは鍋からはみ出してたからね。
これは今後も採用決定だな。
c0070609_1635151.jpg

続いて、これも新規投入。
100均のフライパン。
弱火で使ってください。塗装がはがれます。って書いてたけど
本当に剥がれました!www

剥がれるというよりは、溶けるといった感じでw
肉に付いちゃいましたよ!orz
キャンプのメインイベントが台無しです。
まあ、剥がして、気にせず食べましたけどね!

なーんて、くつろいでいた最中に、仕事の依頼の電話です。
こんなところまで来て、電源切ってりゃよかった・・・

明日の夜の予約ですが、のんびりとは、していられなくなりました。
一気に夢から覚めた気分です。

20:00
なので、とっとと就寝。
とはいうものの、毎度の事ながら、いつもはバリバリ働いている時間帯なので、
深夜までは眠れずにいました。

6:30
起床。
なんだか雲行きがよくありません。
天気予報では夕方から降水確率30%!
きのうは0%だったのに!

朝食は、夜露に晒されたためか、ストーブが着火せずに断念。
とっとと、パッキングを済ませます。

7:30
キャンプ場を後にしました。
気温が低くて、パンチングの革ジャンでは、寒いくらい。
とりあえず、大観峰へ向かいます。

8:00
大観峰展望所には、すでに大勢のバイカーが・・・
根はいいひと達なんでしょうがw
こういうの苦手なんで、とっとと退散。

やまなみハイウエイを瀬の元へ。
日が照ってきて、気温も上がり、気持ちよく走れます。

瀬の本、黒川温泉、杖立温泉、日田と走ってきましたが、
日田市街でスーパー・マリオカートとすれ違いましたよ!

家に帰ってネットで調べたら見間違いではなかったようです。

今回は、初使用の100均グッズが、成功だったり、失敗だったりと色々ありましたが、無事にツーリング成功!
楽しかった!!
[PR]
by ban-g | 2014-09-16 16:39 | FTR223 | Comments(0)

FTR223@出雲キャンプツーリング

2014.3.30
7:00
自宅近くのインターから高速道路に乗って山口方面へ。
インター入口でパトカーが待機していたのには気がついていたが、100mくらい後ろをピッタリ付いてくる。
毎度の事なので慣れっこだが、ご苦労さんなことである。
キャンプ道具満載のFTRでは車の後ろを走るのがやっと。
君たちが期待するようなスピードを出すことなどできないのだよ。ww

などと思っていると、最初のサービスエリアに到着。
ここで荷物の点検とスマートフォンで天気などの情報収集をと思ったが、胸のポケットに入れたはずのスマートフォンが無い!

忘れてきたのだろうか?それとも落としたのか??
出かけるときに、胸のポケットに入れたつもりだったが、荷造りに時間が取られ、点検を怠っていた。

忘れただけなら、諦めも付くが、落としたのなら大事である。
まあ、ここまできて、あーだこーだ考えても仕方ないので、問題は帰宅してからのお楽しみということにする。
(これが後に大問題となる)

関門橋を渡って、山口県に入ると、ほとんど諦めていた、桜の花が、あちこち満開!
なんかテンション上がります。
北九州では先週末で終わってたからなぁ。

美東サービスエリアで給油休憩。
ここまで来て、目的地を「周防大島」にしようか「出雲大社」にしようか、まだ迷っている俺w
山口インターで高速を降り、ここからは、国道9号線を走る。

11:00
ちょっと早いが山口市内のコンビニで、おにぎり休憩。
なにか美味しいものでもお店で食べればいいのだろうが、この格好(パッドバリバリのガンダムみたいなジャケット着てる)では、お店に入るのもなんだかな。
c0070609_5471651.jpg

しかも、このフェイク革、所々、劣化して剥がれてきてるじゃないか!
3年くらいで劣化するとは聞いていたが、先週までは、まだ綺麗だったのに、いきなりズタボロじゃないですか?

さて、ここからは国道9号線を北へ向け山間部を走り、日本海を目指します。
途中通過した津和野も桜満開で、癒されまくり!
というか、沿線すべてが桜、桜、桜の桜尽くしです!

13:00
道の駅 シルクウェイにちはらで休憩。
熟女牛って旗を見かけたが、なんだったんだろう?
c0070609_635616.jpg


益田市からは所々、完成している「山陰道」を走ってみた。
大都市と比較すると、全くといっていいほど渋滞していない山陰地方に、これほど立派な構想区道路クラスの道が必要なのだろうか?
甚だ疑問である。

実際、走ってみても、対向車とすれ違うことは、極々稀だったし、山陰道を走らずに、一般道を走っていった車との時間差がないどころか、むしろ、そちらの方が早かったくらいだ。(それくらい一般道は渋滞も無く、この道は存在価値の無い道ということだろう)

で、ここで事故りかけました。
対向1車線の直線を下っていたときに、対向車が一台、前の車を追い越そうと、車線をはみ出して、こちらの車線を走って来ました。
まだ300mほど距離があるので、追越を止め、元の車線に戻るだろうと思っていましたが、一向に戻る気配なし!
追い越そうとする車と並列体制で、どんどんこっちに向かってきます!
このままじゃ、正面衝突するしか、ありません。
プゥーーーーーーーーーーーーーーーッ!
と、クラクションを鳴らしても、お構いなしで、どんどん近づいてきます。
いや、まじ基地外か?こいつ!

ギリギリのところで、こちらが左端によけて、擦れ違うことができましたが、かなりやばかったです。
擦れ違いさまにドライバーの顔を睨み付けてやりましたが、こちらはスモークシールドなので、気づかれなかったでしょうねw

ドライバーは高齢の女性でしたが、ボケとんちゃうか!!!

c0070609_6192759.jpg

さて、太田市の手前に見覚えのある看板のスーパーマーケットを発見。
立ち寄ってみましたが、あの人は居ませんでした。
(スマートフォンを忘れたので、連絡すらできずw)
太田市市街地を越えると、あっという間に本日の宿泊予定地の「キララコテージ」の風力発電の風車が見えてきました。

この辺りは、キャンプ場の他にも、道の駅やスーパー、コンビニ、レストラン、温泉、ガソリンスタンドなんかがあり、キャンプするにはとっても楽な場所です。

15:00
キャンプ場(と、いうよりはメインはコテージ?)に着くと、受付の方に「予約してないんですけど・・・」って、いつものように伺ってみますと、快く受付していただきました。

どこかのバカ高いだけのキャンプ場のオヤジとは、大違いの大変丁寧な受付に感銘を受けました。
いやー、これだけで、そのキャンプ場の印象の殆どは決まってしまう。と、言っても過言じゃないですよ。
c0070609_640307.jpg

受付を済ませ、キャンプサイトへ移動して、テントを張り、夕食の買出しにスーパーへ、行っては見たものの、肉類は冷凍肉(しかもバカ高い!)魚は丸ごと1匹!みたいな大家族向けの販売でしたので、自炊を諦め、近くの道の駅キララ多伎で食事を済ませることにしました。
c0070609_6411114.jpg

c0070609_6415181.jpg

まだ、夕食には時間があるので、キャンプサイトに戻って、一休み。
海に一番近いサイトを選んだのですが、夕日がとっても綺麗に見えて大正解でした。
c0070609_6512759.jpg

さて、晩御飯は予定通り道の駅キララ多伎で、海鮮丼をいただき、満腹となりました。
おまけに、旅行者向けのパンフレットも数冊入手。
スマートフォンが無いので、情報収集はこれに頼ることにしました。
やっぱり、自炊しなくて正解だったかも。

食後は、やっと見つけた公衆電話から自宅に連絡。
最近は携帯電話の普及で公衆電話が激減し、今日はじめて見つけることができました。汗

食事が済めば、温泉に移動です。
温泉は、少し離れた場所にある「いちじく温泉」です。
名前の由来のイチジクと温泉の成分とは何も関係ないそうでw
名産のイチジクから名前を付けたとか?
一箇所で2種類の泉質が楽しめる温泉だそうです。(でも、日替わりらしい)
まだ、寒い時期だったので、とっても温まって、疲れも取れました。

キャンプ場へ戻ると、まだ22:00
スマートフォンを忘れてために、通信手段が何も無く、持ってきたタブレットもただの板切れw
音楽も聴けず時間を持て余してしまいます。
さっき、道の駅で入手したパンフレットをじっくり見ながら、明日の予定を立てます。

どうやら、出雲大社では500円でガイドさんが雇えるらしい!
折角ですので、お願いしようと思います。
c0070609_712523.jpg

さてさて、夜中になり。
少し、小腹が空いてきました。
といっても、缶詰のカレーとレトルトご飯くらいしかないのですが、夜中にストーブで温めて夜食としました。
これで、少しはキャンプらしくなりましたねw
c0070609_718837.jpg

夜中は、寒くて(たぶん気温は8度くらい)なかなか寝付けず。
明け方まで、熟睡できませんでした。
朝食はスープパスタを作りました。
c0070609_7333942.jpg

c0070609_733814.jpg

今回デビューのモンベルのテント、U.L.ドームシェルター 2型(正確にはテントではなくシェルター。あくまで非常用って位置づけですw)は、梱包時は普通のテントの半分くらいの大きさと重量しかなく、気に入っているのですが、通気が悪く「絶対に喚起窓を塞ぐな!」って注意書きされているくらいでしてw

一晩使うと、テント内は結露が酷いのです。
ですので、撤収時には外側の朝露は、もちろん、内側の結露もなんとかしなくてはないりません。
正直、裏返して、乾かすには時間がかかり、撤収には手間がかかります。

まだ寒いこの時期だと、乾燥させるには1時間くらいはかかるかな?
なんだかんだで、1時間半ほど時間がかかりましたが、無事に撤収完了。
と言いたいところですが、荷物を括り付ける時に、ゴムの荷紐が強すぎて、左親指の付け根を脱臼しかけました。orz

この荷物の載せにくさは、何とかしないと、本当にヤバイですね。
キャリアを本気で検討しないと!

8:00
受付の方に見送られて、気持ちよく出発です。
海岸線を通ると出雲大社までの近道だと教えていただきましたが、これがなかなかの眺めのよい道で、早朝から得した気分になりました。
c0070609_7451321.jpg

c0070609_7454868.jpg

c0070609_11294986.jpg

c0070609_11305288.jpg

途中、旧大社駅に立ち寄り、ウロウロ。
昔の駅は趣がありますね。
c0070609_1134070.jpg

いよいよ出雲大社に到着。
ここは無料駐車場があるので助かります。
駐車場の隣の小学校の桜が満開です!
素敵な時期に訪問できました。
c0070609_11552476.jpg

c0070609_11563021.jpg

c0070609_11575660.jpg

c0070609_11593654.jpg

c0070609_11575660.jpg

今回は人生2度目の出雲大社訪問ですが、観光案内所のガイドさんをお願いすることにしました。
有料(¥500)ですが、自己流で参拝するよりも、ずっと良かったです。
と、いうのも、出雲大社は他の神社とは参拝の作法が違っていたり、長い歴史を知るには、ガイドさんから教えを受けながらのほうが、格段に解り易いですから。
c0070609_1263125.jpg

それに、いろいろとコネタも教えていただけましたしね。
その一例として、山下達郎さんの奥様の竹内マリアさんの御実家が、境内のすぐ側で旅館をされていて、遷宮の際にも寄付をされたとのことで、お名前が掲示されてました。

まあ、そんな、こんなで楽しい二日間でしたよ。
帰りは中国横断自動車道という、ほとんど高速道路のような道を通ってみました。
来年には松江、尾道間が繋がるようです。
完成したら、下関、松江、尾道のループも可能になりますね。

では、ここまで長文読んでいただきまして、ありがとうございました。
[PR]
by ban-g | 2014-05-30 23:30 | FTR223 | Comments(0)

FTR223@山口県のんびりツーリング萩~油谷

2014/3/11
8:00
高速乗って隣の山口県の萩市までビューンと移動。
高速道路上に、たまーに設置してある気温計は5度。
天気は良いけど、寒すぎる。いや冷たすぎる。orz

前回膝上に貼った使い捨てカイロが効果があったので、今回は手袋の中(手の甲)にも靴下用の小さなものを貼ってみました。
これがなかなか、いい感じで、結構暖かかったです。

実は、間違って右手にダブって2個。
左手には貼ってなかったので、いい比較ができました。
効果絶大ですよ。

中国道を降りて、萩市に向かう途中、大田ってところで一休み。
ここには奇兵隊の陣地跡があるので寄ってみた。
ここの通りは墓参りの時に通るので、100回位、素通りしてましたが、立ち寄るのは今回が初めてです。
神社としては小さい方でしょうが、なかなか凝った造りでした。

10:00
萩市に到着。
サクッと墓参りを済ませ、ここからは自由行動。
トコトコ狭い路地を抜けてと「鶴江の渡し」を見学に。
ってか、バイクに乗ったまま、ちら見して通り過ぎただけですw
(画像もなし!)

11:00
そろそろお腹が空いてきたので、何か食べたいなと思いましたが、「しーまーと」で刺身定食ばかりでは、つまらないので、何か美味いものを探してウロウロしましたが、結局、市内を出て旧191号線を長門東面へ。

10何年かぶりに旧191(北浦街道)を走りましたが、交通量も少なく、気持ち良いワインディングでした。

11:30
途中、いい加減、冷えきって身体を温めるために、湯免温泉っていう温泉に立ち寄りました。
初、湯免温泉でしたが、なかなか良いお湯でしたよ。
ただ、番台のお姉さん曰く、
「今日は、源泉の湧き出し量がよくない」
らしくて、お湯の量が少なく、みなさん、這うようにして、浴槽に漬かってらっしゃいましたw

12:00
いよいよ腹ペコ限界です。
とりあえず長門方面へ向け走り出しますが、この辺りも海鮮系のお店はあるのですが、どうも気分になれず・・・
と、言ってもファミレスやファストフードはねぇ・・・
迷っていたら、市街地通過してしまいました。w

13:00
R191を走ってると「ととろの里」という蕎麦屋さんの大きな看板を発見。
すぐ近くだろうと脇道に入ってみたが、20分ほど山奥へ走らされ、ようやく到着orz
なかなか雰囲気のある店構えでしたが、接客と肝心の蕎麦の味は、ちょっと正直・・・・な味でしたよ。
c0070609_14195534.jpg

c0070609_14215942.jpg

特に蕎麦は茹で過ぎ!出されてから、生わさびを自分で卸している間に、蕎麦の香りも飛んじゃうし、生わさびも香りがほとんど無かったなー。

もうちょっと考えないとリピーターは少ないのでは?
まあ、とりあえず、空腹は満たせませたがね。

そんな感じで、初春の山陰地方をのんびり走ったツーリングでした。
[PR]
by ban-g | 2014-05-30 23:06 | FTR223 | Comments(0)

FTR223@阿蘇 ラピュタの道 ツーリング

2013/12/5
バイクで走るには少々寒くなってきた九州地方。
でも、まだ最高気温は余裕で10度以上あるもんねー。
アンダーにヒートテックのハイネックとタイツ。
太ももに使い捨てカイロ貼り付けてれば、なんとかなるレベル。

ただ、FTRの方はキャブレターが、夏仕様のままなので、暖気に10分かかるwww
そろそろメインジェット変えなきゃダメだな。

さてさて、朝起きて天気がとっても良かったので阿蘇までツーリングに出かけることにしました。
今回はヒートテックのタイツと、春の周防大島ツーリングの時に買った防寒グローブも初使用。
どの程度、役に立ってくれるのか?

走りだしてみると、そんな心配は一気に吹き飛びました。
正直、暑いくらいですw

福岡県内はPM2.5が結構飛んでて、遠くの山々は霞んで見えてたのですが、阿蘇に近づくに連れて、空気が澄んできました。ヨカッタ!
c0070609_113153.jpg

c0070609_114585.jpg

お昼御飯は木魂館の北里バランで熊本黒豚100%のハンバーグ定食を頂きました!
いやー美味すぎた。
久しぶりに訪れましたが、相変わらずの高レベルです。
c0070609_1162864.jpg

c0070609_1152741.jpg

続いて、お目当の【ラピュタの道】
NHKの新日本紀行でもやってので、最近はメジャーになってきたのかな?
平日にもかかわらず、数台の車が走ってました。
初ラピュタでしたが、いやー絶景でしたよ!
上から見てるだけで、ゾクゾクしました。
舗装はされてますが、荒れてますのでロードバイクは要注意です。
c0070609_1171484.jpg

帰りは琴平温泉に入って帰りました。
いやー、こりゃまた絶景!
滝の音に癒やされました。

帰り道は高速道路をバビューンと走って帰るつもりでしたが、日が暮れてしまい、改悪・行燈ライトのFTRとスモークシールドの組み合わせで、正直やばかったですが、無事帰還。

とっても、楽しいツーリングでした。
年内にもう一回行けるといいなー。
その前にメインジェット変えなきゃなw
[PR]
by ban-g | 2013-12-06 01:09 | FTR223 | Comments(0)

FTR223@航空祭だよ!

c0070609_4503719.jpg

2013/11/17
航空自衛隊 芦屋基地の航空祭に行ってきましたーっ!

一般車の駐車場はありませんが、2輪はOK!ってことでしたので、バイクはどうなのかしら?
と、半信半疑で行ってきましたが、基地内(正門近く)に広い駐輪場が確保されていて助かりました。

午後からの見学でしたが、基地周辺は車の渋滞が酷く、バイクで行って正解です。
これなら来年からもバイクに乗って、安心して見学に行けそうです。
それにしても結構な台数ですね。

c0070609_4562548.jpg

c0070609_4551623.jpg

c0070609_4535544.jpg

c0070609_4522587.jpg

今は退役した戦闘機や訓練機が展示されていました。
子供の頃に上空を飛び回ってた機体達です。
なつかしー!


c0070609_4572074.jpg

午後からのF15Jのフライトです。
退役機体の撮影に夢中で、まだ滑走路まで辿り着けなくて(笑)遠くから観るだけでしたが、音だけでも迫力ありました!
c0070609_4594851.jpg

c0070609_513586.jpg

正門から滑走路まで緩い坂道を10分くらい歩きました。
小さいお子様連れだと、結構辛いかも?
そんな中、滑走路手前に展示してあった砂のパイロット像。
背面まで、しっかり作りこんでありました。
c0070609_544538.jpg

c0070609_53356.jpg


で、いよいよ、お待ちかねのブルーインパルスの飛行ですよ。
場内は凄い人で、ブルーの機体周辺は黒山の人だかりで、近づいてもヒトの頭しか見えないので、ちょっと離れた場所から見学することにしました。
ココは、ほぼ最前列で観ることができて、正解でした!
天空に描かれる巨大なハートに感動!
これはもう説明するより動画を観てください。
[PR]
by ban-g | 2013-11-20 23:12 | FTR223 | Comments(0)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
お気に入りブログ
以前の記事
記事ランキング