ばんぶろ



<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


市立しものせき水族館 海響館


今日はピク@嫁と関門トンネルをくぐり抜け、下関まで海外旅行へ行ってきた。唐戸市場で、嫁は「ふく刺身ぶっ掛け丼」、俺は「ふく釜飯」と「ふく汁」をたらふく食べ、お次は隣の市立しものせき水族館 海響館へ移動。まずはイルカのショーを見学。海風が少し寒かったが、元気なイルカくんたちとアシカくんに癒された。それにしても、あんな狭いスペースで、あんなに高くジャンプできるなんて驚き。さらに3匹揃ってシンクロだもんな。スゲー!スゲー!と子供のようにはしゃいでしまった、40過ぎの俺・・・
c0070609_19223584.jpg
c0070609_1923215.jpg

水槽では魚達の餌の時間に遭遇。ダイバーがサメ食べられちゃうんじゃないかと、密かにハプニングを期待したけど、それはなかったよ。(笑)その代わりと言ってはなんだけど、「クエ」って魚が笑えた。体長は70cmくらいはあって、口なんか子供の頭なんか軽く入っちゃいそうなくらいデカイんで、さぞかし獰猛な肉食動物みたいな食べ方を期待してたんだけど、全然、違って、ただ大きな口をポカーンって、開けてるだけ。パクパクと口を動かして、餌を口に入れようとの努力もせず、ただひたすら餌が口に入ってくるのをじっと待ってるだけ。何なんだ、この怠惰な魚は!(爆)

ツラツラと一通り見学して廻って、最後に「スナメリ」がいた。水槽の側に立つと、ひとなっこく寄って来て「スリスリ」。カワイイーッ!思わずムツゴロウさんもビックリの「ヨーシ、ヨシヨシ」なんて声をかけながら「ナゼナゼ」した、40過ぎの俺でした。(爆)
[PR]
by ban-g | 2007-05-24 19:38 | e-Nittki | Comments(14)

surly Pacerで石見ライド(170km)完走したですよ。

昨日、島根県で行われた石見(いわみ)ライド02の一日目(170km)に参加してきました。この大会は島根県石見地方の山間部を結び長距離を走る、いわゆる「グランフォンド」と呼ばれるジャンルのもので、今年は二日間で300km走ります。主催は地元のサイクリング協会ではなく「サイクリストビュー」というNPO法人で、これまた一味違います。

俺は今年で2回目の参加になります。(個人的に行っているコースを試走する「下見ライド」を含めると4回)何度も走っているのは、それなりの理由があって、その主な理由は「走っていて気持ちいいから」なんです。石見ライドで使われてるコースは、車の交通量が少なく、都会では考えられないくらい走りやすいです。自転車天国といっても過言じゃありません。年に数度この幸せを味わいたくて、北九州からワザワザ片道250kmも車で走って通ってるわけです。

さて、大会の方に話を移しましょう・・・
午前5時、前夜より大会スタート会場近くの駐車場にて車中泊していたので、車内でコンタクトレンズを入れたり、マッサージオイルを塗ったりしながら、身支度を済ませます。天気は今にも降り出しそうなドンヨリとした曇り空。去年は悪夢のような土砂降りでしたが、今年はどうかなと心配していたのですが・・・・

午前6時大会会場のアクアスに車を移動。すでに地元のえこにんさん達も到着し、準備を進めていた。軽く挨拶を済ませ、自転車を降ろして組み立てます。今日のSurly Pacereは大会仕様でタイヤを少しだけ細い、26Cを履かせています。受付です。今年は「五十音順」らしくてゼッケンナンバー015でした。

一旦車まで戻って、開会式・ブリーフィングまでの7:00まで20分ほどローラー台に自転車を載せウォーミングアップ。気温は高くないものの(15度くらい?)湿度が高くてすぐに汗が出てきます。長袖アンダーを着ていたのですが、急遽半そでに着替え、(脚はレーパンの上に薄手のタイツです)開会式へ。今年から自転車振興会がスポンサーに付き質素だった会場に演台が作れてました。ブリーフィングでは工事にため一部コース変更があることと、くだりではスピードを出しすぎないよう注意がありました。そうそう、コースでは集落の中の細い道を走ることも多いので事故を起こさないよう十分注意が必要です。

午前7:35スタートです。
ですが今年もスタート地点には誰も並んでません(笑)。主催者側からは「自信のある方からどうぞ」みたいな説明がありましたが、俺自信も実力も無いし(笑)
そんな中、えこせん倶楽部が先頭に並び、スタートしました。俺もすぐ後ろからスタートしたのですが、1Kmほど走ったところで全員を抜いていきなり暫定トップですよ!(ケラケラ)

このまま一人旅を続けるには先が長すぎるので後続を待っていましたが、なかなか意中の人は見つかりません。一人抜かれ、二人抜かれしながらもマイペースをキープ。下見ライドのデータを基にした予想では、順調にいけば脚きり時間に引っかかることもなく完走できるはずなので、はやる気持ちを抑えながら走ります。

8:24 第一AID久佐AS到着(21km地点 予想到着時間8:33)
予想よりも約10分早い到着です。通過者が書き込むサインを見ると、現在、暫定5位です。「こりゃもう少しペース落とさんといかんな・・・」などと思いながら8:26再スタート。この辺りから雨が本降りになってきました。気温も上がらず体力を奪います。特に下りでは震えるほど寒くなります。せめて長袖のアンダーにしとけば、このような悲惨な目には遭わなかったはず、と、反省しながら走ります。

9:01雲月トンネル到着(標高592m、予想到着時間9:19)
。18分も早い到着。さらにペース上がっとるじゃないか!(笑)今回はハンディGPSを装着しているので、峠までの標高をカウントダウンしながら走ります。これだと精神的にかなり楽です。

9:39瑞穂IC到着(49km地点、予想通過時間 9:57)
この辺りは前にも後ろにも誰も走っておらず、完全に一人旅。ここはAIDではないのですが、ちょっとだけトイレ休憩。まだまだ余裕がありますが、左ひざに違和感が出始めましたが、気にする程度ではないので、そのまま続走。

10:01 第2の峠 到着(標高475m、予想到着時間10:17)
降り出した雨が激しさを増し、下りでは寒すぎる。膝を冷やしすぎたのか、違和感が痛みに代わってきました。直線は左右均等に力が入らず、思うようにスピードがのらなくなってきました。

10:17 第2AID道の駅瑞穂到着(65km地点、予想到着時間 10:35)
トイレ休憩と水、補給食をいただく。今回は各AIDで地元の名物が出されるらしい。ここでは練物を揚げたものが出されてました。走ってる最中に揚げ物は消化が悪いので避けたいのですが、つい誘惑に負けて一口いただきました(笑)
8分ほど休憩して再スタート。ここから先は長い峠道が待ち構えていますが、膝の痛みは増すばかり。ついに自転車を降りてサドルを下げてみますが、痛みは取れません。

10:56 第3の峠到着(標高500m 予想到着時間 11:13)
なんとか峠に到達したものの、すでに左膝はパンク状態。下りや平坦地でも支障が出てきました。次の戸河内峠まで持ちこたえてくれれば、粕淵までは、平坦地なので、なんとかなりそうですが、越えられるかどうか心配です。しかし戸河内峠を越えたとしても、もしかすると三瓶越えは無理かも知れないという、心配が出てきました。

10:32 戸河内峠到着(標高383m 予想到着 11:55)
膝の痛みに顔をシカメながらやっと登頂成功。ここから昼食ポイントの大和までは下り,
または平坦地なので、だまし、だまし、走ろうとしましたが、ペダルに脚を載せ回転させるだけで傷みが走ります。ギヤを落として軽いギヤで踏もうとすると余計に痛み、1回転ごとに激痛に襲われそれもできません。むしろ右足だけで重いギヤを踏んで回転数を落として走った方が、まだ楽です。ちょっと荒れた路面での振動でさえ痛みを感じ出したので、左足だけクリートを解除し、ペダルを裏返しにして、かかとに近いの部分に足を乗せ漕ぐと少しは楽なことが判り、その状態で大和AIDまで走りました。

12:24 グリーンロード大和AS(112km地点、予想到着時間 12:48)
ここは昼食ポイント。ありがたいことに屋内ではストーブを点けていただいてました。雨で冷え切った身体に暖かさが染み渡ります。お弁当の内容は、おにぎり3個に揚げ物中心のおかずでしたが、前のAIDでバナナや走りながら補給食を食べていたので、あまり食欲が湧かず、おにぎり2個だけいただきました。

さて、食事も終わり本格的に膝の調子を診てみました。左膝を中心に冷やしすぎたらしく、大腿部まで固まっていました。ゆっくりお湯にでも浸かっていれば、痛みも取れるのですが、そんなものあるはずもなく、ストーブで暖めてみましたが、効果なし orz クリートの位置をいじってみても、膝が痛くて曲がりません。思い切ってクリートを取り外してみると、少しは楽になりました。とりあえず三瓶行きの切符がかかった次の浜原AID(粕淵から変更になった)までは走ってみることにしました。12:51 再スタート。

もし、そこまで走って「もう無理」だと判断すれば、そこでリタイヤする覚悟です。浜原までの道のりは本来なら35km/hのアベレージで走れる区間なのですが、左膝がどんどん悪化して、右脚の邪魔にさえ、なってきました。試しに左足をペダルから下ろし、ぶらんとさせた状態で、右足だけでペダルを漕いでみると、意外なほど走れ、両足よりも早いくらいです。これなら左ひざも痛くないし、とても楽です。

13:30浜原AID到着(134km地点、標高52m到着予測時間?脚きり時間15:30)
サイン表をみると現時点で15位。サインをを済ませ、補給食をいただきながら、三瓶へ上るかリタイヤするか悩みました。すでに左足は全く使い物になりません。はたして右足だけで三瓶山(標高600m)に上れるのか?全くの未知数ですし、自信もありません。でもここまで来ておきながら三瓶に上らなかったら、絶対に悔いが残ると思ったので上ることにしました。駄目なら、ここまで引き返す覚悟です。三瓶・北の原ASの制限時間は17:00なので、まだまだ余裕があります。
ここからは、自分との闘いということでがんばることにしました。 

13:39 再スタート
沿道に並んで地元の方々が応援してくださいます。その中を左足をブラブラさせて右足だけで走り抜けていく間抜けな俺orz

トンネルを抜け、いよいよ三瓶山への挑戦が始まります。新しくできたバイパスを登っていくのですが、流石に右足だけでは無理があります。動かぬ左足を少しだけアシストとして使いながら、少しずつ標高を稼ぎます。しかし、あまりの痛みと、右足だけで漕いだ方がスピードが出ることに気づき、志学までは、ほとんど片足で走りました。その間、何人の参加者に抜かれたでしょう。単純計算で出力50%なのですから、無理ないですけどね。でも、悔しいものです。

そうこう、しているうちに志学に到着。ここの坂は半端じゃないので、初めから諦めて自転車を降りて歩いて上ることにしました。本当は自転車乗りにとって坂道を押して、歩くなんていうのは、とても恥ずかしいことなんですけどね。今回ばかりは仕方ありません。GPSの速度計を見ると時速4km!流石に遅いです。(ここでも何人かに抜かれましたが、心配して声をかけてくださいました。ありがとうございました。)

14:42志学上到着(予想通過時間14:44 標高487m)
やっとの思いで志学の坂を上りきりましたが、ここから先の最終AID三瓶・北の原ASまではアップダウンが続きます。片足でヒーヒー言いながら上って、下りでは次の上りが少しでも楽なように片足で全力で加速します。そんなことを何度か繰り返し、最高標高590m地点を通過し、ようやく三瓶・北の原AIDに到着。

15:17三瓶・北の原AID到着(150km地点、予想到着時間 15:17)
ここで奇しくも予想到着時間ぴったりに到着しました。右足ひとつで、よくここまで登ってこれたもんだ、自分で自分を褒めてあげたいと本気で思いました。本当にキツイのは右足じゃなくて、左膝の方で、しばらくの間、AIDで休憩しながらマッサージしたり指圧したりして、回復を試みましたが、全く効果なし。一度伸ばすと曲がらない。無理に曲げようとすると激痛が走る。ここまで悪化しているとは思いませんでした。ここで思いをとげリタイヤもありかな?なんて思っていましたが、AIDの方に「ここからじゃリタイヤもできないし・・・」と先に釘をさされ、止む無く先にすすむことにしました。

15:23再スタートここからゴールまで、初めの10kmは完全に下り。残りも平坦か緩やかな下りなので、右足だけでもなんとか行けそうです。右コーナーでは右足をペダルの上死点に持って行きたいのですが、膝が曲がらないので、下死点のまま曲がらなくてはなりません。orz 一歩、間違えば転倒間違いないので注意が必要です。それでも天気も晴れてきたので気持ちよく下ることができました。

大田市街地に入ると、やや上りや平坦地になりますが、この辺りになると右足も乳酸が溜まり限界となり悲鳴を上げだしました。でも最後まで走りきりたい!その思いだけで残りの10kmを走り、無事ゴール!

16:13大田自転車競技場(170kmゴール)
大変、大変、大変疲れましたが、無事ゴールできました。右足だけで、よくがんばったー俺(笑)20分ほどして仙人さん、さらに20分ほどして、えこにんさんゴール。ふたりとも昨年は、もう少しのところで三瓶越えの脚きりに引っかかっていたので、今年の喜びは最高のものでしょう。つづいて「にゃおさん」等、広島組も無事ゴール。ゴール後は、みなさん良い顔してましたよ。また来年も走りましょう!

GPS DATE
TRIP DATE 164km
MOV’N AVG 21.4km/h
MOV’N TIME 7:39
MAX SPEED 58.5km/h
[PR]
by ban-g | 2007-05-20 16:05 | Surly Pacer | Comments(30)

到着

夕方に島根県浜田市までたどり着き、道の駅で車中泊してます。明日の天気が心配ですが精一杯頑張ります!
[PR]
by ban-g | 2007-05-18 22:26 | Comments(5)

石見ライド完走できるかも訂正!

GPSデータで見落としがあり、瑞穂IC前での休憩29分間のロスタイムの追加とパンク修理5分から15分に訂正し、計算し直しました。

これで約45分の短縮になります。(ウシシシ)

アクアススタート 07:30
久佐AS 08:33-08:48('5)
トンネル      09:19
瑞穂IC       09:57
峠         10:17
道の駅瑞穂AS 10:35-11:40 ('5)
峠          11:13
戸河内峠     11:55
大和AS    12:48-12:58('10)
信喜橋       13:20
粕淵AS 13:45-13:50('5) (制限時間15:30)
三瓶分岐     14:14
志学頂上      14:44
北の原AS 15:17 (制限時間17:00)

うーん、この通りいくと完走間違いなし、なんだけどなー(笑)
これで完走できなかったら大恥だな!
[PR]
by ban-g | 2007-05-16 15:48 | ちゃりんこ | Comments(3)

石見ライド02への道(その弐)捕らぬ狸のなんとやら・・・

今頃になってやっと下見ライドのGPSデータを整理してみた。

場所        至時間-発時間 (ロスタイム)
アクアススタート 06:33
パンク修理    07:10-07:15 ('5)07:00-07:15('15)訂正
久佐AS 07:48-08:03('15)
トンネル      08:44-08:53 ('9)
瑞穂IC前     09:29-09:58('29) 追加
峠 10:18-10:25 ('7)
道の駅瑞穂AS 10:43-11:10 ('22)
峠          10:43-11:53 ('10)
戸河内峠 12:34-12:39 ('5)
大和AS    13:32-14:01 ('29)
信喜橋 14:24-14:29 ('5)
粕淵AS 14:55-15:07 ('12)
三瓶分岐     15:31-15:35 ('4)
志学頂上     16;06-16:15 ('9)
北の原AS 16:48

大会当日のスタート時間7:30とし、休憩時間はASのみ5分(大和ASのみ10分)として再計算すると・・・

アクアススタート 07:30
久佐AS 08:43-08:48('5)
トンネル      9:29
峠         10:54
道の駅瑞穂AS 11:12-11:17 ('5)
峠          11:50
戸河内峠     12:31
大和AS    13:24-13:34('10)
信喜橋 13:57
粕淵AS 14:23-14:28 ('5) (制限時間15:30)
三瓶分岐     14:52
志学頂上      15:25
北の原AS 15:58 (制限時間17:00)

トラブルさえなければ、なんとか完走できそうなタイム!
でも油断大敵!全力を尽くすのみ!
[PR]
by ban-g | 2007-05-15 14:16 | ちゃりんこ | Comments(0)

石見ライド02への道(その壱)

あと1週間を切りました。今年は国東のように深夜2時まで仕事しなくていいように、金曜日も休みを取ることにしました。これで睡眠時間も、ばっちり取れることでしょう!

体調の方は、連日の光化学スモッグで喉をやられている以外は順調に仕上がっています。体力的には去年より脚の筋力がかなり減退しています。今年は冬の間、MTBにも乗らず(乗れず)さぼりまくった結果なので仕方ありません。その代わりといっては何ですが、体重の方は昨年より1.5kg重いだけに留まっています。でも筋力の低下と合わせるとWパンチやな・・・orz

BIKEはSurly Pacerで挑戦します。昨年と比べると、これまた大幅なスペックダウンとなりますが、こんなドンキホーテのような参加者が一人くらいいてもいいじゃないですか!とりあえず、整備だけは怠り無く。万全を尽くして、メカトラで泣くような惨めな終わり方だけは避けたいです。

あとは心配なのは天候ですね。去年みたいに土砂降りじゃないことを祈ります。それでは参加者の皆さん、ゴールを目指し170km無事に走りきりましょう!

えこせん倶楽部も今年は三瓶を越えるだすよ!
[PR]
by ban-g | 2007-05-15 02:53 | ちゃりんこ | Comments(6)

ちょっと遅いGW

我が家は夫婦ともカレンダーとは全然無縁の仕事をしているので、盆も正月もGWも、それでころか曜日さえ関係なく仕事なのですが、今日は、ふたりとも休みが取れたので、ちょっと遅いGWってことで大分県日田方面にドライブ。
c0070609_0462596.jpg

この1ヶ月で3度目の大分県。前の2回はGW中で大渋滞でしたが、流石に今日は車もスイスイ流れてました。日田ICを降りてレストラン「山海」でランチ。ピク@嫁はワインまで飲んで、この後の運転を放棄(笑)
c0070609_0481062.jpg

まだまだ時間があるので、天瀬温泉辺りに移動してブラブラ。慈恩の滝で一休み。ここは昔、松嶋菜々子さんが出てた壮健美茶のCMのロケが行われたところです。(←これは勘違い!CMで使われたのは「鍋ヶ滝」でした。訂正します。)何年か前のMTBのクロスランド・ラリーのゴールでもありました。滝の裏側を通り抜けることができ時計回りに廻ると御利益があるそうで、ふたりで廻ってきました。
c0070609_05042.jpg

つづいて、ピク@嫁ノリクエストで「フラワーパークあまがせ」に行くことに・・・看板を頼りに山道を走り回り、やっと辿り着いたのですが、入場料¥800500!。(訂正しました)ここはコスモスが有名なんですが、今の季節どうなのかな?って・・・おまけに入場者以外、外部からの写真撮影禁止!とかの看板立ってるし・・・萎えました orz。入場ゲートの寸前でUターンしましたよ(爆)

追記
フラワーパークの営業のKumaさんって方から後日書き込みがありました。
「PS:写真撮影の件は、あの入口付近で渋滞が起こって車が動けなくなってしまう事があるので、「ビシッ!」と表示させていただいております(笑)」だそうです。


代わりに近所に「ローズヒルあまがせ」という似たような名前の施設があったので、そちらに移動。こちらは入場料¥300!(安い!)施設も、出来立てに近い感じがして好感が持てます。しかーーーし!広い公園の広場には、人っ子ひとりおらんがな!大丈夫かな?と不安になりながら「ローズガーデン」という施設に入ってみました。当たり前だけど中には人がいましたよ。(笑)
見たことも無い不思議な形や色をしたバラが満開で、良い香りに包まれ癒されましたよ。

心を癒された後は「琴平温泉」に移動して、今度は身体を癒します。やっぱ温泉最高やねー!これで身も心も癒されました。
[PR]
by ban-g | 2007-05-11 00:51 | e-Nittki | Comments(19)

プルコギ撮影現場だってさ

今日もPacerでブラブラと走ってきた。気温も上がり半袖短パンでも暑いくらい。
c0070609_1912326.jpg
近所の麦畑。黄金色っていうんですか?とてもキレイないろでした。もうすぐ刈入れかな?
c0070609_1924099.jpg
桜の木にはサクランボが実ってました。子供の頃はよく木に登って、食べてたっけ。
c0070609_1961385.jpg

畑ダムの奥のほうにある炭焼き小屋が現在公開中の映画「プルコギ」の撮影に使われたそうで、手作りの看板まで出てましたよ。
c0070609_198432.jpg
峠を越えて河内貯水池。ここは明治時代に新日鉄の前身「八幡製鉄所」により造られてダムで、機能だけでなく、あちこちにお洒落な造型がみられます。これは鉄骨で作られた通称メガネ橋。
[PR]
by ban-g | 2007-05-09 19:15 | e-Nittki | Comments(4)

アサリのパスタ

c0070609_19331522.jpg
アサリの美味しい季節ですね。TVでやってるのを観て、真似してみました。
材料はアサリ、にんにく2」片、唐辛子2本、ほうれん草2束、しめじ茸、オリーブオイル、白ワイン、天然塩、バター、黒胡椒。
にんにくを微塵切りにし、弱火でオリーブオイルで炒め、唐辛子を指でちぎって炒めます。にんにくが焦げる前に、アサリをぶち込み白ワインを注ぎ蓋をして煮込みます。アサリの口が開いたら火を止め、ザルでアサリ濾してスープと分けます。

これと同時進行で、パスタ麺を塩ゆでし、茹で上がる1分前に、シメジとほうれん草を一緒に入れて茹でます。

茹で上がったパスタをオリーブオイルをひいて熱したフライパンに入れ、先ほどのアサリのスープを入れます。このとき下のほうに砂や貝の欠片が沈殿しているので、フライパンに入らないように注意しながら入れます。

次にバター、塩、黒胡椒で味を調え、軽く炒めて出来上がり。パスタを皿に盛ったあと、アサリを上に載せてできあがり。

リゾットと似たような作り方ですが、より簡単でした。味も美味しかったですよ。
[PR]
by ban-g | 2007-05-08 19:34 | ban御飯 | Comments(8)

いい天気@Pacerで散歩

c0070609_1915948.jpg
久しぶりにいい天気に恵まれ、仕事も入ってなかったのでPacerで宛もなく散歩してきた。事務所を出て遠賀川-畑ダム-田代-合馬-鱒淵ダムの往復。いつものトレーニングコースをちょっと短くしたコースだ。Pacerにはメーター付けてないので何キロかはわからないけど70~80kmくらいかな。昼ごはんを食べて準備してスタート。いつもは650cロードで走ってるトレーニングコースだけど、Pacerで走ると新鮮に思える。この季節は山の緑がキレイだ。

走ってみて分かったのだが、Pacerは意外と走れる奴ってこと、連続するアップダウンでは重めのホイールの慣性を利用して650cロードよりも楽に走れた。タイトなコーナリングもタイヤを交換してからというもの別の自転車になったみたく、キビキビと廻れるようになった。キレイな小川の流れに心を洗われながら、のーんびりと走るのもいいもんだね。
[PR]
by ban-g | 2007-05-07 19:16 | Surly Pacer | Comments(4)


まだ生きてます!(*・∀・*)ノ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリ
最新のコメント
> 別府広樹さん 返信..
by ban-g at 04:27
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
すみません。教えて下さい..
by 別府広樹 at 13:57
> GT500さん ど..
by ban-g at 16:48
詳しく解説ありがとうござ..
by GT500 at 22:35
> GT500さん 返信..
by ban-g at 06:08
こんにちは 同じくFT..
by GT500 at 07:27
住まいは福岡県なので20..
by ban-g at 17:44
瀬戸内海なんて、かなり下..
by Katana at 05:10
> lemond乗りさん..
by ban-g at 05:02
11速のフリーは1.85..
by lemond乗り at 18:23
> lemond乗りさん..
by ban-g at 18:53
ST5600でもスプロケ..
by lemond乗り at 17:19
お役に立てたようで何より..
by ban-g at 01:23
ありがとうございます ..
by 名無し at 15:53
きょうこさん どうもあ..
by ban-g at 15:04
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 18:42
たかぽんのMTBでも試し..
by ban-g at 17:00
ATFを使うとはビックリ!
by charibaka at 08:30
たかぽん そうだよね~..
by ban-g at 04:51
以前の記事
2018年 10月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング