ばんぶろ



2007年 10月 22日 ( 1 )


フレームの塗装剥離前の準備

フレームの塗装は塗り替えなきゃ駄目でしょ?(笑)で、色は何色にしようかな?なんて考える前に一作業。純粋にレストアとして考えるなら、やはりオリジナルを大切にした「ポリッシュ」なんでしょうが、如何せん、このフレーム錆が多すぎてどうしたものか??錆びさえ取れれば、なんとかなりそうなのだが・・・。無理なら上から色を塗って誤魔化すことになるかな?

てなわけで今回は、特に錆が酷い箇所を選んで、錆びの取れ具合を調査してみた。
特に激しいのは「アウター受け」付近。この辺りは繰り返し応力を受けるし、アウター受けは角もあるので塗装が載り難く、また剥がれ易いので、錆びやすかったのだろう。チェンステーはスタンドが取り付けてあった箇所は特に酷い。7000番アルミの耐食性が低いとはいえ、これは酷すぎるな。
c0070609_19515760.jpg
c0070609_19522020.jpg

c0070609_19514226.jpg

とりあえずアウター受けを選んで錆び落としのテストをしてみた。耐水ペーパーで擦ってみると、簡単に腐れたクリア塗装がポロポロと剥がれ落ちた。フレームには塗幕の下に薄いアルマイトの層もあるようだ。しばらく耐水ペーパーを掛けてみたが、錆びがかなり深層まで食い込んでいる。このままでは無理みたい。

c0070609_2042186.jpg

アウターの「角」が落ちてきたので、整形も兼ねて「ヤスリがけ」に変更。削ってみると、当たり前だが、アルミなので柔らかい。削りすぎないよう少しずつ注意しながら錆を削っていく。
c0070609_206491.jpg

30分ほどで錆び落としと整形完了。(完成は画像よりも、少しだけキレイに整形しなおしました)エッジをたて過ぎて、指を切ってしまったよ(笑)
他の部分は比較的すんなりと錆びは落ちたが、それでもかなり深層まで侵食されている。このままポリッシュ仕上げというのは微妙なところです・・・・
[PR]
by ban-g | 2007-10-22 20:08 | MONGOOSE IBOC PRO | Comments(10)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
> 別府広樹さん 返信..
by ban-g at 04:27
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
> GT500さん ど..
by ban-g at 16:48
詳しく解説ありがとうござ..
by GT500 at 22:35
> GT500さん 返信..
by ban-g at 06:08
こんにちは 同じくFT..
by GT500 at 07:27
住まいは福岡県なので20..
by ban-g at 17:44
瀬戸内海なんて、かなり下..
by Katana at 05:10
> lemond乗りさん..
by ban-g at 05:02
11速のフリーは1.85..
by lemond乗り at 18:23
> lemond乗りさん..
by ban-g at 18:53
ST5600でもスプロケ..
by lemond乗り at 17:19
お役に立てたようで何より..
by ban-g at 01:23
ありがとうございます ..
by 名無し at 15:53
きょうこさん どうもあ..
by ban-g at 15:04
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:42
たかぽんのMTBでも試し..
by ban-g at 17:00
ATFを使うとはビックリ!
by charibaka at 08:30
たかぽん そうだよね~..
by ban-g at 04:51
以前の記事
記事ランキング