ばんぶろ



<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


5式高機動自転車?

c0070609_19361556.jpg

朝っぱらからヤフオク見てたらこんなのが出てた!

●陸上自衛隊仕様のMTB!『5式高機動自転車』メーター付き
自衛隊の駐屯地内等での短距離移動の手段として自転車の有用性が研究され、車輌の加工に実績のある新明和工業が防衛庁から開発の委託を受け製作。そして2005年に制式化されたのがこの「5式高機動自転車」である。
一般的には知られていないが、イラクに派遣されている部隊にも30台あまりが配備されており、高い走破性と耐久性でイラクでの任務を幅広く支えている。この5式高機動自転車の活躍は各国の部隊からも注目され、イギリス軍のサマワ地区司令官であるチャーチワード中佐は本国に自軍も自転車配備の検討を要請したとのことである。
このように5式高機動自転車は厳しい環境にも耐えうることが実証され、次年度の防衛予算で大幅追加される見通しとなったのは最近の報道で承知の通りである。
野戦向けに、メンテナンスが面倒なサスペンションフォークを敢えて採用せず、リジッドフォークに専用設計されたフレームは軽量化とともにスタイリッシュなデザインを実現。また太陽光の反射による被発見率を押さえるためにブラックパーツを多く採用しているのもこのバイクの特徴だ。今回出品した5式高機動自転車は新明和工業がプロトタイプとして試作した1台で、特別に市場に流れてきた貴重なものである。


…といったようなシチュエーション で組んでみました。(笑

実際のところは10年ほど前のミヤタのフルアルミフレームのATB「リッジランナーRAFD-421A」(134,000円)で、先日プロショップで自衛隊色(オリーブドラブ)に再塗装しパーツを新品に換装したものです。メインコンポにシマノのデオーレをチョイスし、本バイクはレース出場も可能な本格的な本物のMTB! 見たくれだけの安物マウンテンバイクルック車とは違います!

(中略)

世界に(多分)1台しかない陸上自衛隊仕様MTB『5式高機動自転車』。自転車好きの方はもちろん、ミリタリーマニアの方やサバイバルゲーム愛好家、現役自衛官などの方たちに最適の1台といえるでしょう。ホームセンターなどで売っている安物のMTBルック車ではなく、ハードな走りに耐えうる本物のMTBです。これで富士の裾野を激走しよう! 是非この機会にご検討ください!!!


http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k18015852

ディテールまでしっかりしていて、最初は本物かと思ってしまいましたw。はたして買い手はつくのでしょうか?そっと見守りたいところです。
[PR]
by ban-g | 2005-05-27 08:21 | ちゃりんこ | Comments(3)

手向山

c0070609_2272381.jpg

仕事の合間をぬって手向山(たむけやま)公園に行ってきた。(車でだけど)ここは剣豪、宮本武蔵と佐々木小次郎の碑、麓には宮本家累代の墓もある。山頂付近には大戦中は陸軍の施設が在ったらしく巨大な豪の跡が残されていた。幕末には長州藩と熊本藩との激戦地でもあったらしい。

山頂は展望台が整備され門司と海峡を挟んだ下関。それに武蔵と小次郎の決闘があった巌流島が見渡せる。山頂付近までは車でも登れるが、自然林に覆われた気持ちよさそうな遊歩道も整備されてる。MTBerなら断然こちらがお勧め。標高は100メートルもないだろう。今度はMTB連れて登ってみたいな。
[PR]
by ban-g | 2005-05-25 02:27 | ちゃりんこ | Comments(0)

毛虫 三日目

痒みのピークは、どうやら越したらしい。薬が効いている間は強烈な眠気に襲われ、死んだように眠っているので忘れているだけかもしれないが、今日は幾分ましな気がする。きょうの北九州地方はとても天気がいい。いや良かったらしい。何分、徹夜明けに薬を飲んで、さっきまで爆睡していたのだから無理もない。自転車で出かけたくなる気分だが、体を動かすと、また痒みが出そうなので自粛。もう1,2日は大人しくしておこう。薬は明日の分までもらっているが、これで十分かと思う。もう少しの辛抱だ。ガンバレ俺!
[PR]
by ban-g | 2005-05-20 15:53 | あれこれ | Comments(2)

毛虫 二日目

朝、痒みで目が覚めた。服を剥ぐって見てみると昨日より発疹領域が大幅に拡大している。このままでは、「俺の身体は「毛虫の毒」に征服されてしまうっ!」という妄想に駆られ、休暇で、まだ眠っているピクミンを叩き起こし、近所の皮膚科を尋ねてみた。すると流石は現役ナース!Google検索よりも速く、近所の皮膚科を教えてくれた。

その情報を元にネットで場所を確認。ありました、ありました。歩いても行ける距離だが、雨が降っているので車で行くことにする。院内には開院15分前だというのに、すでに椅子が足りないほど患者が座っている。それでも受付カウンターはシャッターが閉まったまま。役所かここは?。カウンターに、ぼつんと置いてある受付表に名前を書き順番待つことにする。やがて開院の時間が来ると、やっと受付カウンターのシャッターが上がった。ここの受付嬢、ずらりと並んだ患者(お客様)に一言「おはようございます」の挨拶くらいあってもいいはずだが、それも無し。なんか感じ悪い。

何人か、まとめて名前を呼ばれ診察室へ通される。驚いたことに、この病院の診察室と待合室の間はカーテン1枚で区切られているだけで、中の話し声が筒抜けなのである。実は発疹は膝から上のほぼ全身に広がりチンチンの周りにも広がっていたのだが、これを診察室で言うのはちょっと勇気がいりそう。しばらくして名前を呼ばれカーテンの向こうの診察室通された。医師は30代後半くらいでまだ若い。看護士はベテラン風だが妙につりあがった緑色のフチの眼鏡がイヤミ。患者を威嚇してどうすんだ?デスクには患者名が丸見えのカルテが無造作に置かれている。「個人情報保護法」の通達は、ここにはまだ無いらしい。

椅子に座らされ、患部を見せると「毛虫にやられたみたいだね。」とズバリ言い当てられた。「とりあえず、かゆみ止めの薬出しておきましょう。」あっという間に診察終了。「あのー、チンチンも痒いんですけど」なんて会話を聞かれ、待合室で苦笑いされることもなく済み安堵。隣の処置室に通され緑メガネに薬を塗ってもらう。さすがに「チンチンもお願いしますぅ」とまでは言い出せなかったが、きわどい線まで塗ってもらった。若くて可愛いナースだったら「ほーれ、オジサンのココにも塗っておくれ!」などと変態プレーに走り、オマーリさんにお世話になりそうになるが、そういう気にもなれない相手で、むしろ正解だった。

帰りに塗薬と飲み薬をもらい、今日、一日使ってみたがイマイチ効果が薄い。
まだ数日、痒みとの戦いは続きそうだ。
あぁカイカイ
[PR]
by ban-g | 2005-05-19 00:56 | あれこれ | Comments(3)

毛虫 初日

昨夜から一晩かけてPCのOSの入れ替えとソフトのインストール。Windowsのこの手の作業というのは全く持って閉口する。BIOS設定なんか全部英語で聞いてきやがる。「俺日本人なんっすけど」とか言っても駄目。終いには、どういうわけかCDもHDD認識しなくなる始末。何度目かの挑戦でやっとインストール成功。いったい俺の何が気に入らなかったんだ?このインストールに要する時間っていうのは本当に無駄な時間だと思う。なんとかならないものか?CPUの速度上げるくらいならCD-ROMのスピードをX240くらいにして欲しい。(CDが遠心分離するかもしれんが)

死ぬ間際に「あと1分だけ・・・」なんて場面に「あん時の無駄時間があれば・・・」なんて後悔しそう。いや、する絶対。

などと考えながらジーッとモニターとにらめっこしていると、なにやら袖の辺りが「モゾモゾ」している。ふと見ると毛虫・・・げげーっ!急いで払いのけると床に落ちた。腕を見てみると赤い湿疹。しばらくすると、お腹周りを中心に痒みがでてきた。服を脱ぐと真っ赤な湿疹が螺旋状に描かれていた。俺にとっては無駄な時間も毛虫にとっては無駄ではなかったようだ。あぁカイカイ。
[PR]
by ban-g | 2005-05-17 18:27 | あれこれ | Comments(2)

GWは終わったのに・・・

みなさまお楽しみのGWが終わって1週間近く経とうとしています。今年は長期の休みが取れた方も多かったので、お金を使い果たして、連休明けはきっと暇ににるんじゃないかと・・・。そうしたら、俺も、ほんのちょっと休みなんか取っちゃったりして、温泉でも行ってのんびり・・・(ニヤニヤ)なんて考えていましたが、甘かったようです。

連休明けも、ずーっと仕事続き。明日も明後日も明々後日も予約入ってます。自営業は忙しいのは良いことなのだけれど・・・限度越えるとねぇ・・・。なんて言いながらも、しっかり自転車だけは乗ってますよコイツはー!昨日も山登ってきたもんねー!でもレポート書く暇が無い。あっ2時だ!仕事の受付時間も終了ですので、おやすみなさい。
ではまた。
[PR]
by ban-g | 2005-05-14 02:10 | あれこれ | Comments(2)

ばんじー流

昨年から自転車に乗って他人と競うことが無くなった。
平日も週末も仕事なので「競うことが出来ない」というのが正確なところだ。
乗るのはソロで平日の午後から1〜2時間程度というのがほとんど。
コースなんてその日の気分次第。
走るペースも自分の好きなように、どうにでもできる。
実際に出ているスピードなんてどうでもいい。
それよりも「スピード感」や「達成感」、「自転車をコントロールすることの歓び」みたいのが大事に思えてきた。
楽しく走る
これが近頃の俺のテーマ。
サスペンションもいらなきゃSPDもいらない。
楽しく走ること=速く走るとは限らない。
走った後の軽い疲労感これこそが大事。
[PR]
by ban-g | 2005-05-11 16:57 | ちゃりんこ | Comments(6)

ルーシーちゃん@オトモダチ

c0070609_21582717.jpg

マックスの友達第2弾、ルーシーちゃん(♀)です。
ルーシーちゃんは以前登場したラッキーくんと兄弟犬です。
大きさは♂のマックスやラッキーくんと比べると、ふた周りほど小型。
ひとなっこくて大人しい性格のようで、いまだに吠えたことがないそうです。
[PR]
by ban-g | 2005-05-10 21:58 | わんわん | Comments(0)

山の上でのお話し

c0070609_1381424.jpg
きょうも五月晴れ。
午後からちょこっとツーリングに出てみた。
マンションを出て玄海灘の海岸線へ向け走りだす。
途中、サイクリングターミナル横を過ぎる時に親子二人が乗った「タンデム車」(レンタサイクル)発見!

ゆるい登り坂で、追撃しようとするが、素人とはいえ流石に双発。
なかなか追い付けないw
必死に漕いでなんとか追い越したものの、早くも乳酸が・・・
情けない。

なんてことしているうちに、あっという間に海岸線に出た。
とは言ってもこの辺は、完全に埋立地。
そういえば車の免許とった次の日から、ここで4トンダンプを運転してたっけw
気持ちよく旧湾岸道路の歩道を走り、若松の市街地へ向かう。
若松高校付近の坂道からは「若戸大橋」が見え隠れして、サンフランシスコみたい。

若松市街から高塔山に向かう。
登り始めの勾配が半端じゃなくて、「このまま行ったら死ぬ!」とまで思ったが、途中から緩やかになり一安心。
どうやらこうやら山頂の展望台まで登り着いた。
ここからは若戸大橋と若松と洞海湾を挟んだ戸畑の町が一望できる。
c0070609_1385476.jpg

一休みして、隣の石峰山へ向かう。
この山に登るのは15年ぶりくらいかな?
ずっと「押し」だった記憶しかなかったが、押しはあるものの、記憶ほどのことは無かった。
むしろ、ゆるいアップダウンが続く幅の広い登山道が気持ち良かった。

山頂に着くと、おじいさん(75歳)が腰掛けられていたので声を掛けてみた。
おじさんから「あんた大学生かい?」と聞かれ「いえいえ40過ぎてますよ!」と答えると「そうじゃろう。その腹はどうみても・・・」と笑われてしまった。
それから、昔この山にあった砲台の話しや空襲の話しで30分くらい盛りあがった。

実際に戦争を体験した人の話しを直に聞くと、北九州も何度も戦火にさらされたのだとわかる。
最近はネットでも戦時中の話しをよく見かけるが、一方的に日本が悪いという「歪んだ歴史観」の教育を受けてきた自分たちの世代にとって、その内容は、ある意味「ショック」である。

戦後60年経ってようやく重い口が開かれたという感じ。
戦後生まれの「従軍慰安婦」や年々増えつづける「南京大虐殺」の人数など、どんどん明るみに出る矛盾に「真実はどうだったのか?」と考えさせられずにはいられない。

謝罪だ反省だと狂ったように捲くし立てる、読んだこともない他国の歴史教科書にイチャモンつけている、三国人に「お前らが戦後のどさくさに紛れて日本人にやったことに対しての謝罪はどうなんだ?」と、小一時間問い詰めてやりたい気分だ。

ああ、なんだか自転車の話しからは程遠い話しになっちゃいましたね。
でも、今、平和な日本でこうやって自転車乗って遊んでいられるのは戦争で亡くなった多くの方々の尊い犠牲の上にあることだけは忘れたくないです。
[PR]
by ban-g | 2005-05-05 01:44 | ちゃりんこ | Comments(2)

お疲れ様

ゴールデン・ウィーク真っ只中!
みなさんそろそろお疲れのようで、仕事も大忙し!
連休明けたら、こっちも休みたいよ・・・
[PR]
by ban-g | 2005-05-02 12:44 | あれこれ


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング