ばんぶろ



<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


塗装剥離

先日、Y!オークションで購入した剥離剤(リムーバーNo.1)を使って、剥離作業に取り掛かりました。オークション出品者の説明では、剥離剤としては有名な「スケルトン」を超える剥離性能だそうで、どのくらいの性能か楽しみです。強力過ぎてフレームまで溶かしてしまわないか心配ですが・・・
c0070609_120454.jpg

玄関前の道路にビニールシート敷いての作業となりました。少しだけ環境に配慮しました。(笑)
c0070609_1201959.jpg

皮膚に付着すると焼けるような痛みが出るので厳重に防御してます。(かなり怪しい!)この日のためにツナギまで購入しましたよ)手には医療用手袋、脚にはコンバースのスニーカーを履いての作業だったのですが、手袋は剥離剤が付着すると侵食されジワジワと浸透してきて、ヒリヒリする場面が2~3回ありました。すぐに水洗いして事なきを得ましたが、アブナイ、アブナイ。足の甲には多分スニーカーの布の部分に付着であろう剥離剤が浸透してきたのを見逃しててて、作業終了後1時間くらいしてヒリヒリしてきて、火傷してしまいました。商売道具の手の指でなくてよかったよ。

c0070609_1284545.jpg

フレームに刷毛でペタペタと剥離剤を塗っていくと、スケルトンなら10分くらいして塗膜が浮き始めるのに、塗ってる先から塗膜が剥がれ落ちていきます。なんという早さ!流石は業務用を謳うだけのことはあります。
c0070609_1323521.jpg

フロントフォークもこの通り。あっという間にボロボロに剥がれてきました。
c0070609_133518.jpg

c0070609_134817.jpg

剥離した塗料を真鍮のワイヤーブラシで擦り、ホースで水をかけ、剥離剤が残らないように丁寧に落とします。時間にして僅か30分足らずで、ほぼ完全に剥離できました。。圧倒的な効き目でした。それでも、まだ少し入り組んだ部分やステッカーが貼ってあった部分など、僅かに残っている部分があったので、この作業を3回繰り返しました。

c0070609_1481860.jpg

さて心配していた「サビ」の部分ですが、これがどこまで落ちるかで、フレームの色をポリッシュ(磨きあげて上からクリアー塗装のみ)にするか普通に色着き塗装にするか決定します。
c0070609_1515087.jpg

作業場を浴室に移して、荒めの耐水ペーパーでゴシゴシとサビを落とします。表面的なサビはすぐに落ちますが、金属の深部までサビが侵食していて、なかなか消えてくれません。ある程度、消えたところで耐水ペーパーの番手をあげて、コンパウンドで磨いてみましたが、周りがキレイに鏡面仕上げになった分、サビが余計に目立ってしまいました。これでは、ちょっと悲しいので、フレームは着色することにします。(浴室に篭り3時間もかかって磨いた結果がこれです。orz)

さて色はどうしようかな・・・
俺の中ではMongooseといえばオレンジか黒なのですよ。
多分、黒かな?いや、きっと!
[PR]
by ban-g | 2007-10-31 01:54 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(11)

ロゴ作成

c0070609_3352424.gif

Mongoose IBOC PROのロゴをPCで作成しました。この時代のロゴは現在のとは少し違っています。ネットで画像を探しましたが適当なのが見つからなかったので、版をおこしました。

ロゴはフォントを加工して作りました。完全にオリジナルと同じ、と、まではいきませんが、結構いい感じでしょ?色は材料のカッティングシートが手に入れば、オレンジ色にしたいと思っています。 IBOCの文字はオリジナルには、こだわらず、自分の好きなシンプルなデザインにしてみました。

ところで、IBOCって「INTERNATIONAL BICYCLE OF CHAMPIONS」の頭文字だそうです。

c0070609_3522847.jpg
往年のマングちゃんマーク

c0070609_355239.jpg
現在のマーク

ヘッドマークは往年の「マングースマーク」にしたかったけれど、カッティングシートで切り文字するには、難しそうなので現在のマークにすることにしました。これは転写マークで製作すれば、可能かもしれませんが、コストが高すぎるので断念しました。
[PR]
by ban-g | 2007-10-28 04:00 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(10)

剥離剤と塗料が届きました

前の記事で(AJ福岡の)スタッフKさんに、ご指南いただいたように剥離剤と塗料をY!オークションで入手しました。

最近、剥離剤はナフコなどのDIY店では「環境に優しいタイプ」の「塗装が剥がれない剥離剤」(笑)が売られていて、20年位前まで売られていた酸性の強力な奴はお目にかかりません。

この「環境に優しいタイプ」の剥離剤は、特に自転車やオートバイのフレームで使われているウレタン塗料には効果が無いようで、以前、一度、オートバイのフレームの剥離に使ってみましたが、表面の塗料を「溶した」だけで、「剥離」とは程遠い効果でした。結局、サンダーで塗装を削ぎ落とすという荒業で落としましたが、これではお金をドブに捨てるようなものです。

ネットで色々と調べてみると「スケルトン」という剥離剤が多数ヒットしました。これは強力なようですが、「粉体塗装には効果が低い」との記事もあり(そこそこ落ちるようですが)、さらに強力な剥離剤を探していました。するとY!オークションにて「リムーバーNo.1」というのを発見。スケルトンよりも更に強力だそうで、アクリルウレタン、アクリルペイント 強力酸性リムーバーとの記述があり、これなら間違いないだろうと、購入を決定しました。(でも強力すぎてアルミまで溶かしてしまわないか心配です)

ついでにアルミは普通の下地塗料では剥がれ易いので、強力な「ミッチャクロン」なる透明下地スプレーと、脱脂剤、2液式アクリルウレタンスプレー塗料、それに硬度H4(えんぴつの芯の硬さ)なのに柔軟性も併せ持つという「すっごいクリアー」(なんちゅう名前や!)も同時に購入。あとはロゴを製作して、いよいよ剥離作業にとりかかります。あまり寒くならないうちに塗りたいものです。
c0070609_14333248.jpg

[PR]
by ban-g | 2007-10-27 14:35 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(2)

病気の間の過ごし方(家庭サービス編)

えー、最近、自転車に乗れないために、すっかりピク@嫁と過ごす時間が長くなりました。(笑)ここ1ヶ月くらいで「長門でウニ釜飯食べて角島(つのしま)大橋渡って楊貴妃の湯でまったりドライブ」「白島備蓄基地&高塔山」につづき、昨日は「キリンビール工場敷地内のコスモス畑~日田(山海で昼食)~長者原~琴平温泉の腹いっぱいだよドライブコース」を回ってきました。
c0070609_34586.jpg
何度渡っても、すんばらしー景色の角島大橋

c0070609_345272.jpg
楊貴妃の湯からの風景

c0070609_3494617.jpg
白島石油備蓄基地資料館(無料)
c0070609_350541.jpg
資料館展望台から望む風力発電機群
c0070609_35025100.jpg
高塔山から望む北九州市東部。赤い橋は洞海湾を挟む若松区と戸畑区を結ぶ若戸大橋
c0070609_351182.jpg
キリンビール工場のコスモス畑。もんのすごーい広さの敷地一面のコスモスが満開!

琴平温泉(男湯)の風景。滝の音に癒されます。ちょうどこの日は週刊新潮の方が取材に来てました。これでここも全国区か?すっぽんぽんで入浴中の裸体を何枚も撮影されてしまいました。マニアにはたまらないと思います(爆)

[PR]
by ban-g | 2007-10-25 04:14 | e-Nittki | Comments(12)

フレームの塗装剥離前の準備

フレームの塗装は塗り替えなきゃ駄目でしょ?(笑)で、色は何色にしようかな?なんて考える前に一作業。純粋にレストアとして考えるなら、やはりオリジナルを大切にした「ポリッシュ」なんでしょうが、如何せん、このフレーム錆が多すぎてどうしたものか??錆びさえ取れれば、なんとかなりそうなのだが・・・。無理なら上から色を塗って誤魔化すことになるかな?

てなわけで今回は、特に錆が酷い箇所を選んで、錆びの取れ具合を調査してみた。
特に激しいのは「アウター受け」付近。この辺りは繰り返し応力を受けるし、アウター受けは角もあるので塗装が載り難く、また剥がれ易いので、錆びやすかったのだろう。チェンステーはスタンドが取り付けてあった箇所は特に酷い。7000番アルミの耐食性が低いとはいえ、これは酷すぎるな。
c0070609_19515760.jpg
c0070609_19522020.jpg

c0070609_19514226.jpg

とりあえずアウター受けを選んで錆び落としのテストをしてみた。耐水ペーパーで擦ってみると、簡単に腐れたクリア塗装がポロポロと剥がれ落ちた。フレームには塗幕の下に薄いアルマイトの層もあるようだ。しばらく耐水ペーパーを掛けてみたが、錆びがかなり深層まで食い込んでいる。このままでは無理みたい。

c0070609_2042186.jpg

アウターの「角」が落ちてきたので、整形も兼ねて「ヤスリがけ」に変更。削ってみると、当たり前だが、アルミなので柔らかい。削りすぎないよう少しずつ注意しながら錆を削っていく。
c0070609_206491.jpg

30分ほどで錆び落としと整形完了。(完成は画像よりも、少しだけキレイに整形しなおしました)エッジをたて過ぎて、指を切ってしまったよ(笑)
他の部分は比較的すんなりと錆びは落ちたが、それでもかなり深層まで侵食されている。このままポリッシュ仕上げというのは微妙なところです・・・・
[PR]
by ban-g | 2007-10-22 20:08 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(10)

MONGOOSE IBOC PRO フレーム解体

現在はA-HEAD(スレッドレスともいう)という、規格が一般的ですが、A-HEADが登場する15年位前まではフォークのコラムにネジを切ってヘッドをねじ込むスレッド式のヘッドが一般的でした。

このネジが、なかなかの曲者で、特にMTBの場合、オフロードを走るとヘッド周りに繰り返しストレスが発生するので緩みやすく、しかも調整は2本のスパナで締めたり緩めたりしてするのですが、こいつが微妙で、なかなか難しかったです。

こういう背景もあってか、あっという間にスレッド式ヘッドは構造が簡単で軽量、かつ調整も楽なA-HEAD式にとって代わられました。特にオーバーサイズのスレッド式ヘッドパーツは、ヘッドチューブの標準的なサイズが1インチから1・1/8インチ(いわゆるオーバーサイズ)に代わってからの1~2年くらしか生産されてないのではないでしょうか?つまり、とても手に入りにくいってことです。(これが後々問題になりそうです)

前置きが長くなりましたが、いよいよフレームのレストアに取り掛かります。まずは上ワンが固着して外れなくなったXTRのヘッドパーツの分解からはじめます。オーバーサイズのヘッドスパナを持っていないので、大型モンキーレンチ(30cm)を代用しますが、全力でも、びくともしません。何度かやってるうちに一部ナットをなめてしまい。パーツの再利用を諦め、取り外すことだけに専念しました。ここからはモンキーレンチに代わって、プライヤーバイスの登場です。ネジが錆びたり、固着して取れなくなった時はプライヤーバイスか、インパクトドライバーに限りますね。

ギリギリなんとかナット部を噛ませることに成功。ものすごい圧で噛ませることができるので、さっきまで、いつ外れはしないかと心配しながらではなく、正に全力を振り絞って回せます。
c0070609_2154418.jpg

が、かなり強力に固着しているようで、コラムからはヘッドのネジが切粉になって出てくるほどです。30分ほど格闘して、ようやく外れましたが、フォークにはヘッドのアルミが固着してネジを潰してました。
c0070609_216118.jpg

ここまでギタギタになるまで外れてくれませんでした。上ワンの再利用は諦めましょう。

さてフォークが抜けたところで、今度はフレーム本体のヘッドチューブの上下に圧入された「上玉押し」と「下ワン」を外します。専用工具は持っていないので、直径25mmのステンレスのパイプを代用してコツコツとハンマーで軽く叩きながら外しました。あまり良い方法ではないので皆さんは真似しないようにお願いします。(それでもやるという人は自己責任、破損覚悟でやってください。)

続いてフォークに圧入された下玉押しを(破損覚悟で)スクレーパーで外そうとしたのですが、これは勘合が、かなりきつくて諦めました。近いうちにコラムのタップたてと一緒にショップにお願いします。

・・・とりあえず、フレーム本体に付いていたパーツを全て取り外すことに成功しました(?)ので、重量を計ってみました。キッチン秤なので正確ではないと思いますが1.72kgでした。これは当時としては、かなり軽量なフレームだったのではないでしょうか?これでマスマス夢(妄想?)は膨らみますね(笑)
[PR]
by ban-g | 2007-10-19 02:31 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(4)

禁断のSIS分解

c0070609_18224023.jpg

固着して動かなくなっていたシフターのフタを開けると腐ったグリスがこびりついてました。パーツクリーナーをスプレーする荒業にもビクトモしない頑固さで、仕方なく分解してオーバーホールすることにしました。

始めは右側(リアメカ)から…。予想以上にグリスがこびりついてました。バラバラにしてパーツクリーナーをスプレーしてウエスで拭きあげますがガムみたいにベトベトになって、なかなかとれません。これじゃあ動くはずないなぁ。

口エアガンで埃を吹き飛ばし、組み立て開始。このパーツは複雑なのでバラすと組み立て不可能だという話をよく聞きます。実際、俺も順番覚えてないし(笑)

ここからは設計者との知恵比べ。こういう動きをするのだから、このパーツはこね向きでココ。とか、アレコレ組み合わせを考えながら、何とかパーツを余らさずに組み立て完了。動きも新品同様のスムーズになりました。

続いて左側(フロント)。こっちもグリスがこびりついてます。とりあえず分解して洗浄しました。いまから組み立てですが、こっちの方が細かいパーツが多くて複雑な気がします。さあ頑張ろう!
[PR]
by ban-g | 2007-10-17 18:22 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(12)

MONGOOSE IBOC PRO 画像と解説(笑)

c0070609_4565120.jpg
無事受け取ってきました。受け渡し直後の画像です。スタンドが付いてます。野外保管の為かワイヤーやチェンは錆付いて動かない状態でした。この年式のフレームは現在のものと比べトップチューブが短めで、ステムが120mmとか平気であります。このフレームもシートサイズ17インチでありながら、トップチューブは540mmと短めに造られています。(ちなみにJamis Dakota XCは15インチで545mmです。)なので、担ぎも楽々?
c0070609_457123.jpg
サドルは懐かしのサンマルコ・ロールス!でもレールはサビサビです。とりあえずピラーの固着はなく、すんなり抜けてくれました。
c0070609_4571270.jpg
RディレーラーはSIMANO XTⅡ。当時はXTがシマノの最高グレードでした。しかし、こいつも錆だらけ。
c0070609_4572332.jpg
クランクはLXのブラック。こいつは珍しいです。BBはテーパータイプのUN72
c0070609_457328.jpg
ブレーキはLXのカンティブレーキのブラック。できればこのまま使いたいけど・・・
c0070609_4574168.jpg
ハブもLXブラック。一応回転するが、期待しないでおこう(笑)
c0070609_4575226.jpg
リアは7速だけど、これは使えそうもないな。
c0070609_458389.jpg
チェーンは完全に御臨終です。
c0070609_4581599.jpg
フレームはクリア塗装が剥げた部分の腐食が激しい。7000番台アルミは耐食性が悪いので、手入れをしないと錆びてくる。
c0070609_4582828.jpg
フロントフォークには「CrMo」のステッカーが貼ってあるが錆び方や溶接のビートを見る限り、アルミ製だ。
c0070609_4584290.jpg
シフター・ブレーキレバー一体式のLXラピット・ファイア。固着していて動かない。オーバーホールで復活するのか?懐かしいonzaのグリップを剥がすと、ハンドル本来の色(紫色のアルマイト)が現れた。アルマイトも、ここまで退色するものなのか・・・
c0070609_4585437.jpg
家に着いてマンションの駐車場で蚊に刺されながら、30分ほどかかってバラしてみた。三角形の断面に加工されたトップチューブが印象的。ゴツイ造りの割には、思いのほか軽量なフレームである。完成車重量(受け渡し時)で恐らく11kg台か?XTRのヘッドパーツが付いていたが、上玉押しが固着して取れない。
c0070609_45969.jpg
シートステーにはカンティブレーキのアウター受けが溶接してある。Vブレーキ登場前のこの年代ならでは。これから長いレストア作業が続きそうだ。楽しみ楽しみ。
[PR]
by ban-g | 2007-10-15 05:07 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(14)

MONGOOS IBOCゲット!

昨夜ヤフオクで中古のMTB完成車を落札。完成車のまま送ってもらうと2万円近くかかるらしいので、直接、受け取りに山口県の某市まで来てます。
でも約束の時間まで、まだ8時間もありますよ。笑

実物は、まだ見てないけど画像では、かなり傷みが激しそうです。今からどんな風にレストアしようかと、あれこれと妄想中~♪
とりあえず、フォークはリジッドのネジ切りだけどオーバーサイズなので、改造パーツは手に入りやすいんじゃないかな?
御対面が楽しみです!
[PR]
by ban-g | 2007-10-14 05:16 | Comments(6)

検索ワードランキング

順位 10位
検索ワード  ばんぶろ : 勝負靴下
アクセス数 3

誰だよ?(爆)
[PR]
by ban-g | 2007-10-13 03:57 | あれこれ | Comments(0)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング