ばんぶろ



<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


三岳梅園

c0070609_19354924.jpg
c0070609_19361149.jpg
家族で三岳梅園へ行ってきた。2週間前、自転車に乗って訪れた時には、まだ1本しか咲いてなかったが、ここ数日、暖かい日が続いていたので一気に咲いたようだ。天気がよくて最高の眺めだったよ。
[PR]
by ban-g | 2007-02-28 19:37 | e-Nittki | Comments(4)

花盛り

ここのところ花粉が飛びまくっているので、軽い引きこもり気味になっていた。しかし、天草サイクルマラソンまで、あと1週間ともなれば、そうも言っていられない。まともに走るのは2週間ぶりか?心肺ともに完全に死んでいた。
c0070609_3552751.jpg
c0070609_3555772.jpg


先日、交換したサドルのポジション出しをしながら、チンタラ走っていると、梅や菜の花が満開だった。普段と同じトレーニングコースでも花の季節は別物だね。ヒルクライムも、なんだか楽しい気分で走れる。

昨シーズンは復帰1年目ということもあり、瞬発的パワーよりも持久力を重んじハムストリングを多用する「後ろ乗りポジション」だったが、今シーズンは苦手な上りを克服すべく、引き足を重視したポジションに変更してみた。

昨年、「ファンライド」で身長165センチ以下の・・・・って特集があったが、それを参考にしてみた。これが中々いい感じ!サドルを5ミリ前に出しただけで、引き足が楽に使えるようになると同時に、今までどうしても治らなかったアンクリングが無くなり、クランク回転がとてもスムーズに。結果、楽に速く登れるようになった。引き足って思っていたよりパワーあるのね(笑)

その反面、大腿四頭筋を多用するので持久力に問題があるのと、上半身がかなり窮屈になったので、サドルを2ミリ後退させ、微調整。下りではもう10ミリハンドルが遠いとベストなのだが・・・
ハンドルをリーチの長いものに交換するか?まだまだ悩みは尽きそうも無い。
[PR]
by ban-g | 2007-02-26 03:56 | ちゃりんこ | Comments(6)

天草サイクルマラソン(また雨かぁ?orz)

いよいよ来週に迫った。週間予報では天草地方は土曜が「曇り時々雨(降水確率50%」。日曜が「曇り(降水確率40%)」最高気温は19度、最低気温は8度。寒いのは我慢できても雨はなぁ・・・orz でも花粉バンバン飛んでるんで、晴れるよりはマシかもね。
[PR]
by ban-g | 2007-02-25 12:24 | 2007天草サイクルマラソン | Comments(4)

おぐに500告知

3/11に熊本県小国町で3時間耐久MTBレースをやります。
昨夜大急ぎでHPをリニューアル。
参加申込書もダウンロードできますよ。
どんどん参加してください。

PC版HP
http://oguni.ban-g.net/
携帯版HP
http://oguni.ban-g.net/m
[PR]
by ban-g | 2007-02-22 13:17 | ちゃりんこ | Comments(3)

Pacereパーツ決定

フレームが届いて1ヶ月近く悩みに悩み抜いて、ようやく決定し、正屋さんにオーダーした。1ヶ月も考え抜いた割にはあまりに平凡な構成。むしろ、ボツとなった案の方が面白いものがあった。そのいくつかを挙げてみると・・・

カンパニョーロ
シマノよりは耐久性がありそう。特にアルミの材質は一枚上手。ただしチェンやスプロケット、ワイヤーなどの消耗パーツが高価だし、地方でトラブった時には入手困難であるため却下。

Wレバー+ブレーキレバー
手元変速全盛のこの世に、今更Wレバーかよってつっこまれそうだね(笑)確かに手元変速の便利さや安全性を一度経験してしまうと、戻れなくなる。Wレバーしかなかった時代から乗ってる俺でさえ、そう思う。正確に言えばWレバーを使いたいんじゃなくて、デカくて不細工なシマノのデュアル・コントロール・レバー(名前も長いな)を使いたくなかっただけ。

だって105なんか新型になって、さらに7mmも前方に伸びてるんだよ。ハンドルやステムの長さで調整するにしても、ちびっ子フレームじゃ限界があるし・・・そんなわけで目を付けていたのが「TEKTRO R100」。見かけはカンパのレバーそっくり。カンパのレバーと言えば、ハンドルバーとの、あのスムーズなつながり。あれはいいよね。

でも、最終的に安全性を考えると、デュアル・コントロール・レバーに落ち着いた。昔みたいにWレバーで変速中に、トラックに煽れれて吹き飛ばされそうになったりするのは、もうゴメンだよ。よって却下。

シマニョーロ
シマノの変速機にカンパのレバーを組み合わせて変速させるものだが、こういうのはどうも気に入らない。よって却下。

トリプルクランク
こちらは貧脚化が急ピッチで進む俺にとっては、甘い誘惑だった。フロント30T、リア27Tはかなり魅力的だが、コンパクトクランクの34Tと比較すると、トリプル30:24(1.250)はコンパクトの34:27(1.259)とほぼ同等であり、27T以外はカバーできてしまうのであえなく却下。ただしシマノのコンパクトドライブの味気ないデザインはいただけない。最も安価なティアグラグレードが一番キレイなデザインなのはなぜ?

スギノ コスペア(クランクセット)
最後まで悩んだ。美しいデザインのギヤ板とコンパクトクランクと微妙な長さの167.5mmクランク長で、ほぼ採用が決定だったが、あの精度と変速性能ではコストパフォーマンス悪すぎ。定価25000円は高過ぎるよ。

・・・・んで、結局、シマノ105(5600)とR600シリーズをメインにPacerらしさを出しながら、パーツを選んでみた。結果的には面白みに欠けるのかもしれないが、使い勝手は良いのではないかと思う。詳しいパーツの詳細はまた後日報告するとしよう。
[PR]
by ban-g | 2007-02-20 02:31 | Surly Pacer | Comments(4)

石見ライド02

5/19.20に開催予定の石見ライド02の参加申込書が届いた。HPも開設されているので覗いてみると、先日、残雪の中で行われた試走の模様のビデオが公開されていた。見るからに寒そう(笑)今年のコースマップも公開されていたのが、昨年のものに比べかなり小さくなっていた。拡大しても解像度低すぎて、余計に解らなくなる始末。orz

あれやこれやと、心の目で地図を読みながら「カシミール」でルート作成。二晩かかってようやくDAY1が完成。走るより疲れたorz 距離は長くなっているが昨年よりは楽かもしれない?なんて勝手に思っているが、どうなんだろう??今年も桜の季節に試走できるといいな。
[PR]
by ban-g | 2007-02-20 00:23 | ちゃりんこ | Comments(1)

春一番

c0070609_16445849.jpg
元気ですかーーーーっ!の春一番ではありません。早いもので、もう春一番が吹きました。ああ、なんということでしょう。この分じゃ夏が思い遣られます・・・

それにしても、ここ2日間はNet環境がよろしくなく、ROM専になっていましたが、みなさんのblogの更新のマメさには驚かされます。

自営業の私は、また今年も例のモノがやってくるので、領収証とパソコンと蜜月の日々が暫く続きそうです。
[PR]
by ban-g | 2007-02-14 16:45 | あれこれ | Comments(0)

パーツ選考

1ヶ月近く悩んで、ようやく固まってきた。使い方としてはツーリングがメイン。速さより長距離を楽に走れる仕様にしたい。

メインコンポ
シマノかカンパで悩んだが、カンパのハンドルとのつながりがすばらしいエルゴパワーは魅力的だが、チェーンやワイヤーなどの消耗パーツの価格が高すぎる。とりあえずシマノで決定。

とはいうものの、ブラケットだけは何とかならないものかと、Wレバーとカンパっぽい形のTEKTROのブレーキレバーの組み合わせや、カンパのブラケットでシマノコンポを駆動する「シマニョーロ」など、あれやこれやと考えたが結局シマノのDCに落ち着いた。(我慢、我慢)

と、いうのも先日650Cロードでデイパックを背負ってツーリング中、峠を超えようとしたときに、Fインナー39*R27Tでも苦しかったorz。1kg近い荷物があったにせよ貧脚過ぎる俺。これが車輪の直径が大きくなる700cならもっと苦しくなるぞ!ってことでコンパクトクランクでも足らないかも?どうせ老いていく身。思い切ってトリプルを採用するかどうか迷い中。

調べてみると105のトリプルのアウターは50T。これって貧脚にとっては、とっても魅力的。即決定。FトリプルならWレバーとシマニョーロ仕様は自動的に消去された。
[PR]
by ban-g | 2007-02-12 15:12 | Surly Pacer | Comments(0)

サドルテスト

650cロードで現在使っているサンマルコ・エラより、ちょっと幅があるSDGヴェンチュラに交換してみた。実はこのサドルはとっても身体に合ってて、所有しているMTB3台全部に使っている。ただ、デザイン的にはロードには見た目が不似合いかと思い、ずーーーっと何年も使ってなかった。

サンマルコは少し細身なので俺の骨盤には少々狭すぎる150km以上走ると股間に痛みがはしる。まあ、150kmなんて、そうそう走るもんじゃないから我慢していたのだが、今度組むSurly Pacerでは長距離を走りたいので、ドロップハンドルのポジションでは、どんなもんじゃい?ということで、今回のテストと相成った。
c0070609_0471975.jpg


さて、感想は、「ああ、最初からこれにしとけばよかったな」的なビッタリフィット。ただね、このサドルとっくに生産中止なんだわ。新品はデッドストックかオークションで気長に探すしかない。それとも、サドルの表皮を張り替えロードにも合うようにするか?そこまでするようなサドルじゃないかもしれないけど・・・

ほか探した方がいいかもね。スペシャのTOUPEなんか、同じ様な幅だし・・・ねぇYuFuKuさん(笑)
[PR]
by ban-g | 2007-02-06 00:47 | Surly Pacer | Comments(6)

雪だ!温泉だ!皿倉山ツーリング!

