ばんぶろ



Surly bikes.com に掲載されました!\(^.^)/

我がSurly pacerがSurlyのホームページsurlybikes.comImage dumpのコーナーに掲載していただきました。
http://surlybikes.com/gallery/pacer/good_bike_good_life
Thank you so much !!!!
I'm so happy !!!

[PR]
# by ban-g | 2016-09-21 18:26 | Surly Pacer | Comments(0)

Camping !@Surly pacer

c0070609_017833.jpg

Surly Pacerで、一泊二日で近郊の海岸線を巡り、キャンプしてきました。
ロードバイクのPacerでは初のキャンピング仕様。

今回、リヤバッグにORTLIEB(オルトリーブ) バックローラー シティを使用しました。
防水仕様で取り付け取り外しがワンタッチの優れものです。

容量は左右ペアで40リットルで、テントなどの長物以外は余裕で入ります。
むしろ、余裕が有りすぎて、余計なモノまで詰め込んでしまいます。
二泊三日程度なら、これで十分だと思います。

心配していたブレーキの効きは、思ったより悪くなかったです。
と、言うより荷物が重過ぎて、スピードが出なかったせいかもしれませんw

正直、心配なのはブレーキの効きよりも、荷物により重心が高くなったことによる、バランスの悪さ。
ダンシングをしようものなら、横揺れが生じ、それを収めようとする行為で、神経と体力を使いました。

スピードは加減速は悪いですが、一旦、スピードにのってしまえば、あとは慣性力でスピードを維持できました。
c0070609_0415297.jpg

あと、前後の重量バランス。
これは完全に、おかしいです。イカレてますw
ちょっとした段差でも、ウイリーするんじゃないかと思うくらい、リヤヘビーです。
フロント側にもバランサーとして荷物を振り分けた方がよさそうです。
c0070609_0552539.jpg

c0070609_0585937.jpg

今回、キャンプ初使用のメスティン。
苦手だった炊飯が楽勝でできるようになりました。
おかずは道の駅で鶏とキノコを仕入れてアヒージョを作りました。
c0070609_114354.jpg

二日目はいつものコースを走って、ネットで紹介されていたお店まで昼食を食べに行ってみました。
いつものコースもキャンプ仕様だと、なんだかテンション上がりますw
また行きたいな!
[PR]
# by ban-g | 2016-05-15 01:07 | Surly Pacer | Comments(0)

鯉のぼりポタリング

まずは、熊本地震で被害に遇われた方々に、お見舞い申し上げます。
北九州市は熊本、大分など震源地から遠い為、本震で大きく揺れても震度4程度でした。
それでも続々と入る緊急地震速報のアラームや小さな余震で少なからずストレスが溜まっていたようで、イライラしていました。
c0070609_19481229.jpg

こんな時に、何なんですが、天気も良いし、近くの遠賀川河川敷までポタリングに出掛けました。
引越や地震で自転車どころじゃ無かったのですが、久し振りのライドに癒されました。
c0070609_19501293.jpg

Surly Pacerにはリヤキャリアを取り付けて旅の計画を練ってます!
[PR]
# by ban-g | 2016-04-20 19:36 | Surly Pacer | Comments(0)

Surly Pacer 2016年仕様 完成

c0070609_127353.jpg

2016年仕様、やっと完成しました!
目指すはSurly PacerでCampingなんだけど、
これにキャリアとパニアバックを付けて、キャンプ仕様にするっていうのは、無理ですかねぇ?
やはり、ブレーキ性能が低すぎる気がするんですけど・・・
c0070609_1275340.jpg

2016年仕様、最大の変更点。
Wレバーと、9s11-32Tのワイドレシオ化。
本当は32Tが欲しかっただけw

クランク、RD,FDは105(5600系)10sのまま、チェンとスプロケットのみ9sに交換してます。
c0070609_1282422.jpg

サドルはSDG Ventra。
MTBから、ひっぺがしました。
チタンじゃなくてクロモリベースの丈夫な奴です。
シルバーラメが、お気に入りです。

ホイールは、リム、AMBROSIO BALANCEと、ハブ、ULTGRAと、#15スポークの32本組に交換して、強くて(28→32本組)、しかも優しい(手組み)ホイールに交換しました。

タイヤはMAXXIS DETONATOR 700x32c。
幅は広いですが、軽量です。
その分、耐パンク性能は低そうです。

c0070609_1281014.jpg

ブレーキレバーは、STIから、ノーマルレバーとWレバーの組合せに変更。
ブラケットポジションが近くなって、楽になりました。
しかも、ブレーキレバーと本体のクイックレバーを解除すれば、32cのタイヤでも空気を抜かずに脱着可能です。
実際に試してみるとダメでした。(28cが限度かな?)

ブレーキ本体は、フロントだけULTGRA 6500系に交換して、若干、強化しました。
(なぜフロントだけかと言うと、リアは、リーチが足らないので使用不能です。)

ケーブル類はテフロンコーティングされたものに交換。
リアのトップ側の変速性能が、多少、向上したような気がします。

ライトは、GENTOS 閃 325。
この大きさで単4電池、3本仕様。
150ルーメンでメッチャ明るいです。
焦点が変えられる優れもの。

ボトルはTharmosのパチもん保温ボトルと、Camelbakの保冷ボトル。

ざっと、こんな感じですが、軽く試走してみた感じでは、タイヤとブレーキ以外は合格点ですね。
キャンプ道具を積まないならパナレーサーGRAVEL KING 700×26c。
積むなら、耐パンク性能の高いと評判の SCHWALBE MARATHON 700x32c に交換したいな。

[PR]
# by ban-g | 2016-03-25 01:59 | Surly Pacer | Comments(0)

2016仕様のテストライド

c0070609_185413.jpg

c0070609_1115360.jpg

c0070609_1123953.jpg

あれこれパーツを取り替えながら、二日にわたり登坂テストライド。
9sで組んだホイール11-32Tと、10sで組んだ12-27Tを比較してみた。
上り坂は12-27Tでもギリギリ登れそうだが、32Tは、【残りもう一枚】の安心感がある。
平地では12Tでも貧脚には重いくらい。
11Tなんて使い道無いなw

季節はもうすぐ春本番。
梅や菜の花が咲いてました!
[PR]
# by ban-g | 2016-03-25 01:20 | Surly Pacer | Comments(0)

Surly Pacer 2016 パーツ集め

早いもので、オイラのSurly Pacerも乗り始めて9年目です。
9年も経つのに、全然色褪せなていない。
それどころか、まだまだ楽しませてくれるのは、Surlyの懐の深さを感じます。

さて、今年のPacerは、キャンプツーリングをテーマにしてます。
キャンプとなると、テントや寝袋などの嵩張る重量物を運ぶことになるので、現状のままでは対応できないパーツも出てきます。

ざっと挙げてみると
1.ホイール:タイヤ幅26mm スポーク数28本 スポーク径#15だと強度不足。
2.スプロケット:12-27Tだと登り坂はキツイ。

この2点を克服する改造を施せば、キャンプツーリングも可能となりますが、荷物を積んだ際のブレーキの利きや、フロントのギヤ比などを考えると、あくまでもBetterであり、Bestではない。
あくまでも可能というレベルです。

取敢えず、パーツをヤフオクやアマゾンでポチりながら、2か月かけて収集しました。
c0070609_13411573.jpg
ホイールはクッション性を考え手組に拘りました。
リム:AMBROSIO BALANCE
ハブ:アルテグラ
スポーク:#15,32本組
c0070609_13420267.jpg
タイヤは26cから32cのエアボリュームのある物に交換。
タイヤ:maxxis detonatoor 700x32c(5年以上前に買ってストックしていたもの。軽さと耐パンク性能はオフトレード?)

スプロケットは10s(12-27T)から9s(11-32T)に交換。
9s化に伴い、STIをブレーキレバーとWレバーに交換。
軽いギヤ比と、STIの故障リスクの回避と、軽量化ができた。
ポジション的にも長い105のSTIから10mmほど、手前に引けてストレスが無くなった。
この辺のストレスフリー化は、長距離になると、ジワジワ効いてくるので、意外と重要。
c0070609_13431343.jpg
ついでにサドルをAVOCET O2からSDG Venturaに交換しました。
これも、長距離でのストレス低減を狙ったもの。
AVOCETでも問題ないレベルだが、SDGの方がよりしっくりくる。
c0070609_13503558.jpg
Brooks cambium C15を入手しましたが、オイラのお尻にはシックリこなかった。
でも色合いというか、存在感は流石にBrooks!
抜群でしたが残念です。
c0070609_13513198.jpg
あと、細かいパーツだと、ブレーキと、シフターのケーブルをテフロンコーティングされたものに交換。
狙いとしてはワイヤーの引きを軽くするのだが、これは、ノーマルとの差は、殆ど感じなかった。
元々、しっかりとメンテやっていたので、軽かったのでねw

[PR]
# by ban-g | 2016-03-17 01:45 | Surly Pacer | Comments(0)

2016年仕様構想(2) 禁断のスプロケット摩改造構想

前回の続きです。

何通りか32Tスプロケットが使えるパターンを考えてみました。
1.105 5600系(10速)仕様
 スプロケットだけをCS-HG500-10(11-32T)に交換。
 これが一番手っ取り早いかな?スプロケット(¥3500くらい)とチェンの交換だけで済みそう。
 リヤディレーラーの公称最大歯数は27Tだが、32Tでも、ギリギリ使えそうなのは、実証実験済み。
 デメリットはブレーキが遠くて、ポジションがしっくりkない。

2.9速Wレバー仕様
 STIを廃止。変速はWレバーと、スプロケットはCS-M770(XTグレード 11-32T)に交換。
 これも手持ちのパーツとの付け替えで済むので、(2014年仕様に戻すだけ)コストは、かからない。
 ポジションも1より楽になる。
 デメリットはWレバーはSTIと比べて、変速時に、一々ハンドルから、手を離さなくてはならないので、変速が大雑把になる。

3.Tiagra 4700系にフル交換。
 これなら何の苦労も無さそう。STIも小型化されているので、ブラケットポジションも近くなってるのでは?と、期待。

と、まあ、この3通り。
実は、共通の欠点がある。
それは、トップ側が11Tであること!

現在使っているフロント/リア 50/12=4.1666でさえ完全に持て余しているのに、11Tなんて下り坂でも70km/hくらい出さないと、必要ないっしょ?

12T変換してみると、フロントは
(50/11)x12=54.545454!
踏めるか!こんなもの!!

実際、平地で常用しているのはフロント50だと、リアは14,15,16辺りですよ。
トップ側の11,12Tは、使われることのない死にギヤです。
10速であっても、実際使えるギヤは8速って事ですよ。
何速あろうが、使えないギヤは何段あっても意味がない。

そんなん、こんなん考えていたら、同じような事、考えてた先輩がいましたよ。
禁断のスプロケット摩改造
実はシマノは高校生向けにTOP14Tのスプロケットを造っているんですよ。
完成車に取り付けられることは、まず無いと思うのですが、成長期の高校生には膝に高負荷を与えてはダメ!って、事なんでしょうか?レギュレーションで決まってるみたいです。

オイラも高校生の頃は50x14で走ってました。
以後、13,12と、自転車の方は、ハイギヤード化してきましたが、ライダーの方は高齢化が進み、貧脚化が進む一方です。

さて、話を戻しましょう。
実際に9速で14-32Tスプロケットを作るとなると以下のような組み合わせになります。

[14-15] CS-6500(14,15補修パーツ)
[17-19] CS-6500(12-25Tから)
[21-23-25] CS-6500(12-25Tから)
[28-32] CS-M700(11-32Tから)

ん?
CS-6500は、いいとしてCS-M700ってバラせたっけ??
試してみる価値は、ありそうです。

2016.3.16追記
CS-M700はロー側4枚はバラせない構造でした。orz
[PR]
# by ban-g | 2016-03-06 00:36 | Surly Pacer | Comments(0)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
記事ランキング