ばんぶろ



<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


真夏のスープスパ(汗)

c0070609_16392799.jpg

麺が見えんがなー!


昨日は輸入食材屋さんに行って、いろいろと仕入れてきました。タコライスの予定でしたが、ピク@嫁から「ごはんないよー」との緊急連絡が入り、急遽スープスパに変更。本当は「冷やしスープスパ」の予定でしたが、熱いままいただきました。

いい加減なレシピ
パスタ麺を塩茹でしている隣でタマネギを鍋でオリーブオイルで炒めます。
タマネギに火が通ったら、隣のパスタの「煮汁」を鍋に入れ、冷凍のままのホタテと剥き海老とカットトマトの缶詰をぶち込み、ひと煮たちさせます。

その間にパスタ麺が茹で上がると思いますので引き上げて、固まらないようにオリーブオイルを少しかけておきます。(冷パスタの場合はここで氷水で冷やします)

スープが煮立ったら、コンソメブイヨンとコショウ、ローズマリーやバジルなどのハーブを入れ、出来上がり。(冷やしパスタの場合、先にスープを作って、冷蔵庫でよく冷やしておくといいでしょう)

今日はピクルスの瓶詰めも大量に買ってきたのでトッピングしてみましたよん。
[PR]
by ban-g | 2007-07-31 16:53 | ban御飯 | Comments(4)

勝負靴下

c0070609_2315893.jpg

面白い靴下を見つけたので速攻で買ってきました。これ履いて汗汗は頑張ろう!
[PR]
by ban-g | 2007-07-29 23:02 | e-Nittki | Comments(8)

自転車は、しばらく夏休みします

梅雨明けして1週間くらいかな?暑いのが苦手な俺はすでに引き篭もってます。自転車は少し涼しくなるまで乗る気がしません。だって楽しくないんだもん。(笑)選手じゃないんだから、無理して乗ることないって。

ただ深夜の自転車通勤は、この季節最高に楽しいので続けてます。ただし帰り(17時くらい)は、まだまだ暑い時間帯なのでフラフラと陽炎のように漂いながら走ってますけど・・・

とはいえ、来週末は汗汗フェスタだな。今年もスイカを食べに行きますよ!このレース何年になるんだろう?一番最初にコースを作るとき、日置町役場の人とレンチー吉村さんとガムボール岸川と俺とで、あれこれレイアウトとか考えたな。ちなみにアノ、シャワーは俺の案ですよ。(笑)

あっ、そうそう話は変わるけど、遅ればせながら先日から、ピク@嫁と「ビリーズ・ブート・キャンプ」に入隊しました。想像以上の運動量に付いて行くだけでも大変です。初日のときは、翌朝、腹筋が切れたんじゃないかってくらい痛かった。orz それでも続けていくうちに、少し慣れてきましたよ。

そういえばクライアントさんでコレで背骨を骨折した女性がいました。骨粗しょう症だってそうですが、マッサージで折らなくてよかった(汗)
[PR]
by ban-g | 2007-07-29 13:42 | あれこれ | Comments(11)

ありえない間違い

昨日仕事が終わって夜中に寝付けなくてオーバーホールしたばかりのPacerで深夜の散歩にでかけました。走っていると、どうもリアメカの調子がイマイチ。5から4速へのシフトアップのときにもたつく。リアメカのワイヤーの張りを何度調整してもうまくいかず、「明日またやろう」ってことで放置してしまいました。

翌日、スプロケットが変形でもしてるんじゃないかと見てみると、4速と5速のギヤ板を組み間違えていましたよ。ありえねー・・・orz
c0070609_2292167.jpg

[PR]
by ban-g | 2007-07-25 02:33 | Surly Pacer | Comments(15)

梅雨明けとPacerオーバーホール

北部九州は永かった梅雨がやっと明けました。先週末、雨の中を走ってドロドロになったPacerを数日前からオーバーホール中だったのを一気に仕上げました。

駆動系、回転系のベアリング部を中心に、ほぼ完全にばらして組み立て直しましたが、新車同様の動きに戻って大満足!早く走りに行きたいな。
[PR]
by ban-g | 2007-07-24 00:45 | Surly Pacer | Comments(0)

SurlyPacerで200km走っちゃいましたよ(ゴール編)

PC5のコンビニではアクエリアスとミネラルウォーターのペットボトルをそれぞれ1本づつと、パンケーキ、ウイダーを買込み、夕食代わりに。脂肪の燃焼がイマイチなのか?この辺りからやたらとお腹が空きだしました。他のみんなはカップラーメンを食べていたけど、俺はインスタントラーメンを食べると確実に下痢するのでやめときました。悪夢はスタート前だけで沢山です。

時計をみると夕方5時をまわっています。そろそろ日没が気になる時間です。残りは距離にして約60km。時間にすれば(市街地ということ考慮して)約3時間といったところでしょうか。

夏至を過ぎて日没は遅いとはいえ、20時では完全に日没後にゴールということになり、ナイトランは確実となりました。ゴールまで10kmくらいは街灯ない国道を通らなければなりません。一応ライトや尾灯は装着していますが、小さなものなので、あまりに心許ないです。

さて、補給を済ませ再び走り出します。ここからは比較的交通量の多い道を走りグリーンパークまで抜けます。このあたりから、ふから会長に加え、クリクリマンさんとの3両編成鈍行列車になりました。だんだんと集中力も落ちてきてQシートだけでは分かりにくい箇所もありましたが、GPSに助けられながら先に進みます。

グリーンパークからは、いよいよ日没との戦いとなりました。途中、ふから会長が自販機で「アイスが食べたい!」
などと、小学生みたいなことを言い出しましたが(笑)「次のPCまですぐだから!」と、なだめ、先を急ぎます。最終PC、PC6(残り33km)に到着。ふから会長は念願のアイス(クーリッシュ)を手に入れました。ところが冷えすぎて
固まりになって吸い出すことが出来ません(笑)。

各自、補給を済ませ、反射材の付いたベストやタスキを着けナイトランの準備に入ります。
俺もライトを点けようとしましたが、尾灯がどうも暗い。スタート前の車検ではそんなことなかったのに・・・バラしてみると中に水が浸入してました。どうやら漏電のようです。
スペアは持たないのでこのまま走りますが、暗いので心配です。

そんなこともありPC6を出てからは、本当に日没との戦いとなりました。「少しでも日暮れ前に走っておきたい。」その一身で波津の海岸入口まで走り貯めし、後続の二人を待ちます。ここからの海岸線は比較的交通量も少ないので、ここまでくれば安心です。
c0070609_13132023.jpg
 
たぶん俺です・・・

5分くらい待ってふたりが到着し再スタート。ここからは日没と夜の境目の幻想的な風景の中を走ることが出来ました。さつき松原に到着する頃は、すっかり真っ暗になってしまいました。暗闇の中、小さなライトだけでは何も見えないに等しく、猫の死体が転がっていても、気がつかなくて、踏んでいくいこと間違いなしです。

心細く思っていると途中スタッフの方が写真撮影をしていらして、その直後、俺たちの集団を後ろから車のライトで道を照らしてくれてくださいました。お陰でとても走りやすくなりました。ありがとうございました。

ゴールまで前をひいてくれたクリクリマンさん、ゴール寸前の信号を曲がらずに
直進して行ってしまいました。
(AJ福岡の参加者専用HPでの画像集ではスタート直後も逆走している姿が残されていました。かなりの大物なのはまちがいないようです)

俺は、丁度、赤信号だったので後続のふから会長を待って、会長にコースを確認してゴール地点へ。

20時32分無事ゴール。とにかく腹ペコです(笑)。いろいろとトラブルもありましたが、装備面など解決しなければならない課題も多くありますので、次回はもっと楽しく安全に走れるよう努めたいと思います。

最期にスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
楽しかったです。次回9月の300kmにも挑戦できるよう頑張ります。

追伸
ラーメンでも食べて帰ろうと思っていたのですが、お店はすでに閉店してました。空腹な上に眠気まで襲ってきて、釣川の河口で車を停めて仮眠して、目が覚めたら23時過ぎでしたよ。orz
[PR]
by ban-g | 2007-07-21 13:18 | ちゃりんこ | Comments(9)

Surly pacerで200km走っちゃいましたよ(その3)

いい加減凹みましたが、気を取り直して再び走り始めることにしました。
そして、やっと、たどり着いたPC2のセブンイレブン。距離にして約73km。まだ1/3しか走っていませんが、さっきまでのトラブルのためか、かなり焦燥しています。

と、いうより眠い。

今回もいつも通り、前日、いや当日早朝まで仕事をしていて1時間半ほどの睡眠しか取っていません。スタート前に紅茶500mlを飲み干し、カフェインでお目目パッチリ覚醒していたのですが、どうやら薬が切れたようです。集中力が無くなってきたのも、そのせいでしょうか?

お店でパン2個とコーラを1本買って、携帯のnanacoで「チャリーン」と、支払いを済ませます。現金を持たなくても、おつりの小銭も貰わなくて済むのでnanacoは便利です。

お店の前でパンをかじり、コーラを半分ほど飲んで再出発。小さな峠を超え、筑豊のシンボル香春岳を見ながら走り、つづいて新仲哀トンネルを抜け行橋市へ入ります。このあたりになると完全に雨もあがり曇り空へと変わってきました。半乾きの冬用タイツが重たく感じられ、濡れたシューズの中の足が、ふやけているのが気になります。

調子が上がってきたところで、PC3(96km地点)到着です。ここで約半分。でもこの調子なら最期まで走りきることができそうな予感です。天候も回復し倒木も除去されたとのことで、初めのQシート通り、平尾台(標高400m)を越えるとの発表がありました。これからの峠に備え即効性のあるウイダーを補給し再び走り出します。

初めは集団でしたが、峠に差し掛かるとガクンと出力が低下します。先週の100SPINで回転数は上げられることは確認済みでしたが、トルクの方は全然あがりません。2ヶ月も自転車に乗れなかったので、仕方がありませんが、それ以上に、ふやけた足の爪が柔らかくなっていて、爪先に力が入りません。次第に痛みさえ感じるようになってきました。(後でみたら
爪が縦に真っ二つに割れてました。
痛いわけだ。orz)まあ、リハビリだと思ってジワジワ登っていきます。
c0070609_13354724.jpg

(笑っていますがこの時点で既に爪は割れていたものと思われ・・・)

途中、スタッフKさんが写真を撮られていたので
「あとどのくらいですかーーーっ?」
と、訪ねたら
「まだ半分もきてないよー!あははははー!」
との答え。まだ登るのかっ!聞かなきゃよかったよ。orz

そんな、平尾台ですが、景色は素晴らしく、途中、白糸の滝のような奇麗な滝が遠くの絶壁に見えたり、下の方から標高が上がるにつれ生えている植物が、竹林から草原に変わっていく様は見ていて癒されました。

ヨタヨタと峠を登りつめ、ようやくPC4(108km)到着です。この峠を越えれば残り100kmは楽なものです。標高が高いのですぐに身体が冷えてしまいます。ふから会長を待って休憩もそこそこに再スタート。ここからはダウンヒルですが、前日の台風の影響で濡れた路面に小枝が散らばっているので飛ばす気になれず、ジワジワと下っていきます。
c0070609_13363315.jpg

下界に到着すると、ここからPC5までは地元なのでQシートやGPSに頼らずとも走れます。合馬の峠に入る前に、ふから会長から「ここからはマイペースで行きますので先に行ってください」との許しを受け、自分のペースで走らせてもらいました。

(走行中、ふから会長から何度も、「ばんじーさんペース落としてるでしょう?」とか「先に行っていいですよ」と言われ、かなり俺の脚をひっぱってるんじゃないかと気にしてたようですが、俺としては、ふたりで走ったほうが心強く走れたし、あれでもペースも極端に落としていたわけじゃないですよ。それにブルベはスピードを競う競技じゃないですから!)

とはいえ、膝のテストもしてみたかったので、ほんのちょっと峠でスタンディングでこいでみました。予想以上に大腿部の筋力が低下していてすぐにダウンしてしまいます。

峠の手前で先行する一人を見つけ抜くことが出来ました。もしかして先行している集団もそんなに離れていないのかもしれません。先に進むと畑ダム下の信号で先行する集団が視界に捕らえる距離まで追いつきました。(あとで、亀仙人さんのレポートにありましたが、この集団は田代別れで休憩していたそうです。)次のPC5(138km)までにはなんとか追いつき同時に到着。
でも無駄に体力使ってしまいました。時刻は17時。そろそろ日没の時間が気になりだしました

つづく
[PR]
by ban-g | 2007-07-19 13:49 | ちゃりんこ | Comments(6)

Surly pacerで200km走っちゃいましたよ(その2)

前回までのあらすじ
200kmブルベ試走会に参加した、ばんじー&ふから会長。スタート前から遅刻、下痢、Qシート忘れ。スタート後も暴風雨、パンク、GPSの異常などのトラブル続き。さてこれからのふたりの運命は??

ここまでQシートはほとんど使用せずに、GPSに頼りきつて走っていたから、さあ大変!現在位置すらわからない。それでもGPSにはポイントが表示されていたのでポイントを番号順に繋いで走ることにしました。

しかし、これでは曲がり角が事前に分からないため、GPSの表示画面を常に拡大縮小を繰り返さなければなりません。その為、思い切りペースダウンしてしまいます。そんなとき、携帯が鳴りだしました。多分、遅すぎるのを心配したスタッフの方からの電話だろうと思ったら、仕事の電話でしたよ。こんなときまで・・・orz

飯塚市内を抜けようとするところで停車してGPSとQシートを照らし合わせていたら、ひとりのサイクリストに抜かれました。背中に大きなディパックを背負っているので、参加者かどうかは微妙です。

とりあえずGPSのポイントも彼の進行方向へ進んでいるので、追跡することにします。数キロ走って、市街地を抜け、田園風景に入ったところでようやく追いつきました。横に並んで声をかけると、やはり、参加者とのことで安堵しました。

そかこからもルートが出ないのでポイントをつないでQシートと照らし合わせて走行方向を見極めながら走ります。それでも何度かGPSのポイントを読み違えてコースミスorz

再び市街地に入りますが、この辺りは道幅が狭く交通量も多いので注意が必要です。そんななか後続のふから会長が千切れてしまったので、待機しようと自転車を端に寄せたときに事件は起きました。

ガシャーン!

強い衝撃を受け、何事かと思ったら、変な形の溝ぶたの穴に、見事に前輪を落としてしまいました。orz 走行に問題になるダメージはありませんでしたが、いかにも「自転車のホイールを落としてください」みたいな、この穴の形状はなんとかしてもらいたいですよ。
c0070609_1832214.gif

ふから会長が到着し、再び狭い道路を走ります。ここからは暫く直進です。前方に車両がいなくなったので、次の曲がり角はどこかな?と、Qシートに気を取られながら走っていて、顔をあげると、前方に車が停まっています。あわててブレーキをかけたけれども効きが悪く、停車できずに前にいた車(キューブ)に
オカマ掘ってしまいました。
スピードはほとんど出てなかったので大事にはいたりませんでしたが、若いヤンキーでも乗っていたら、ひと悶着ありそうです。幸いドライバーは人のよさそうな中年の男性で一安心。

運転手さんに車から降りてもらい、車に傷などないことを確認してもらい、ただただ平謝りで許していただきました。いいひとでホントよかったです。ううう、それにしてもホント最悪の一日です。気を引き締めねば。

つづーくっ!
[PR]
by ban-g | 2007-07-17 18:12 | ちゃりんこ | Comments(14)

Surly pacerで200km走っちゃいましたよ(その1)

AJ福岡主催の200kmブルベ準備走行会に参加してきました。昨日は台風4号が過ぎ台風一過で快晴を予想していたけど、朝から大雨と強風。しかも気温が低い。冬用の厚手のビブタイツと長袖アンダー、レインウエアを用意して集合場所に出発。午前7時過ぎふから会長からメールが届く。「もう到着してますが、まだですか?」???8時集合じゃなかった?携帯のHPで確認するとブリーフィング7時半、スタート8時となってるじゃないですか!いかん、こりゃ
完全に遅刻だ!
朝っぱらからテンション下げ下げ。↓↓↓

集合場所に着くとブリーフィングの真っ最中でしたよ。orz ところで、ふから会長Qシートをプリントアウトしてないそうで
「MTBラリーみたいに会場で当日もらえる」
と思っていたそうです。この時点で二人とも終わってますよ(笑)

ブリーフィングでは悪天候のため平尾台へのヒルクライムが中止され迂回するかもしれないってことや、コースの変更、スタート時間を30分延期するについて話されました。話が終わったところで、半端じゃなく、お腹が急に痛みだし、トイレに駆け込むと、朝っぱらから大下痢してましたよ。多分、朝食べたパスタ以外は全部出てますよ、ありゃ・・・orz

30分していよいよ、スタートです。スタート前に集合写真を撮って8時半スタート。ブルベの場合、1時間以内にスタートすればいいのでのんびりしてたら、ふから会長とふたり、完全に取り残されてました。orz はじめの信号で先行していた「亀仙人」さんに追いつき。しばらくは3人でトップ交代しながら走ります。それにしても雨風が強いです。

今回はあらかじめハンディGPSにコースを入力していたので、コース読みは楽勝かと思いきや、時々コースミス。下手に考えて走るよりも、GPSに従って走ったほうが正確でした。

雨がどんどん激しくなってきました。それでもダウンヒル楽しいです。しかしブレーキが効きません。ズルズル引きずるようなブレーキングでは、あっというまにシューが無くなってしまうし、スリップして危険なので、コーナー進入直前の直線部で、ガンと効かせる方法をとります。(直線で減速、コーナーリング中はブレーキをかけない。これ基本中の基本です)この方が安全だし、シューも減りません。

宮田インター手前のコンビニで、先行する皆さんが、あまりの雨のため「やめるかどうか、考え中」で俺達を待ってくれてました。結局、様子をみながらPC1まで走ることに。ところが、雨は激しくなるばかりで、グローブは絞れるくらいにまでに、びしょびしょです。

PC1のコンビにでは何か商品を買って、その領収証を通過証明書かわりにします。これなら時間も記載されているので、いいですね。

PC1を過ぎ、飯塚市内に入ったところで、
ふから会長の前輪がパンク。Co2ボンベで空気を入れようとしますが気化熱でバルブが凍りつきなかなか上手くいきませんでしたよ。orz

他の参加者は先行し、俺達は、すっかり取り残されてしまいました。でもGPSがあるから安心と思ってGPSを見るとポイントは表示されていますが、
ルートが消えているじゃありませんかっ!これじゃどこに行けばいいのか分からない!
大ピーーンチ!!

つづく
[PR]
by ban-g | 2007-07-16 02:27 | ちゃりんこ | Comments(6)

ブルベ200km@ジャージ計画

ブルベを統括するフランスのAudax Club Parisienによる「200km から1000km までのBRM に関する規則」には下記のような条項があります。

第6条
夜間走行のために、車両に確実に固定された前照灯と尾灯とを装備することが必要である。灯火は常に完全に機能することが必要である(予備灯火は強く推奨される;予備電球が必要である)。少なくとも一つの尾灯は(点滅モードではなく)常時点灯モードでなれればならない。上記の要求を満たせない走者は出走を許可されない。

灯火は夕方から明け方まで点灯しなければならない。また他の視界不良の条件下(雨天、霧等)でも同様である。走者は、グループで走ろうと単独であろうと上記の要求を満たさねばならない。いかなる走者も各自の灯火を使用しなければならない。

すべての走者は反射ベスト、反射たすき、反射肩掛けベルト(Sam Browne belt)、もしくは前後の見えやすい位置に反射素材がついた同様のものを着用しなければならない。

本夜間走行規則のいかなる違反をも、走者は即座に失格となる。


要約すれば、」夜間走行には前後のライト、反射ベスト、あるいは反射たすきなどを着用しなければ即座に失格ですよ」というわけだ。

前後ライトは別として「反射材つき」のベストやタスキはちょっと抵抗あるな。安全性は認めるが、夜間の道路工事の作業員かウオーキングのおばちゃんみたいで、かっこ悪すぎ。もう少しなんとかならないものか?

と、同条項の
「もしくは前後の見えやすい位置に反射素材がついた同様のものを着用しなければならない。
」に注目し、反射材付きのジャージを計画しました。幾つかラフデザインはすでに出来上がり、現在、見積もりを出してもらっています。
c0070609_7255458.gif
c0070609_7233086.gif

c0070609_7263440.gif

グレーの文字の部分が反射材です。これならダサくないし、深夜の自転車通勤でも視認性抜群でしょう?耐久性などテストして使えるようなら販売も考えてます(笑)
[PR]
by ban-g | 2007-07-13 07:28 | ちゃりんこ | Comments(14)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
> 別府広樹さん 返信..
by ban-g at 04:27
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
> GT500さん ど..
by ban-g at 16:48
詳しく解説ありがとうござ..
by GT500 at 22:35
> GT500さん 返信..
by ban-g at 06:08
こんにちは 同じくFT..
by GT500 at 07:27
住まいは福岡県なので20..
by ban-g at 17:44
瀬戸内海なんて、かなり下..
by Katana at 05:10
> lemond乗りさん..
by ban-g at 05:02
11速のフリーは1.85..
by lemond乗り at 18:23
> lemond乗りさん..
by ban-g at 18:53
ST5600でもスプロケ..
by lemond乗り at 17:19
お役に立てたようで何より..
by ban-g at 01:23
ありがとうございます ..
by 名無し at 15:53
きょうこさん どうもあ..
by ban-g at 15:04
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:42
たかぽんのMTBでも試し..
by ban-g at 17:00
ATFを使うとはビックリ!
by charibaka at 08:30
たかぽん そうだよね~..
by ban-g at 04:51
以前の記事
記事ランキング