ばんぶろ



<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


続 ウルトラライト バイクパッキング

さて、色々な品を検討する前に、現状を知っておきましょう。
現行の最大の重量物はテントです。
(と、言っても自立型で、これ以上の軽量化は不可能です。)
これをタープに置き換えると1500g→300gまで落とせます。
容量も1/4くらいでしょうか?

次はアルミのクッカーとODガス缶です。
これをチタンクッカーと固形燃料に置き換えれば、それなりに軽量化できるのでしょうが、チタンは焦げ付くし、固形燃料は火力が弱いのが弱点。

なので、軽量化よりも利便性を優先させ、現行のままで行くことにして、寝袋と一緒に25Lのデイバッグに詰め込んでみました。
2食分と水2Lくらいの余裕はありそうです。
重量を計ってみると3.5kg程でした。

これくらいなら背負ってもぎりぎりOKじゃないですかね?
ん?
.
.
.
.
.
.
.
.

ここでふと我に返りました。
キャンプ道具を削って、何が楽しいの?
その必要ある?

そうそう!
俺のキャンプスタイルは少なくとも、夜はテントで、暖かい寝袋で過ごしたいし、蚊にも刺されたくないし、温泉入って、炭火焼肉なんかもしたいわけよ。
その方が断然楽しいって!
と、なると、荷物は減らせないなーw
やっぱり流行は追わない事にします!

[PR]
by ban-g | 2017-03-30 05:20 | Surly Pacer | Comments(0)

ウルトラライト バイクパッキング

ネットで検索すると沢山出てきます。
最近は、この田舎街でも、たまに見掛けるようになってきました。

実際、あの巨大なサドルバックはどうなのよ?と、疑問視していましたが、荷物を小型軽量化、また断捨離することについては、大賛成です。

去年のバイクツーリングでは、リアキャリア+サイドバックに荷物を過積載させ、バランスの悪さを感じました。

改良点としては、前後に荷物を振り分ける事が一番ですが、前回、使ったテントやシュラフなどをそのまま載せるには、大き過ぎて、改善の余地がありそうです。

特にテント。
ネットで見てるとシェルターやタープをテント代わりに使ってる方が多いようです。

実際、晴天であればタープでも夜露は凌げそうです。

試しに、今、持っている、2.5m角のグランドシートをタープに見立てて、広げてみると、思った以上の広さを感じました。
c0070609_23480315.jpg
チラシを使って、モデルを作ってみました。
こんな感じです張れたら、見映えも良いですよね?

[PR]
by ban-g | 2017-03-07 23:20 | Surly Pacer | Comments(0)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
お気に入りブログ
以前の記事
記事ランキング