オフロードバイシクル九州のBBSにnセンセからの書き込みがあった。

雪降ってます 投稿者:n 投稿日:2007/02/02(Fri) 08:10 No.2846

素晴らしく雪が降ってるので、明日の土曜日の朝から、皿倉山ツアーを開催します。今度こそ間違いなく雪だらけでしょう。
一応、河内温泉「あじさいの湯」に10時集合にしようとおもいますが、希望者がいたら、ケーブル山麓駅に11時集合でもいいか。

-------------------------------------------------------------------------

Re: 雪降ってます n - 2007/02/02(Fri) 14:21 No.2847

...だれもへんじなし   (泣)
つまんない


えーっ!誰も行かないのか?予定していた島根行きも中止となったことだし、急遽参加決定。でも平地では昨日の昼間に完全に雪は融けてしまっているし、山を見ても雪は疎らだ。大丈夫かな?

翌朝、身支度を済ませ、軽くMTBの整備をする。。考えてみればJamis ダコちゃんは去年8月の汗汗フェスタ以来乗っていない。完全に抜け切ったチューブレスタイヤに2気圧まで空気を入れ、チェーンとディレーラーに注油し車に積み込む。

驚いたことに、山間部に入ると、まだまだ積雪している。集合場所の「あじさいの湯」までに乗り捨てられたトラックや事故を起こした車を数台見かけた。いずれもノーマルタイヤで峠を超えようとしてた様子。無理はいかんよ。無理は・・・

c0070609_314739.jpg
午前10時丁度に集合場所に到着。まだ誰も着ていない。とりあえず自転車を車から降ろしていると、nセンセ到着。挨拶もそこそこに準備開始。話を聴くと他には誰も来ないみたい。しかも、ふたりは同じモンベルの色まで同じお揃いのジャケットでペアルック。(笑)ふたりとも、ほぼ完全な防寒スタイル。nセンセはシューズの下にゴアテックスのソックス。俺は爪先用使い捨てカイロを装着。

まったりとスタート。林道はシャーベット状の雪が融け始めていた。少しでも気温が下がるとアイスバーンになりそう。出る前に空気を入れたが、いつの間にか後輪の空気圧がベコベコに下がっている。恐らく1.3気圧程度か?雪道の上りだから丁度いいか?といい加減な自己診断を下す。慎重にタイヤグリップを確かめ上るが、すぐにオーバーヒートの俺。ウインドブレーカー、キャップを次々と脱ぎ始めるが、nセンセは全然平気。完全に置いていかれる。やっぱ痩せてるっていいねぇ。うらやましいぜ!
途中nセンセは余裕の雪上パフォーマンス。一方、俺は完全に息あがってた。orz
c0070609_355771.jpg
必死に漕いでようやく皿倉平に到着。ここで小休憩。ここまで上ると気温が低いので、すぐに身体が冷え始める。不足気味の空気を追加して山頂に向け再出発。このあたりでクロスカントリースキーやソリをやってる親子を発見!普段はアスファルトの林道なので異様な光景だ。
c0070609_391480.jpg
どんどん深くなる雪を掻き分けながら、山頂到着。
山頂からは東は門司、西は八幡西区まで一望できる。
c0070609_3263752.jpg
誰かが雪だるまを作っていたよ。
nセンセは、登頂記念オブジェを製作。
寒いのでとっとと下山し隣山の帆柱山に移動。ここはハイカーの足跡が多かったけど、適度に雪が深くて楽しかったな。
c0070609_3243770.jpg
nセンセ余裕のコーヒータイム。飲んでいるのは危ないクスリではありませんよ!(笑)さてさて、いよいよ雪上ダウンヒル。と、いっても、雪が融けて川になって流れてゆきます♪by キャンディーズってな具合のコンディション。泥水を巻き上げて、お尻や、顔に飛沫がかかる。かかる程度なら許せるが、タイツやシューズにドンドン染み込んで、おまけに走ると、急速冷凍。体感温度急降下。ゆっくり走っても変わらないなら、一刻も早くゴールしたい!ガンガン飛ばして泥まみれ!そして無事ゴール。
c0070609_339189.jpg
濡れたタイツは中まで泥水が染み込んでいた。(茶色いのはウ○コじゃないよ!)急いで着替えて、あじさいの湯に移動。あー、冷え切った身体に温泉が染み渡る。サイコー!!こんなツアー年に1回くらいしかできないもんね。次回は来年かな?今度はもっと大勢で走ろうよ!

*ここで使用した画像はほとんどnセンセのサイトよりパクリました。nセンセゴメンナサイ!
[PR]
by ban-g | 2007-02-04 04:03 | ちゃりんこ | Comments(10)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング