ばんぶろ



カテゴリ:ひょっとして癌?( 10 )


非公開ブログ公開!

やっとこの日がやってきました。
既に知ってる人もいるかと思いますが、ここに公開
「ひょっとして癌」
http://banblo.exblog.jp/i7
[PR]
by ban-g | 2005-07-13 16:54 | ひょっとして・・・? | Comments(4)

検査と結果・・・

いよいよ内視鏡検査。
検査前にお尻に穴の開いた紙パンツに着替えさせれれた。

検査台に立たされて、自動的ベッドが動いてに寝かせれる。
サンダーバードみたい。

左肩に筋肉注射を打たれる。
看護士さん「よーく、もんで下さい」
俺「はい、もむのは得意ですから」
と、冗談が言えたのもここまで。

ナース「直腸と大腸の間のS字になったところに内視鏡が通過する際に痛みがあるかもしれませんので・・・」
一応、覚悟は、しておこう。

検査室にドクターが入ってくると雰囲気が一転。
なにやら検査が混んでいる様子。
ここのドクター、普段から看護士さんにキツイのだが、今日はソレにも増して機嫌が悪そう。
ドクター「便秘気味かね?」
俺「はい」
ドクター「便秘の人は腸が長い。こりゃ時間がかかるな。」
腸の長いのは俺のせいかよ。

さていよいよ検査突入・・・
と、心の準備もままならないうちに、なにか肛門にぶち込まれた。
本当に「ぶち込まれた」という表現がぴったりなくらい。
途中で止まったのか、今度は力任せにグイグイとねじり込んできやがる!
痛すぎて声もでない。
ドクター「あー、力抜いて!」
半切れ・・・

内視鏡がS字にたどり着く前にすでに痛さ限界。
全身力が入ってどうしようもない。
それでも、おかまいなしにグイグイ押し込むドクター。
あんたドSだよ・・・

やっと肛門を通過して今度は問題のS字部分に差し掛かると、痛み倍増!
限界を超えた。
軽く意識が遠のき、三途の川が見え隠れ。

ドクター「はい、モニター見てください」
モニターには元気そうな俺の大腸が映し出されていた。
うすいピンク色のそれは素人の俺にでもわかるくらい健康そのもの・・・
あの血便は何だったんだよ!
でも、ちょっと安心。

死闘30分
やっと検査が終わった。
とはいうものの、検査時に送り込まれた空気が大腸にたまって苦しい。
まるでストローをケツに差し込まれ空気を入れられたカエルのようだ。

とりあえず、着替えて10分ほど横たわってると、ドクターに呼ばれた。
いよいよ結果発表だ。

ドクター「さっきもモニターで見てもらいましたが、特に異常はありませんでした。ただちょっと肛門に傷がありましたね。座薬出しときましょう」
俺「それって、さっき送管の時に付いたんじゃないのかよ!」
と、思ったが、まあいいや、癌でもなかったことだし。
よかったよ無事で。

てなわけで、心配事は吹き飛んだのです!
めでたしめでたし!
[PR]
by ban-g | 2005-07-13 16:41 | ひょっとして癌? | Comments(0)

出るわ出るわ

下剤全部飲み干す前に第1波がきた。
とにかく出っ放し!
それ2リットルだもんな。
検査までの3時間半、トイレに駆け込むこと9回!
いくら出してもきりがないくらい出てくる。
[PR]
by ban-g | 2005-07-13 14:20 | ひょっとして癌? | Comments(0)

おぇ~

下剤には、ほんのりカルピス味が付いているものの、1時間で2リットルも、とても飲めたもんじゃない!
まだ半分残ってるけど、下からじゃなく、上からはきだしそうだ。
飲んでるというより、溺れてるという感覚!
苦しい!
[PR]
by ban-g | 2005-07-13 10:26 | ひょっとして癌? | Comments(0)

いまから

c0070609_9534780.jpg

下剤2リットルを飲むぞ!
[PR]
by ban-g | 2005-07-13 09:53 | ひょっとして癌? | Comments(0)

下剤

ついさっき下剤を飲んだ。
以前「ピンクの小粒 コーラック」を1錠飲んで半日下痢で苦しんだことがあるが、今回は一度にそれを4錠と、液体の下剤を2本!!
液体のほうはピクミンの病院では一度に15滴ほどの処方だそうだ。
明日の朝が恐ろしい・・・・
ブルブル

しかも病院に到着してからも2リットルの下剤を飲むらしい。
4~5時間かけて体中の消化物全て出させるらしい。
拷問だ。
俺はMじゃないから拷問は嫌だ。
嫌だよ。
[PR]
by ban-g | 2005-07-12 22:35 | ひょっとして癌? | Comments(0)

食事

いよいよ明日は「検査」の日。
と、言ってもまだ24時間以上あるので実感は湧かない。
だが、食事だけは別だ。
3日前から食事制限。
病院で貰った検査前の注意書きには、こう書いてある。

海藻類、豆類、れんこん、ニラ、キウイフルーツ等、繊維の多い食品や消化の悪い食品は検査に差し支えるので避けましょう。

肉や魚はグレーゾーンだそうだ。
要するに炭水化物以外は食べる物がないらしい・・・
そんなわけで一昨日から麺類ばかり食べている。
いい加減飽きたな。

13日はピクの誕生日。
ケーキ予約しなきゃ。
[PR]
by ban-g | 2005-07-12 04:17 | ひょっとして癌? | Comments(0)

人工肛門

本日二度目の投稿!
でも誰も見れないんだよねw
googleで「人工肛門」で検索してみた。
初めて見たけど、あんなのぶら下げるんだ・・・
しかも「うんこ」入ってんでしょ?

大腸がんなら生存率高そうだが、あのバッグはいただけないねぇ。
あれじゃあ、一生、自転車は無理だな。
仕事もやばいな。

仕事中に「うんこ」漏らしたら、しゃれにららんぞ!
あの袋、渡哲也@大門団長も使っているらしい・・・

いろいろ読んでると、妙にポジティブなのが多い。
中でもこれは・・・
http://w1.nirai.ne.jp/mao-i/kogun11.html

以下引用
「直腸がんの手術の前に医者に、『子供はまずできませんよ。勃起もしません』と言われた。子供は4人もいるからいいけど、ショックで男として寂しい気持ちにかられた」
 そんな松健さん。手術が終わって10日目、まだ尿管が入ったままだというのに勃起するかどうか確かめてみたという。
 「ちゃんと立った。感動!100%あきらめていたので天上に飛び上がらんばかりにうれしかった」
 聞いていた私は手を打って大喜び。「松健さんも確かめたの?私も入院中に確かめたんだよ。男だろうと女だろうと患者は性機能がちゃんと残っているかどうか確かめるんだね。私1人じゃーなかったんだ。うれしいなー」
 だが松健さんが言った。「尿管が取れてもう一度確かめてみたら勃起もするし快感もあったのに、肝心の精液は一滴も出なかった。思わず笑い転げた。ズッコケた。言葉が出ないほど開いた口がふさがらなかったよ」
 入院中に書き綴った日記を見ながら話してくれた松健さんが最後に言い放った。
 「恐怖心が前に出たら食われてしまう。がんに食われる前にがんを食ってやる。これはケンカだ。死ぬ気になって闘えばがんに負けない
 人工肛門になった男性の7割が勃起しなくなり、8割が射精もないという。多くの男性患者が性機能障害をもってしまうのだ。

・・・ショック。
いやだよ、こんなの。
[PR]
by ban-g | 2005-07-08 15:02 | ひょっとして癌? | Comments(0)

腹痛

朝からお腹がパンパンに張って、痛いです。
検査まで、あと1週間もある・・・
持つのか?

お袋はもう少しましにならないのかな?
ここ1ヶ月くらいでかなり、悪化しているみたい。
おかげで、こっちは朝からストレス溜りすぎです。

これからもずーっと続くなら、死んだほうがマシかも・・・・
投げ出せるもんなら投げ出したいけど、そうはいかない。
だからストレス・・・
悪循環だ。
[PR]
by ban-g | 2005-07-08 09:29 | ひょっとして癌? | Comments(0)

大腸検査

いやーまいった。
いまは止まったんだけど、血便が出ました。
少量だけど、気になったんで胃腸科の専門医の所へ行って診断してもらったら「痔じゃなさそう」とのこと。
年齢や食生活を考えるとかなりやばいかな?
来週、大腸の検査を受けることになりました。
どうなることやら・・・・
[PR]
by ban-g | 2005-07-08 02:56 | ひょっとして癌? | Comments(0)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング